その他

育成補償金(トレーニング費用)制度の変更

投稿日:2018年9月19日 更新日:

先日、日本サッカー協会の理事会にて育成補償金(トレーニング費用)制度の変更が決議されました。

この変更は育成年代のサッカー指導者、クラブには朗報です。

 



育成補償金(トレーニング費用)とは

この制度はプロ契約をする選手の出身チームに育成費を払う制度で、FIFAが定めた国際的なルールとなります。

国ごと、リーグごとに支払額は違います。

 

育成年代の指導者にも夢が広がる良い制度ですが日本では問題点もありました。

その点が少しは改善されたと思います。

 

改善された点

改善された点は以下。

 

小学校、中学校にも支払われる

今までは小学校(ジュニア)、中学校(ジュニアユース)のチームには高卒選手でも大卒選手でも支払いの対象外でしたが、今回の変更では支払われるケースが出ました。

 

支払いが必須

今までは支払いの対象チームでも支払われなかったケースがあります。

これは例えば高校側が受け取りを遠慮したケースもあるようです。公立高校という特性もあったとか。

また、減額されたケースもあるようです。

しかし、今回の変更では支払いが必須となりました。

学校側も堂々と受け取ってほしいですね。

 

クラブカテゴリーによって費用に傾斜

J1、J2といったようにカテゴリーによって費用に傾斜が付けられました。

J1が最も高く、J2、J3、JFLとなります。

 



支払われる費用

変更前

・大卒選手の場合

大学に120万

高校に45万。

・高卒選手の場合

高校に90万

 

変更後

大卒選手

・J1の場合

大学に120万

高校に45万

中学に30万

小学校に10万

 

・J2の場合

大学に80万

高校に30万

中学に15万

小学校に5万

 

・J3、JFLの場合

大学に20万

高校に15万

小、中学には0円

 

高卒選手

・J1の場合

高校に90万

中学に30万

小学校に10万

 

・J2の場合

高校に60万

中学に15万

小学校に5万

 

・J3、JFLの場合

高校に15万

小、中学には0円

 

 

更に育成サッカーが盛り上がり環境が良くなることを願います。

 

ちなみにその他にも育成クラブが手に入れる費用制度はあります。

興味のある方は以下の過去記事をご覧ください。

育成クラブが手に入れる移籍金、連帯貢献金、育成補償金

 

↓ブログランキングに参加しています。ワンクリック頂けたら嬉しいです↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカーランキング

12/18 336×280




12/18 336×280




-その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

遠征先での楽しみ方 「車中泊で応援に行ってきました!」編

目次1 富士緑の休暇村グランド2 車中泊にはもってこい!3 試合観戦後の一杯、からの温泉4 ちなみに注意点4.1 関連 富士緑の休暇村グランド 場所は山梨県鳴沢村。道の駅なるさわの目の前です。 2日間 …

食育レシピ 疲労回復に練習後の炭酸ジュースはOK

食育 最近よく聞くワードですね。 専門家を呼んでチームで取り組んでいるところも増えて来ました。そこで私も栄養士に習った練習後すぐに採れる疲労回復に効くレシピを簡単に紹介します。   目次1 …

ハンドの反則について

VARが導入され、ハンドの反則について検証されるシーンを良く見ますが、手に当たればすべてハンドの反則となるのでしょうか。 今回は以外にも知られていないハンドの基準について考察したいと思います。 目次1 …

痛みの原因は筋肉の硬さ?

先日、整骨院での息子がからだの硬さを指摘されました。 それと同時に筋肉もだいぶ硬いそうです。 そこで今回は筋肉の硬さが原因で起こる痛みについて紹介したいと思います。   目次1 アキレス腱痛 …

子供の身長について

運動をしている子どもの成長について悩んだことがある人も多いのではないでしょうか。 実際にジュニアやジュニアユースのセレクション申し込み時に両親の身長を記入させるチームも多々あります。 強豪と言われるジ …