ジュニア

指導者の資質について

投稿日:

今やスポーツ界を飛び越え社会的問題となっている日大アメフト部。

指導者とはいったいどうあるべきなのか…

 


スポーツ界全体の問題、課題

一連の報道を聞けば聞くほど大学の世界でも監督、コーチに逆らえないという実態が存在するのかと驚かされます。

少年スポーツの世界ならともかく、モノの善し悪しも判断できる大学生が今回の様な指示を実行してしまうのかと…

これは極めて深刻な問題ですね。

大学スポーツ、アマチュアスポーツの枠を超えて日本のスポーツ界に大きな衝撃と課題を投げかけた問題だと思います。

 

今回の日大アメフト部については前監督の絶対的権力がいつの間にかにチームを私物化してしまっていたのではないでしょうか。

低迷していたチームをとにかくなりふり構わず強くするために頑張ってきたと思いますが、いつの間にか選手のパーソナル的部分は二の次になってしまい、選手との信頼関係も作られずリスペクトも出来ない状況だったのでしょう。

 

当該選手の「もうフットボールはしたくない」という言葉は本当にショッキングでした。

好きなフットボールを嫌いにさせてしまった指導者の罪は非常に重いと思います。

 

改めてチームと指導者のあり方を考え直したり、改善を図ろうと動いているチームもあるのではないでしょうか。

 


プレイヤーズファースト

とりわけ育成年代では大人が作る環境が子供たちに与える影響は絶大です。

選手のことを第一に考え、サッカーが楽しくもっと好きになるような指導を心掛けることが大事です。

どの世代を指導するにもこの原点を忘れてはいけませんね。

 

ベンチで怒鳴り散らしているコーチ、いませんか?

選手は将棋の駒ではありません。

選手自身で考えてプレーできる環境を与えてあげて下さい。

もちろんその為には普段の練習から選手の引き出しにたくさんの材料を詰め込んであげて下さい。

空の引き出しからは何も出てきませんから。

 

また、親御さんも関わり方も大事です。くっつき過ぎず、離れ過ぎずです。

以前こんな記事を書きましたので参考までに。

「コーチの暴言について

 

 

頑張ろう!Futuro futbolista!!

 

 
↓ブログランキングに参加しています。ワンクリック頂けたら嬉しいです↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカーランキング

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サッカーに役立つトレーニング 縄跳びのすすめ

これからの季節、学校の授業やチームのトレーニング、アップで縄跳びを行う子もいるのではないでしょうか。 J下部でも川崎フロンターレがよくやっているのを見かけます。   目次1 どんな効果がある …

ジュニアユースセレクション日程(J下部編)

3月に入り、卒団式を終えて新チームが始動しているチームも多いことでしょう。 そして5年生にとってはいよいよ少年サッカー最終年です。 となれば次に考えなければいけないことは、中学生になってどこでサッカー …

サッカーにおける空間認知能力

空間認知能力とは、あるものの「距離」「大きさ」「スピード」をいち早く的確に認識する能力です。 スポーツ選手には欠かせない能力と言えます。   サッカーでは? 分かりやすくいうと、ヘディングで …

チャレンジできる環境づくり

練習では上手くいったのになぁ… よく聞きますね。 でも、この場合はやり続ければいつかは試合でも出来るようになると思います。   逆に、練習でまったく上手くいかなかったり、やったことがないプレ …

ディフェンスにおける判断力向上を目指す!シナプソロジートレーニングを取り入れる。

息子の課題 ディフェンスにおける判断力。   厳密にいうと、「認知⇒判断⇒行動」この一連のスピードが遅い。 あとコンマ何秒早くなれば、今まで奪えなかったボールが奪えるようになると感じます。 …