ジュニア トレーニング

自主練は楽しく!

投稿日:

子供の自主練レパートリー、どのくらいありますか?

ジュニア年代であれば、ボールを使った技術練習からボールを使わないアジリティやフィジカルトレーニングが中心でしょう。

様々なトレーニングがあると思いますが、どうでしょう?

レパートリーがたくさんあればある程、子供も飽きずに取り組めるのではないでしょうか。

ひとつの練習に集中して繰り返し行うことも重要ではありますが、やっぱり飽きちゃいますよね。

そこはひと工夫してあげたいところです。

 



遊び感覚で楽しみながら出来る練習

トラップ練習

・対面リフティング

対面でボールを地面に落とさずパス交換を行う。一人のタッチ数を限定したりしてリズムの変化をつけてみる。慣れてきたら距離も離してみる。

・高く蹴り上げたボールのコントロール

高く蹴り上げたボールをワンバウンドで足元に止めたり、ダイレクトでボールの勢いを吸収して足元にコントロールする。

 

ドリブル練習

・コーン(マーカー)ドリブル

一定のサークル内にランダムにコーンをちりばめて、1分間その中でフリードリブルを行う。途中で苦手な足に持ちかえたりしてみる。

・2人1組によるドリブル競争

2,30メートルの距離にコーンを並べて往復競争。戻ってくる際、ターンする方向やコーンの通過方法(左足のみ、足裏のみ等)を限定させたりして変化を付ける。

 

パス練習

・的当てゲーム

コーンやマーカーを的にして狙って蹴る。インサイド、インステップ、アウトサイド、様々な蹴り方で的を狙う。距離を様々に変化させたり、的の間に障害物を置いたりして浮き球も使ってみる。

・ダイレクトロングフィード

対面で転がしたボールをダイレクトで相手の胸に返す。少しづつ、距離を離してボールの回転を意識する。

 

最近はこんな感じで飽きないように工夫してます。

ここに、アジリティやフィジカル系の練習でラダーやハードルを入れたりもしています。

とにかく楽しく!

 

頑張ろう!Futuro futbolista!!

 

↓ためになる情報から面白いブログまで様々↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サッカーにおける判断を変える大切さ

サッカーでは、状況に応じて判断を変えることが非常に大切です。 いくら高い技術やスピードがあっても、判断が悪ければ宝の持ち腐れで終わってしまいます。   ゴール前でボールを受けた。 前を向いて …

育成サッカーでは「たられば」が重要

目次1 たられば2 練習での場面3 試合での場面4 サッカーノート4.1 関連 たられば 「もし、~していたら」 「もし、~していれば」 あまり良い意味では使われないことが多いですよね。   …

チャレンジできる環境づくり

練習では上手くいったのになぁ… よく聞きますね。 でも、この場合はやり続ければいつかは試合でも出来るようになると思います。   逆に、練習でまったく上手くいかなかったり、やったことがないプレ …

卒団式あれこれ

この時期、「卒団式どうする?」なんて悩んでいるチーム関係者も多いのではないでしょうか? 過去の事例を思い出したり、写真やビデオをあさったり… 卒団を控えた親御さんは大忙しではないでしょうか。 &nbs …

基本は早めにマスターしよう。苦手は早めに克服しよう。

以前にも書きましたが、サッカーで一番重要なことは止める、蹴るです。 要は基本ですね。 うまい子、そして強豪チームの子達はこの基本である止める、蹴るの技術が非常に高いです。 そしていて強烈な個性もある。 …