ジュニア

こどもの判断する機会を奪ってはいけない!

投稿日:

最近思うこと。

こどもには出来る限り判断する機会を多く与えよう。

 

というのも、二人いる息子に判断力の違いがあることが最近良く分かってきました。



 

長男と次男の違い

長男は第一子ということもあり、だいぶ私も奥さんも色々と干渉してしまったかなと…

そして、知らず知らずのうちに私たちの引いたレールで成長してきた気がします。

 

習い事ひとつでも、

「これやってみたら?」

「うん。やる」

 

サッカーの試合でも

「逆サイド!」「ドリブル!」「シュート!」

叫んでましたね(笑)

 

いつしか、何をするにも

「これどうしたら良い?」

「どうしたいの?」

「どっちでもいいからパパが決めて!」

 

こんな感じになっていました。

 

それに比べ、次男は真逆です。

何をやるにも長男が始めて行うことに親も必死であまり次男を相手に出来なかったり、次男は次男で長男の真似事をいつもしていたのでそれでいいかなとあまりかまってやれませんでした。

そんな次男は今ではほぼすべてを自分で決めてきます。困ることも多々ありますが(笑)

 

これやるからこうしてくれる?

なんて…

 

この違いはサッカーのプレーでも如実に表れます。

 

長男の課題はあきらかに判断力。良いところはコーチの指示をよく聞き戦術を理解出来るところ。

逆に次男の良いところは判断力。判断を途中で変えることも得意です。でも、時に自分勝手なプレーをするところがあります。



親の意見を押し付けない

正直、次男にはあまりピッチサイドから大きな声を出したことがありません。

 

それをさせてくれないチーム環境というのもありますが…

 

ですので、試合中の判断はすべて自分で行う必要があります。

 

今のは良くないなと思っても、その場は我慢!終わってから聞いてみる。

昔(長男がサッカーをやり始めた時)はダメ出しをするために取っていたと言っても過言ではないビデオも、今では、どういう判断でこのプレーを選択したのか聞くための材料にしています。

そして、こういう判断もあったら良かったんじゃないかって。

けっして決めつけた親の判断、考えを押し付けないように。

 

長男と次男の違いを見て、やっぱり親が干渉しすぎるのはサッカーでも普段の生活でもあまり良くないなと気づきました!

 

長男にも遅くなってしまいましたが、同じようにしています。

ジュニアユースになってどこに行くのも送迎なしになり、親の干渉も減ってきたタイミングで少し自分で考えて行動してもらうように。

そんなことで長男も少しづつ自分で判断してくれるようになりました。

 

干渉は最低限に!

サッカーにおける判断力はとても重要で大切な要素。

この力を伸ばしてあげるためには、こどもの判断する機会を奪ってはいけません。

ましてや、一番身近な親がね。

 

決して答えを言わない。

我慢です。

ヒントを与える程度で留めておくのがベストだと思います。

親も修行です。

 

生活面で普段から考えさせることを意識して接することがサッカー面にも役立ちます。

大抵の場合、生活面で上手くいってなければサッカー面でもうまくいかないことがほとんどではないですか。

 

ちょっとした意識の改革が今後を大きく左右しかねません。

 

頑張りましょう!

 

 

↓ブログランキングに参加しています。ワンクリック頂けたら嬉しいです↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

育成サッカーでは「たられば」が重要

目次1 たられば2 練習での場面3 試合での場面4 サッカーノート4.1 関連 たられば 「もし、~していたら」 「もし、~していれば」 あまり良い意味では使われないことが多いですよね。   …

サッカーにおける判断を変える大切さ

サッカーでは、状況に応じて判断を変えることが非常に大切です。 いくら高い技術やスピードがあっても、判断が悪ければ宝の持ち腐れで終わってしまいます。   ゴール前でボールを受けた。 前を向いて …

ジュニアユースチームの選び方について③チーム名だけで決めるのは危険

この時期、6年生の話題はもっぱらジュニアユースセレクションなんてチームも多いでしょう。 何度かこのブログでも触れましたが、今回は入団して失敗したというお話です。 チーム名だけで決めない 地元では名の知 …

強いボールを蹴るために

小学生で強いボールを蹴れる子はやっぱり目立ちますし、チームの中心選手も多いような気がします。 小学生のうちは蹴れなくても、中学生、高校生になって身体も大きくなれば自然と蹴れるようになるから… なんて言 …

新チームのコーチは?

この時期、ジュニアのチームは今年度最後の大会を戦っているチーム、もしくは既に新しい学年へ向けて新チームとして始動しているチームがいるのではないでしょうか。 6年生はジュニアとしてはラストスパート、そし …