ジュニア

神奈川県少年サッカー選手権決勝戦

投稿日:

「日産CUP争奪神奈川県少年サッカー選手権」を見てきました。

名前の如く、神奈川県のナンバーワンを決める大会。高学年(U-12)と低学年(U-10)の部に分かれて行われました。

 

神奈川県のトップを決める決勝戦、全国でも間違いなくトップレベルの争いですね。

高学年はフロンターレが12月の全少ベスト16、マリノスは春のチビリンピックベスト4。

そして、奇しくも全少の神奈川県予選決勝と同カードです。

 

ちなみに本大会、実は昨年までは11人制でしたが、今年からは8人制となっています。

U-12だけでも11人制を残しても良いのでは…、なんて思いますが。

 

結果は以下の通り。

【低学年の部】

横浜Fマリノスプライマリー 3-1 バディーSC

【高学年の部】

横浜Fマリノスプライマリー 0-0(PK:3-1) 川崎フロンターレ

 

マリノスのアベック優勝となりました。

 



止める、蹴る、そして判断

 

低学年も高学年も息詰まる素晴らしい試合でした。

間違いなく全国トップレベルの戦いを見れたと思います。

 

試合を見ていて一番感じた点はやっぱり止める、蹴るの基礎的技術の高さです。

そして、慌てない。どの選手も決して慌ててボールを放すようなことはありませんでしたね。狭い局面でも決して慌てることなく、つなぐところはつなぐ。苦しまみれのパスやドリブルはありません。

おそらくそういった落ち着いたプレーが出来るのも、基礎力の高さからくるものだと思いますね。

 

さらに判断も素晴らしいと思います。パスなのか自ら運ぶのか、ドリブル一つをとっても味方の上りを待ちながらのドリブルだったり、しかけのドリブルだったり…

時には直前で判断を変える能力もすごいなと思いました。

 

練習している環境も素晴らしいとは思いますが、改めて基礎の大切さを思い知らされた1日でしたね。

やっぱり、止める、蹴る。

極めれば怖いものなし!

 

頑張ろう!Futuro futbolista!!

 

↓ためになる情報から面白いブログまで様々↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

試合前の準備、ルーティーン

ジュニアの子供達は試合会場まで、車送迎という子も多いのではないでしょうか。 うちもかつてはそうでした。 子供の準備、親の準備、朝はいつもバタバタでした…   ある日、いつも通りバタバタの朝を …

2019 全日本U-12サッカー選手権大会

出場チームも決定し、先日組み合わせが発表されました。 12月26日~29日に鹿児島で開催されます。 今年も楽しみです。   出場チーム 予選リーグごとに出場チームを紹介します。 昨年は川崎フ …

必要なかったトレーニング

先日、高校生となった長男がやってて良かったトレーニングについて紹介しましたが、今回はその逆。 やる必要なかったかな・・・ってトレーニングについて書きたいと思います。 今思えば、違うトレーニングに時間を …

オスグッド、シーバー病に代表されるスポーツ障害の予防について

サッカーにはケガがつきもの。 取り分けケガの多いスポーツと言っても過言ではありません。 では、サッカーにおけるケガは防ぐ事が出来ないのでしょうか。   目次1 サッカーにおけるケガの種類2 …

強いボールを蹴るために

小学生で強いボールを蹴れる子はやっぱり目立ちますし、チームの中心選手も多いような気がします。 小学生のうちは蹴れなくても、中学生、高校生になって身体も大きくなれば自然と蹴れるようになるから… なんて言 …