ジュニア ジュニアユース選び

ジュニアユース選び 『中学サッカー進路ナビ』が発売

投稿日:2018年9月29日 更新日:

これは斬新!

その名も「中学サッカー進路ナビ

 

10月1日発売

先日WEBで知りました。

私もブログで何度か記事にしました。

中学生になってからどこでサッカーをやるのか?

長いサッカー人生における最初の起点と言っても過言ではないでしょう。

そんなジュニア世代のお子さんをお持ちの親御さんには興味が湧く本です。



中身は?

親子で取り組む中学サッカーの進路案内ということで、東京・神奈川・千葉・埼玉のクラブチームデータを掲載しているようです。

1都3県ということで残念な方もいらっしゃるでしょうが・・・

データの中身はというと、指導方針、セレクション内容、年間の費用、高校年代の進路実績等が書かれているそう。

 

私も1冊購入してみようと思います。

 

参考までにこちらの過去記事も、、、

ジュニアユースチームの選び方について(まとめ)

↓ブログランキングに参加しています。ワンクリック頂けたら嬉しいです↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカーランキング

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, ジュニアユース選び

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

強いボールを蹴るために

小学生で強いボールを蹴れる子はやっぱり目立ちますし、チームの中心選手も多いような気がします。 小学生のうちは蹴れなくても、中学生、高校生になって身体も大きくなれば自然と蹴れるようになるから… なんて言 …

育成サッカーでは「たられば」が重要

目次1 たられば2 練習での場面3 試合での場面4 サッカーノート4.1 関連 たられば 「もし、~していたら」 「もし、~していれば」 あまり良い意味では使われないことが多いですよね。   …

サッカースクールの選び方について

目次1 一番大事なこと2 何を教わりたいのか、スクールに通う目的は?3 サッカースクール以外にも注目3.1 関連 一番大事なこと まず私が絶対に譲れない事として、ボールを触っている時間が長いことが挙げ …

ゴールを奪うために必要な動き

最近の少年サッカーを観て思ったこと。 フォワードに身体の大きい子を置いて、その子目掛けてひたすら当てて、落としてを繰り返すチームが結構あること。 少年サッカーでは大人と子供ほどの体格差があることもしば …

チャレンジできる環境づくり

練習では上手くいったのになぁ… よく聞きますね。 でも、この場合はやり続ければいつかは試合でも出来るようになると思います。   逆に、練習でまったく上手くいかなかったり、やったことがないプレ …