ジュニア トレーニング

サッカーにおける持久力のつけ方

投稿日:2018年3月18日 更新日:

試合途中で走れなくなってしまうなんて悩みを良く聞きます。

とにかく走って、走って体力つけなきゃ…。持久力つけなきゃ…。

私もそう思っていました。

 

しかしながら、走り込みで持久力を付けるという行為、サッカーにおいては得策ではないようです。



走り込みより普段の練習で!

サッカーの試合は小学生では最大で前後半40分、中学生では前後半70分。

常に足を動かしながら、ダッシュ、ストップ、ジャンプ等を繰り返しています。このように様々な動きを試合終了まで持続させる必要があるわけです。

 

そして、このような様々な動きを試合終了まで一定のパフォーマンスで維持、持続させるには、走り込みでは大きな効果がありません。

マラソンのように一定のスピードで長距離を走り続ける持久力とは違います。

サッカーにおける持久力アップはサッカーの動きの中でトレーニングをすることが一番です。そして一番効果があります。

実際に学校のマラソン大会でサッカーをやっている子が上位独占なんてことありますよね。


トレーニング方法

では普段の練習でどのように取り組めば良いのか。

簡単に言ってしまうと、常に全力で取り組むこと!

 

当たり前でしょ!何それ?

 

と言われるかもしれませんが、この全力を常に100%以上、時に110%、120%出し続けること。

これを意識して実践する事が一番の近道です。

 

練習ではいつもあと一歩行けないところを失敗しても良いから行ってみる。

1対1の練習であれば1本づつの交代を2本、3本続けてみたり勝ち残りや負け残りで数本連続で行うようにしてみる。

 

また、ゲーム形式の練習や練習試合でも最初から飛ばしましょう。試合時間を考えて抑えるようなことはしない。

もちろん、最後まで体力は持たないでしょうが、繰り返すことによって必ず最後まで走れるようになります。

 

このようにボールを使って、普段の練習の中で意識して取り組むことで持久力、走力は付いてきます。

決して走るだけのトレーニングにこだわらないようにしましょう。そして、このような練習環境を与える事も重要だと思います。

 

頑張ろう!Futuro futbolista!!

 

 

↓ブログランキングに参加しています。ワンクリック頂けたら嬉しいです↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカーランキング

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジュニアユースセレクション日程(J下部編)

3月に入り、卒団式を終えて新チームが始動しているチームも多いことでしょう。 そして5年生にとってはいよいよ少年サッカー最終年です。 となれば次に考えなければいけないことは、中学生になってどこでサッカー …

こどもの判断する機会を奪ってはいけない!

最近思うこと。 こどもには出来る限り判断する機会を多く与えよう。   というのも、二人いる息子に判断力の違いがあることが最近良く分かってきました。   目次1 長男と次男の違い2 …

サッカーにおける手の使い方。手を使う重要性。

サッカーで手を使う?ダメでしょ。 もちろん!ボールを手で扱ったらダメ。手を使っていいのはキーパーとスローインの時のみ。 ではどういうことか? ディフェンダーはどうやってボールを奪うのか?まずはこれを理 …

セレクションクラブチームの良いところ悪いところ

ジュニアチームのセレクションが増えてくる季節になりました。 J下部を筆頭に強豪街クラブまで、新学年に向けてのチーム作りや強化ですね。 自分も子供を通じて色々と経験させてもらいました。 そこで感じたこと …

ジュニアユースチームの選び方について(まとめ)

小学校を卒業したらどこでサッカーを続けるか? 6年生はそんな話題が出ている頃ではないでしょうか。 以前の記事も含めてまとめてみました。   目次1 部活 or クラブチーム ?1.1 部活と …