ジュニア

休む勇気!

投稿日:2019年2月15日 更新日:

病気、けが。

練習を休まないと・・・、休ませないと・・・

どうしようかな・・・

こんな経験が誰しもあると思いますが、


迷わず休みましょう。休ませましょう。



無理しても良いことはありません。長い目で見てサッカーを楽しんでもらいたいものです。

とは言っても、ジュニア年代から激しい競争の中に身を置いている選手も多いでしょう。


簡単に休む選択が出来ないのも事実。


是非ともチームとして、指導者の方には休める環境を整えてもらい、休む勇気を持たせてあげてほしいです!


休むことのメリット

・疲労回復によるパフォーマンアップ

・身体的成長

・メンタルコントロール


休むことで身体的にも精神的にもリラックスした状態で復帰することが期待でます。休みが数か月単位と長くなった場合、復帰時に身長も体重もアップしてくる選手も良く見ます。そして、オンとオフの切替がうまく出来るようになる子が多いようです。


短期的に見ればジュニアの選手はやればやるほど上達も早く、結果も出るかもしれませんが、是非とも長い目でサッカーを楽しんで上達してもらいたいものです!


ちなみにうちの子、低学年時は週5,6回のサッカー漬けでしたが、高学年となった今では週4回以下で思い切りサッカーを楽しんで頑張っています。


頑張ろう!Futuro Futbolista!



↓ブログランキングに参加しています。ワンクリック頂けたら嬉しいです↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカーランキング

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新チームのコーチは?

この時期、ジュニアのチームは今年度最後の大会を戦っているチーム、もしくは既に新しい学年へ向けて新チームとして始動しているチームがいるのではないでしょうか。 6年生はジュニアとしてはラストスパート、そし …

チーム選びの参考に!ジュニアチームのコーチに思うこと。

目次1 試合中に怒鳴るコーチ2 ほめてくれるコーチ3 自分たちで考えさせる。自主性を伸ばす。4 選手はロボットじゃない4.1 関連 試合中に怒鳴るコーチ 以前、子供の試合でものすごくベンチで熱くなって …

怪我はしっかり直してから!

サッカーをしていれば怪我はつきもの。 お子さんが怪我をしたことがある方も多いのでないでしょうか。   クラブチームのチームドクター曰く、多くの人が完全に治りきらないうちに復帰をしてしまうケー …

ジュニア世代に筋トレは必要か

強いシュートが打てない。 球際の競り合いで勝てない。 相手とのコンタクトプレーですぐ倒されてしまう。   そんな時、下半身や上半身の筋トレで筋肉をつけて負けない身体を作ろうと思うかもしれませ …

基本は早めにマスターしよう。苦手は早めに克服しよう。

以前にも書きましたが、サッカーで一番重要なことは止める、蹴るです。 要は基本ですね。 うまい子、そして強豪チームの子達はこの基本である止める、蹴るの技術が非常に高いです。 そしていて強烈な個性もある。 …