ジュニア トレーニング

自分のくせを知る

投稿日:

くせとは?

くせとは、人が無意識のうちに、あるいは特に強く意識することなく行う習慣的な行動、または無意識に出てしまう偏った好みや習慣である。

 

普段の生活でも、人それぞれくせの一つや二つはあるのではないでしょうか。

 

治した方が良いくせってありますよね。でもなかなか治らないのがくせです。

時間がたてばたつほど難しくなってきますよね。

だから、出来る限り治したいものは早めに対処する事が大切です。

 

これはサッカーでも同じ。

例えば、ある選手はボールを受けて前を向くときのターンは必ず左回り。

また、ある選手はシザーズで抜くときは必ず右から抜く。

このようなくせを早めに知ることが今後のサッカー人生で非常に役立ち、重要となってきます。

 

 


くせを治す方法

プレー中のくせはなかなか自分では分からないもの。

やっぱりコーチやいつも見ている親御さんが気づいてあげるのが一番。

またはチームメイトが気づくパターンもありますね。

 

前を向くターンの方向、相手を抜く方向、様々なケースがあると思います。

まずは自分のくせを理解させてあげましょう。

 

理解させたらそれとは逆の練習を意識してやってみます。

 

チームであれば、個別にばかり指導はできないと思いますので、うまくチームとしての全体練習に落とし込むことも大事です。

そして練習したことをすぐに実践できるメニュー作りも重要ですね。

そうすることによって認知、判断というトレーニングにもつながります。

プレーの選択肢が増えることによって、状況に応じたプレーが出来るようにもなります。

 


くせを治す理由

では、なぜ早めに自分のくせを理解して治す必要があるのでしょうか。

 

以下は2017年に日本代表がブラジル代表と親善試合を行った後の酒井宏樹選手のコメント。

前半から(ネイマールが)やりづらいようにはやった。1対1での彼のくせは少なからず見ている

この試合、酒井選手は同じリーグに所属するネイマール選手に思うようにプレーをさせない激しいバトルを繰り返しました。

 

このようにプロでは当たり前のように相手のくせを見抜いていきます。

相手に思うようにプレーさせないために事前のスカウティングは当たり前、今ではアマチュアの世界でも行われるほどです。

 

ですので、長い目で見た場合、早めに自分のくせを理解して治すことが重要なのです。

 

頑張ろう!Futuro futbolista!!

 

 

↓ブログランキングに参加しています。ワンクリック頂けたら嬉しいです↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカーランキング

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リフティング練習で子供のやる気と自主性を高めよう

もうすぐ冬休み。 地域によりますが小学生なら2週間ほど休みになるところが多いでしょうか。 自主練させようかなと思う親御さんも多いことでしょう。 が、出来れば自主的に取り組んでほしいなと思いますよね。 …

基本は早めにマスターしよう。苦手は早めに克服しよう。

以前にも書きましたが、サッカーで一番重要なことは止める、蹴るです。 要は基本ですね。 うまい子、そして強豪チームの子達はこの基本である止める、蹴るの技術が非常に高いです。 そしていて強烈な個性もある。 …

自主性 ~できる子とできない子~

厳しい指導で有名なクラブチームでこんな話を聞きました。 忘れ物をすれば練習はさせてもらえない。遅刻も同様。コーチの話を聞いていなかったりすれば即ピッチから追い出される。 そういったチームです。 &nb …

コーチの暴言について

少年サッカーの現場でコーチや監督が暴言を吐いている場面に出くわしましたことがあります。   思い通りにならないことで、ついつい熱くなって暴言を吐いてしまう。 思い通りにならなくていちばん悔し …

相手をだます動きの大切さ

多くのスポーツに共通しているのが相手をだますというテクニック。 サッカーではとりわけこのテクニックが重要視されます。   1対1の基本 相手の逆を突く。要するに相手をだまして動き出すというこ …