ジュニア トレーニング

色んなトラップを覚えよう

投稿日:

トラップとは手以外の箇所で動いているボールを受け止めてコントロールする技術です。

このブログでも度々言いますがサッカーで一番重要な止める、蹴るの「止める」ですね。

上手な子はこのトラップでは絶対にミスしません。

そして色んな形のトラップが出来ます。

 



状況に応じたトラップ

トラップは状況に応じて身体のいろんな部分を使って行います。

 

インサイド

足の親指側の側面でボールをコントロールします。ボールを正確に足元に止めたいときや狙った場所(スペース)に正確にトラップする際に使います。一番オーソドックスなトラップで一番よく使う技術です。

 

アウトサイド

足の小指側の側面でボールをコントロールします。後方から来たボールをコントロールする際や、相手を背負っていて素早く反転して前を向く際などに使います。このトラップは次の動作を素早く行えるというメリットがありますね。

 

フリーの状況で浮き球が来た際に足元に落としてコントロールします。または、大きくヘディングで跳ね返すと見せかけて足元にコントロールしたり。そして、相手を背負っている状況でも使いますね。

 

足裏

足裏でボールを止めます。インサイドよりより確実に足元に止めることが出来ます。狭いコートで行うフットサルでは良く使う技術ですが、サッカーでもたびたび使う技術です。ただし、足を真上から落としてトンネルしないように気をつけましょう。

 

このような種類のトラップを受けるボールの質や次にどのようなプレーを行うのかによって使い分けることが非常に重要です。

 

日本では柿谷曜一郎選手のトラップ技術がすばらしいです。試合前のアップでも見とれてしまいます…

 

練習方法

トラップはやればやるほど上手くなると思います。何気ないパス練習でも止める位置、スペースを意識してみましょう。

 

■浮き球のトラップ練習

対面して浮き球のボールを蹴ったり、投げたりしてあげる。最初は近い距離で行い、コントロールが出来るようになってきたら少しづつ距離をとってみる。

まずは足元に正確に止める。インサイド、アウトサイド、インステップ、胸。

コツは膝を柔らかく身体全体を脱力させて行いましょう。ボールを身体で吸収するイメージ。

 

■トラップ後の動作をイメージする練習

対面パスの練習の応用として、左右にマーカーを置く。ファーストタッチのトラップで目印のマーカーへトラップする。マーカー付近でセカンドタッチが出来るイメージ。

これを様々な角度、距離で行ってみる。

 

とにかくサッカーは一瞬で状況が変わるスポーツです。

ですのでトラップも様々な状況をイメージして練習してみましょう。

 

しつこいですがやればやるほど上手くなるのがトラップです。

 

頑張ろう!Futuro futbolista!!

 

↓ブログランキングに参加しています。ワンクリック頂けたら嬉しいです↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカーランキング

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サッカーに役立つトレーニング 縄跳びのすすめ

これからの季節、学校の授業やチームのトレーニング、アップで縄跳びを行う子もいるのではないでしょうか。 J下部でも川崎フロンターレがよくやっているのを見かけます。   目次1 どんな効果がある …

育成サッカーでは「たられば」が重要

目次1 たられば2 練習での場面3 試合での場面4 サッカーノート4.1 関連 たられば 「もし、~していたら」 「もし、~していれば」 あまり良い意味では使われないことが多いですよね。   …

新チームのコーチは?

この時期、ジュニアのチームは今年度最後の大会を戦っているチーム、もしくは既に新しい学年へ向けて新チームとして始動しているチームがいるのではないでしょうか。 6年生はジュニアとしてはラストスパート、そし …

基本は早めにマスターしよう。苦手は早めに克服しよう。

以前にも書きましたが、サッカーで一番重要なことは止める、蹴るです。 要は基本ですね。 うまい子、そして強豪チームの子達はこの基本である止める、蹴るの技術が非常に高いです。 そしていて強烈な個性もある。 …

天才サッカー少年の今(バルサキャンプMVP編)

天才と呼ばれたサッカー少年、最近ではFC東京の久保選手やレアルの中井君が有名でしょうか。 それぞれのカテゴリーで活躍していますね。 ここではそのような選手のその後を紹介したいと思います。   …