その他

足首を柔らかくしよう!

投稿日:2018年6月12日 更新日:

以前より身体の硬さや姿勢の悪さを息子に指摘してきましたが、また新たな発見をしました!

ジュニアユースのチームスタッフより足首の硬さを指摘されたようです。

 

足首の柔軟性を調べる方法

1.両足を肩幅程度に開く
2.つま先はあまり広げない
3.つま先、かかとをしっかり地面に着ける
4.両手をひざにつけたままゆっくりしゃがむ
5.おしりが地面に着く寸前までしゃがめればOK

背筋をしっかり伸ばせて、手を後ろに回しても尻もちをつかなければ、なお良しです。

 

硬い人は尻もちをついてひっくり返ります。

うちの息子ももちろん尻もち・・・



身体が硬い人は足首も硬い

身体が硬い人は大体足首も硬い人が多いそう。

 

なぜなら、身体の関節は様々な関節と連動して動いており、とりわけ足首は地面と接している一番近い関節でもあり、身体全体を支えバランスを取るのに重要な役割をしているからです。

ですので、足首が硬いと身体の他の部分がその分を補おうと負担がかかり、バランスも崩れて歪みや不自然な動きへとつながります。

 

以前うちの息子も姿勢が悪いと紹介させてもらいましたが、なかなか改善しないのは足首の硬さからきているのかもしれません。

 

過去記事はこちら「猫背矯正ベルトを購入することに!」

 



足首の柔らかいメリット

■血流が良くなる

ふくらはぎは第2の心臓と言われます。心臓から流れてきた血液を心臓に戻す役割をポンプの様にふくらはぎの筋肉収縮で行っています。

そして、この筋肉を動かすには足首の動きが必須なのです。足首が柔らかくスムーズに動けばそれだけふくらはぎの筋肉も上手く動きます。

だから、長時間イスに座っていたり、寝ていたりして足がむくむのはふくらはぎの筋肉を使っていない為です。

 

■姿勢が良くなる

前段で足首が硬いと身体全体のバランスが崩れると書いたように、余計な部分に力が入り、姿勢が悪くなってしまいます。

逆に足首が柔らかければ自然で滑らかな動きが可能となり、姿勢も良くなるということですね。

トラップやドリブル時に何かぎこちない、スムーズに体重移動が出来なかったりしている場合は足首の硬さが影響しているかもしれません。

 

■怪我をしにくくなる

足首が柔らかいということは、可動域が広がるということです。可動域が広がれば不意の動きにも耐えれる範囲が広がり、転倒も少なくなります。

また、足首に限らず身体全体のバランスもよくなり、柔軟性も増しますから怪我に強い身体が出来るということですね。



足首を柔らかくする方法

一人でできる幾つかストレッチ方法を紹介します。

①体育座りでつま先、かかとを地面につけたままひざを伸ばしていく(足首の前を伸ばす)

②両足を前後に広げ両手を壁につけて、後ろ足のつま先、かかとを地面につけたまま下げていく(足首の後ろを伸ばす)

他にもストレッチ方法は多々ありますが、要は足首を伸ばしたり、曲げたりして20秒から30秒ほどキープすれば良いでしょう。

ポイントはかかとを浮かせないことと、すねやふくらはぎの筋肉が伸びていることを感じながら行うことですね。

 

続けることで必ず効果が出るようなので頑張ってみましょう。

 

頑張ろう!Futuro futbolista!!

↓ブログランキングに参加しています。ワンクリック頂けたら嬉しいです↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカーランキング

12/18 336×280




12/18 336×280




-その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本代表予選突破!ワールドカップ賞金について

日本代表予選突破!ベスト16。 予選最終ポーランド戦の戦い方はさて置き、下馬評を覆す予選突破です(笑)   そこで今回はワールドカップで日本が手にする賞金について調べてみました。 育成年代の …

私の好きな遠藤航選手は中体連出身

目次1 高校2年でJデビュー2 ジュニア時代はトレセン歴もなし、Jクラブも不合格3 活躍している中体連出身選手3.1 関連 高校2年でJデビュー 私の好きな選手に遠藤航選手(浦和レッズ)がいます。 初 …

今の日本代表に思うこと。メンバー選出しかり、ハリルホジッチしかり。

メンバー選出について 明日、ブラジルとの親善試合が行われますが、メンバー選出が納得できません。 香川選手のコメントにもありましたが、なんで今香川選手が外されるのでしょうか。ロシアワールドカップまであと …

怪我の応急処置 これだけは知っておこう!(RICEについて)

目次1 これだけは知っておこう!2 RICEとは?2.0.1 安静2.0.2 冷却2.0.3 圧迫2.0.4 拳上3 早い処置と無理をさせないことが大事3.1 関連 これだけは知っておこう! サッカー …

日本人ゴールキーパーの育成について

ワールドカップも佳境を迎え、改めて日本人GKの育成が急務だと思う今日この頃。 本大会も川島選手のプレーがいろいろと言われましたが、致し方ありません。 フィールドプレーヤー以上に選手層が薄いのがGK。 …