ジュニア トレーニング

フェイントをマスターしよう

投稿日:

ひとつで良いから自分の得意なフェイントを持つ

サッカーにおいてボールを持っている選手はパスをするのか、ドリブルをするのか、シュートを打つのかをまず選択します。

そして、どの選択をするにしても、相手にボールを奪われないようにすることが大切です。

そこでよく使うテクニックがフェイントです。

 

フェイントについては練習すれば誰でも出来るようになります。更にフェイントはあらゆる場面で使うことが出来る一番身近なテクニックと言っても良いでしょう。

色々なフェイントがありますが、まずは自分が試合で使えそうなフェイントをひとつ覚えましょう!

正直、色々なフェイントを練習して覚えても試合で使えるのはひとつふたつだったりします。

試合で使えてなんぼですから、とにかく得意な形をひとつ身体に覚えさせましょう。

実際、有名な選手も試合ではひとつ、ふたつのフェイントを様々にアレンジして使っている選手が多いです。

 



代表的なおすすめフェイント

シザーズ

アウトサイド(足の小指側)からボールをまたいで、逆足で斜め前方向にボールを運びます。一気に加速すれば相手を置き去りにすることもできる攻撃的なフェイントですね。

ポイントはドリブルしている足からまたぐことです。

これが得意な選手はカズこと三浦和良選手や、クリスティアーノロナウド選手がいます。

 

 

ステップオーバー

シザーズとは逆でインサイド(親指側)からボールをまたいで、またいだ足のアウトサイドでボールを押しだします。

これは相手を背負っている場面でも前を向くことに使えるフェイントです。

ポイントは体重移動を使って大きく見せることです。

 

 

ダブルタッチ

インサイドもしくは足裏を使ってボールを横にずらし、素早く逆足のインサイドでボールを前方向に運びます。

ポイントは2タッチめのインサイドでボールを当てる素早さです。

これが得意な選手はイニエスタ選手です。

 

 

キックフェイント(クライフターン)

キックすると見せかけて、蹴り足のインサイドやインフロントで踏み込んだ軸足の裏側(後ろ側)を通して横方向にボールをずらします。

ポイントはしっかり軸足で踏み込んで相手をブロックに誘うこと。

これは相手をずらしてパスコースやシュートコースを作るのに有効なフェイントです。

 

練習方法

段階を踏んで練習してみましょう。

  1. ボールを使ってフェイントの形を覚える
  2. マーカーやコーンを相手に見立てて練習
  3. 実際に相手を付けて練習
  4. 1対1の練習やミニゲームで使ってみる

いきなり試合で使うのは無理です。

まずはどのフェイントが自分に合っているか、相手をだませるか、色々やってみましょう。

 

形を覚えてもどうもスムーズにいかない場合は、身体の使い方やボールタッチに問題があると思います。

そんな時は体幹トレーニングやリフティング練習等を取り入れて身体の軸やボールタッチの柔らかさを鍛えるのが良いでしょう。

 

頑張ろう!Futuro futbolista!!

↓ブログランキングに参加しています。ワンクリック頂けたら嬉しいです↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

色んなトラップを覚えよう

トラップとは手以外の箇所で動いているボールを受け止めてコントロールする技術です。 このブログでも度々言いますがサッカーで一番重要な止める、蹴るの「止める」ですね。 上手な子はこのトラップでは絶対にミス …

PKを蹴る時のポイント

ジュニアの試合でPK合戦まで行くとあとは運だと思うことありますよね。 ただし、狙った場所にしっかり蹴れればほぼ入るのがPK。 あとは平常心で蹴れるかどうか。 キーパーとの駆け引きなんてのはジュニアの試 …

アジリティを高めるトレーニング

目次1 アジリティって?2 ラダートレーニング3 1番効果があるのはジュニア年代3.1 関連 アジリティって? アジリティとは直訳すると敏捷性となります。 では敏捷性とは? 簡単に言うと機敏さですね。 …

ジュニアサッカーにおけるサイドコーチングについて

サイドコーチングとは、ピッチサイドから送られる指示や声援です。 チームとしてサイドコーチングはご遠慮くださいなんて事も良く聞く話です。 あまりいい意味で使われない言葉ですね。   目次1 白 …

サッカーに役立つトレーニング 縄跳びのすすめ

これからの季節、学校の授業やチームのトレーニング、アップで縄跳びを行う子もいるのではないでしょうか。 J下部でも川崎フロンターレがよくやっているのを見かけます。   目次1 どんな効果がある …