ジュニア トレーニング

ディフェンスにおける判断力向上を目指す!シナプソロジートレーニングを取り入れる。

投稿日:2018年2月6日 更新日:

息子の課題

ディフェンスにおける判断力。

 

厳密にいうと、「認知⇒判断⇒行動」この一連のスピードが遅い。

あとコンマ何秒早くなれば、今まで奪えなかったボールが奪えるようになると感じます。

 

2,3歩先の相手にパスが出てきて、寄せて奪いに行くのか、距離を取って攻撃を遅らせるのかという場合、

見た目では奪ったと思った場面で、奪えない。寄せが少し遅れてはがされてしまう。

そんな場面があります。

 

この場合、認知から判断までは間違っていないように見えます。

完全に距離があって届かない訳ではないのですし、ほんとあと一歩です。

ですので、認知⇒判断⇒行動の矢印の部分でスピードアップが出来れば…

 

自分でも奪えるという判断から動いていますので、やはり身体を動かす瞬発力が向上すればだいぶ違うと思います。

ここが速い選手はあっという間に敵の懐に入っていますよね。

 

ではこのスピードを向上させるにはどうすれば良いのか。

 


シナプソロジートレーニング

先程から言っている認知、判断、行動のすべてを司っているのは脳です。

その脳に様々な刺激を与えて活性化させ、判断能力や認知機能を高めるトレーニングをシナプソロジートレーニングと言います。

判断から行動に移す際の瞬発力の速さも高めることが出来ます。

 

どのようなトレーニングがあるのか。

 

指示者と実施者で向かい合い、実施者は目をつぶって指示者の「ハイ」という合図と同時に目を開けて指示者の手が挙がっている方向と逆側にダッシュ

 

指示者と実施者で向かい合い、指示者が「2・3」と言ったら「奇数」(2+3=5)と言って左側にダッシュ。(偶数であれば右側にダッシュ)

 

このように認知、判断、行動が伴ったトレーニングです。

簡単なものからだんだん複雑なものにしていくのが良いと思います。

 

チーム練習では練習前のウォーミングアップとして行ったり、あえてハードはトレーニングを行った後に行って集中力を高めるトレーニングにするのも良いでしょう。

 

また、家の中で簡単に行えるトレーニングもあります。

お手玉や旗上げなんかですね。

 

こんなものもありました。

 

 

頑張ろう!Futuro futbolista!!

 

 
↓ためになる情報から面白いブログまで様々↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サッカーで両利き、両足が蹴れる人は圧倒的有利

目次1 フリーだったのに・・・2 プレーの幅が増える3 小さい頃から効き足以外を使ってみる3.1 関連 フリーだったのに・・・ 両足が自由に蹴れる人にどれだけ憧れたことか… ゴール前でフリーになった。 …

神奈川県少年サッカー選手権決勝戦

「日産CUP争奪神奈川県少年サッカー選手権」を見てきました。 名前の如く、神奈川県のナンバーワンを決める大会。高学年(U-12)と低学年(U-10)の部に分かれて行われました。   神奈川県 …

ジュニア世代に筋トレは必要か

強いシュートが打てない。 球際の競り合いで勝てない。 相手とのコンタクトプレーですぐ倒されてしまう。   そんな時、下半身や上半身の筋トレで筋肉をつけて負けない身体を作ろうと思うかもしれませ …

新チームのコーチは?

この時期、ジュニアのチームは今年度最後の大会を戦っているチーム、もしくは既に新しい学年へ向けて新チームとして始動しているチームがいるのではないでしょうか。 6年生はジュニアとしてはラストスパート、そし …

トレセンについて(ジュニア編)

目次1 トレセンって何?2 目的、制度は?2.0.1 目的について2.0.2 制度について3 ナショナルトレセンU-124 JFAフットボールフューチャープログラム(FFP)5 地区トレセン5.1 関 …