ジュニア トレーニング

自主練は楽しく!

投稿日:

子供の自主練レパートリー、どのくらいありますか?

ジュニア年代であれば、ボールを使った技術練習からボールを使わないアジリティやフィジカルトレーニングが中心でしょう。

様々なトレーニングがあると思いますが、どうでしょう?

レパートリーがたくさんあればある程、子供も飽きずに取り組めるのではないでしょうか。

ひとつの練習に集中して繰り返し行うことも重要ではありますが、やっぱり飽きちゃいますよね。

そこはひと工夫してあげたいところです。

 



遊び感覚で楽しみながら出来る練習

トラップ練習

・対面リフティング

対面でボールを地面に落とさずパス交換を行う。一人のタッチ数を限定したりしてリズムの変化をつけてみる。慣れてきたら距離も離してみる。

・高く蹴り上げたボールのコントロール

高く蹴り上げたボールをワンバウンドで足元に止めたり、ダイレクトでボールの勢いを吸収して足元にコントロールする。

 

ドリブル練習

・コーン(マーカー)ドリブル

一定のサークル内にランダムにコーンをちりばめて、1分間その中でフリードリブルを行う。途中で苦手な足に持ちかえたりしてみる。

・2人1組によるドリブル競争

2,30メートルの距離にコーンを並べて往復競争。戻ってくる際、ターンする方向やコーンの通過方法(左足のみ、足裏のみ等)を限定させたりして変化を付ける。

 

パス練習

・的当てゲーム

コーンやマーカーを的にして狙って蹴る。インサイド、インステップ、アウトサイド、様々な蹴り方で的を狙う。距離を様々に変化させたり、的の間に障害物を置いたりして浮き球も使ってみる。

・ダイレクトロングフィード

対面で転がしたボールをダイレクトで相手の胸に返す。少しづつ、距離を離してボールの回転を意識する。

 

最近はこんな感じで飽きないように工夫してます。

ここに、アジリティやフィジカル系の練習でラダーやハードルを入れたりもしています。

とにかく楽しく!

 

頑張ろう!Futuro futbolista!!

 

↓ためになる情報から面白いブログまで様々↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

体幹トレーニング マッサージ効果もあるバランスディスクを家族で使用中

体幹トレーニングといえば長友選手が紹介するような寝そべって行うものや、両足を着いてチューブを使ったものが有名ですが、今回紹介するのは片足で行うトレーニングです。 バランスディスクというものを使います。 …

ボディコンタクト、身体をぶつけることが苦手な子へ

必ず求められる要素 日本代表ハリルホジッチ監督が使うことで良く聞くようになったデュエル。 要は「球際の強さ」 これは今や常識。 どの選手、どのポジションでも求められます。   ここでジュニア …

少年サッカーの審判1人制について

現在、少年サッカーは8人制が主流です。 それと同時に審判も1人制を推奨しています。 現在は全日本少年サッカー大会にも1人制が採用されていますが、毎年予選を見ていると1人制に疑問を感じるのは私だけでしょ …

サッカーにおける空間認知能力

空間認知能力とは、あるものの「距離」「大きさ」「スピード」をいち早く的確に認識する能力です。 スポーツ選手には欠かせない能力と言えます。   サッカーでは? 分かりやすくいうと、ヘディングで …

ディフェンスにおける判断力向上を目指す!シナプソロジートレーニングを取り入れる。

息子の課題 ディフェンスにおける判断力。   厳密にいうと、「認知⇒判断⇒行動」この一連のスピードが遅い。 あとコンマ何秒早くなれば、今まで奪えなかったボールが奪えるようになると感じます。 …