ジュニア トレーニング

自主練は楽しく!

投稿日:

子供の自主練レパートリー、どのくらいありますか?

ジュニア年代であれば、ボールを使った技術練習からボールを使わないアジリティやフィジカルトレーニングが中心でしょう。

様々なトレーニングがあると思いますが、どうでしょう?

レパートリーがたくさんあればある程、子供も飽きずに取り組めるのではないでしょうか。

ひとつの練習に集中して繰り返し行うことも重要ではありますが、やっぱり飽きちゃいますよね。

そこはひと工夫してあげたいところです。

 



遊び感覚で楽しみながら出来る練習

トラップ練習

・対面リフティング

対面でボールを地面に落とさずパス交換を行う。一人のタッチ数を限定したりしてリズムの変化をつけてみる。慣れてきたら距離も離してみる。

・高く蹴り上げたボールのコントロール

高く蹴り上げたボールをワンバウンドで足元に止めたり、ダイレクトでボールの勢いを吸収して足元にコントロールする。

 

ドリブル練習

・コーン(マーカー)ドリブル

一定のサークル内にランダムにコーンをちりばめて、1分間その中でフリードリブルを行う。途中で苦手な足に持ちかえたりしてみる。

・2人1組によるドリブル競争

2,30メートルの距離にコーンを並べて往復競争。戻ってくる際、ターンする方向やコーンの通過方法(左足のみ、足裏のみ等)を限定させたりして変化を付ける。

 

パス練習

・的当てゲーム

コーンやマーカーを的にして狙って蹴る。インサイド、インステップ、アウトサイド、様々な蹴り方で的を狙う。距離を様々に変化させたり、的の間に障害物を置いたりして浮き球も使ってみる。

・ダイレクトロングフィード

対面で転がしたボールをダイレクトで相手の胸に返す。少しづつ、距離を離してボールの回転を意識する。

 

最近はこんな感じで飽きないように工夫してます。

ここに、アジリティやフィジカル系の練習でラダーやハードルを入れたりもしています。

とにかく楽しく!

 

頑張ろう!Futuro futbolista!!

 

↓ためになる情報から面白いブログまで様々↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

8人制サッカーについて考える…

私が少年サッカーの公式戦を始めてみた時、まず驚いたのは「あれっ11人じゃないんだ?」でした。 今でも経緯を知らない人から見れば疑問に感じる人も少なくないと思います。 私的には、11人制との並行プレーや …

こどもの判断する機会を奪ってはいけない!

最近思うこと。 こどもには出来る限り判断する機会を多く与えよう。   というのも、二人いる息子に判断力の違いがあることが最近良く分かってきました。   目次1 長男と次男の違い2 …

相手をだます動きの大切さ

多くのスポーツに共通しているのが相手をだますというテクニック。 サッカーではとりわけこのテクニックが重要視されます。   1対1の基本 相手の逆を突く。要するに相手をだまして動き出すというこ …

2017年全日本少年サッカー大会予選情報

先週末(11/5)までの出場決定チーム 北海道  北海道コンサドーレ札幌U-12 青森  リベロ津軽SC 岩手  MIRUMAE・FC・U-12 秋田  本荘南SSS 千葉  柏レイソルU-12 長野 …

選手は将棋の駒ではない

冬休みにとあるジュニアの大会を観戦しました。 毎年、非常に高いレベルのチームが集まり楽しませてくれます。 そこで、強豪と言われる街クラブの試合を3試合ほど見させてもらって思ったことが一つ。 選手は試合 …