ジュニア

移籍、進学、ほんとにそのチームで大丈夫?

投稿日:2018年11月3日 更新日:

J下部合格を最終目標にしてはならない

 

この時期、聞こえてるくる話題のひとつにセレクション情報があります。

ジュニアユース、ジュニア強豪クラブ。

様々です。

 

そこで、声を大にして言いたいことがあります。

それは、

セレクション合格はあくまで通過点!
合格を最終目標にしてはいけません!!

 

最終目標がプロサッカー選手であれば尚更のこと。

強豪クラブチームに入団したほとんどの選手が最終目標は「プロサッカー選手」と言います。

それが、J下部組織の選手ならほぼ100%でしょう。

 

しかしながら、セレクションに合格して入団したチームで目標を見失っている選手を時たま見ます。

あんなにセレクション前まで頑張っていたのに…

今では試合にも出れず…

出た試合で負けても平然と…

えっ、前は涙が出るほど悔しがっていたのに…

 

残念でなりません。



そうならない為にはどうすれば良いか。

目標を明確にすること!

 

10年~20年先のサッカー人生における目標を3年から5年おきぐらいに明確にすることが良いと思います。

どのチームでサッカーをやるかも重要ですね。

そして一番は試合に出続けること!

 

そう考えれば、ジュニアやジュニアユースのセレクションで燃え尽きる必要はありません。

むしろ、セレクションを受けること自体を考え直すことも必要かもしれません。

 

こつこつ積み上げていくのが大事。

 

頑張ってセレクション合格して入団したけど、試合に出れない元少年団エースのA君。

一方は試合に出れる環境のチームでこつこつ経験を積んだB君。

 

3年後、5年後にB君がA君を追い越しているなんて事はよくある話です。

 

頑張ろう!Futuro futbolista!!

 

 

目標を見失わない為に!参考になります。


↓ブログランキングに参加しています。ワンクリック頂けたら嬉しいです↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカーランキング

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

こどもの判断する機会を奪ってはいけない!

最近思うこと。 こどもには出来る限り判断する機会を多く与えよう。   というのも、二人いる息子に判断力の違いがあることが最近良く分かってきました。   目次1 長男と次男の違い2 …

ジュニアサッカーにおけるサイドコーチングについて

サイドコーチングとは、ピッチサイドから送られる指示や声援です。 チームとしてサイドコーチングはご遠慮くださいなんて事も良く聞く話です。 あまりいい意味で使われない言葉ですね。   目次1 白 …

休む勇気!

病気、けが。 練習を休まないと・・・、休ませないと・・・ どうしようかな・・・ こんな経験が誰しもあると思いますが、 迷わず休みましょう。休ませましょう。 無理しても良いことはありません。長い目で見て …

少年サッカーの審判について

審判お願いできますか? 子供がサッカーをやっていれば一度は言われたことある人が多いのではないでしょうか。   目次1 審判資格について2 ミスはつきもの。文句は言わない!3 自分の笛に酔って …

指導者の資質について

今やスポーツ界を飛び越え社会的問題となっている日大アメフト部。 指導者とはいったいどうあるべきなのか…   スポーツ界全体の問題、課題 一連の報道を聞けば聞くほど大学の世界でも監督、コーチに …