その他

レアル中井卓大選手の今 凱旋試合U-15キリンレモンカップ2018 

投稿日:2018年4月2日 更新日:

先日、中井卓大選手がレアルマドリードのU-15カテゴリーの一員として神奈川県で行われた大会に参加しました。

中井選手の凱旋試合ということもあり、メディアでもだいぶ取り上げられていたようです。

私も見に行きたかったのですが、仕事を休めず断念…

YouTubeにお世話になりました(笑)

大きくなりましたね!身長も170㎝だそうです!!



中井卓大選手経歴

出身:滋賀県大津市
生年月日:2003年10月24日
出身チーム:アズー滋賀

まずレアルに入団するきっかけですが、2012年のレアル・マドリード・ファンデーションキャンプに参加、最優秀選手としてチャレンジキャンプinスペインへの参加権を得ます。

そして、2013年のキャンプにてスカウトの目に留まり、入団テストを受け見事合格。当時9歳でU-11のカンテラーノにてデビューを果たします。

その後もいたって順調にカテゴリーをステップアップし、現在のカデーテBに至ります。

ちなみにこのU-15カデーテBも14歳の中井選手にとってはひとつ上のカテゴリーになります。

さすがです。

レアル公式HPにも紹介されていますよ。

 

カンテラとは?

カンテラとはスペインの育成組織のことを言います。

スペイン語では「石切り場」を意味します。

年齢による区分は以下の通りです。

プレ・ベンハミン7~8歳
ベンハミン9~10歳
アレビン11~12歳
インファンティル13~14歳
カデーテ15~16歳
フベニル17~19歳

チームによっては各カテゴリーに2チーム、3チームを持っているところもあり、上のカテゴリーに上がれるかどうかは厳しいセレクションを勝ち抜く必要があります。

トップチームへの道は厳しいのです。



凱旋試合 キリンレモンカップ

海外からレアル・マドリードを招待し国内はJ下部をはじめ計8チームを招待して湘南平塚、茅ヶ崎で開催されました。

レアル・マドリードは初戦のベルマーレ戦こそ時差ぼけの影響もあり2-2の引き分けに終わりましたが、その後予選、決勝と順調に勝ち上がり決勝では再度ベルマーレと戦って2-0。

見事、優勝を飾りました。

中井選手は随所に持ち前のテクニックを発揮していたようで、対戦相手との違いを見せていたようです。生で見れなかったのがほんとに残念・・・。

 

 

湘南ベルマーレトップチームのチョウ監督も試合を見ていたようでレアルの選手は日本選手と比べてボールを持つときの姿勢がとても良い選手が多く、プレーの選択肢を多く持っているとコメントしていましたね。

日本の選手とはだいぶ差があるようです。

 

とにかく、今後の中井選手の成長、活躍がほんとに楽しみです!

 

ちなみに今年からベルマーレジュニアユースに所属する天才サッカー少年と言われた石井久嗣くんも会場で観戦していたようです。

石井くんについては過去記事を参考まで。

 

負けるな!

頑張れ!Futuro futbolista!!

 

↓ブログランキングに参加しています。ワンクリック頂けたら嬉しいです↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカーランキング</a

12/18 336×280




12/18 336×280




-その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

育成クラブが手に入れる移籍金、連帯貢献金、育成補償金

Jリーガの移籍について、先日もビッグネームの移籍報道がありましたね。 マリノスの斎藤学選手がフロンターレに完全移籍だそうです。よく耳にする移籍金はゼロです。(マリノスとの契約は今月いっぱいで切れるため …

日本代表予選突破!ワールドカップ賞金について

日本代表予選突破!ベスト16。 予選最終ポーランド戦の戦い方はさて置き、下馬評を覆す予選突破です(笑)   そこで今回はワールドカップで日本が手にする賞金について調べてみました。 育成年代の …

DAZN(ダゾーン)をテレビで見る-Amazon fire TV stickで観るべし-

目次1 fire TVかfire TV stickか?2 設定は簡単でした3 ダゾーン以外のコンテンツについて3.1 関連 fire TVかfire TV stickか? 以前は携帯やタブレットで見て …

練習後の栄養補給が大事

うちの子大きくならないなぁ… なんて思ってる親御さんも少なくないのではないでしょうか。 私もそのうちの一人です(笑)   しかし、日々のちょっとした習慣づけが身体の形成に大きく影響すると聞き …

日本人ゴールキーパーの育成について

ワールドカップも佳境を迎え、改めて日本人GKの育成が急務だと思う今日この頃。 本大会も川島選手のプレーがいろいろと言われましたが、致し方ありません。 フィールドプレーヤー以上に選手層が薄いのがGK。 …