戦術

ロングスローは面白い?つまらない?

投稿日:2019年1月29日 更新日:

青森山田高校の優勝で幕を閉じた高校サッカー。

今大会も重要な場面でのロングスローからの得点が多くありました。

準々決勝の4試合総得点が6点。そのうち、ロングスローを起点とした得点は4点です。なかでも青森山田が2-1で矢板中央に競り勝った試合はすべてロングスローが絡んでいます。

ということで、今やロングスローは立派な戦術であり、得点の起点となる重要なセットプレーと言えます!



が、しか~し!


否定的な意見も多いのが事実です。

手を使ってゴール前に放り込む。サッカーの醍醐味とは大きく異なりつまらないという意見。

プロの、そして最高峰のリーグ戦と言われるほどレベルの高い試合では確かに多くは見ないですよね。


でも、高校サッカーを取り上げれば投げられる選手がいれば有利ですし、得点につながる確率も低くないですから多用したくはなります。


素人目に見たら面白いですもん。

オフサイドもありませんし、ゴール前に一気に放り込んでダイナミックな競り合いが繰り広げられます。


と言うことで私は否定はしません。

試合の半分がロングスローの投げ合いとかだったら嫌ですけどね(笑)



頑張ろう!Futuro futbolista!!


↓ブログランキングに参加しています。ワンクリック頂けたら嬉しいです↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカーランキング

12/18 336×280




12/18 336×280




-戦術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

8人制サッカーのフォーメーション

目次1 8人制サッカーとは?2 3-3-12.1 特徴3 3-2-23.1 特徴4 2-4-14.1 特徴5 2-3-25.1 特徴6 まとめ6.1 関連 8人制サッカーとは? 現在、U-12における …

戦術はいつから覚えるのがベスト?

低学年の試合で、このチームは戦術がないなぁ…なんてぼやいている人を見たことがあります。 戦術? この年代で? そりゃないでしょ。 まだまともにボールを蹴る、止めるが出来ていない年代にそこまで求めても… …

ボールの奪い方

ディフェンスの基本は相手に点を取らせないことです。 そして、点を取るためには相手からボールを奪う必要があります。 ボールを奪うには個人で奪う方法と、組織で奪う方法の二通りがありますね。   …

ジュニアサッカーにおけるセンターバックの役割

センターバックと言えば、守備の要。 チームの失点を防ぐ守備のスペシャリスト。 このように思っている人は数多くいると思います。 しかしながら、最近は少し違ってきているようです。   守備だけで …

カウンターサッカーとは?

ポゼッションサッカーと同じく有名な戦術である「カウンターサッカー」 どの様な戦術でどのようなチームが好む戦術なのでしょうか。 実はなかなか奥の深い戦術です。 ポゼッションの記事はこちら「ポゼッションと …