ジュニア

新チームのコーチは?

投稿日:

この時期、ジュニアのチームは今年度最後の大会を戦っているチーム、もしくは既に新しい学年へ向けて新チームとして始動しているチームがいるのではないでしょうか。

6年生はジュニアとしてはラストスパート、そして次のカテゴリーへの準備期間ですね。

5年生以下は来年のチームについての体制等が話題となっているチームも多いのでは・・・



コーチは持ち上がりが良いのか?新たなコーチが良いのか?

①学年が上がってもコーチ陣がかわらないチーム

②学年が上がるごとにコーチ陣が変わるチーム

 

うちは①も②も経験したことがありますが、良かったり悪かたり・・・

 

①は長い目でじっくり見てもらえるところが良いところではないでしょうか。常に同じものさしで見てもらえる。

逆に悪いところは固定観念が生まれてきたり新しい発見が少ないところでしょうか。人によっては自分と合わないコーチにあたってしまうこともあるでしょう。そうなったらMAX6年はキツイでしょうね。

 

②の良いところは新しいコーチによって新しい発見があったり、新しいことを教わって吸収出来るところ。たくさんの目で評価またはアドバイスしてもらえるところでしょう。

悪いところは、指導が一貫していないところ。コーチが変われば言うことも変わるし、最悪はチームとしての戦い方まで変わってしまうことですね。チームを私物化してはいけませんね。

 

まあ、あくまで私の経験による話ですので悪しからず。

 

二人の息子で良くも悪くも経験しましたが、トータル的には学年ごとにコーチ陣は決まっていたほうが良いかなと思います。

コーチも人によって1、2年生を教えるのがうまいコーチ、5、6年生を教えるのがうまいコーチがいると思いますし、子供たちもいろんな人に教わって何かを発見したりするのが良いのではないでしょうか。

出来ればコーチ陣もそれを数年周期で回していければ、コーチのスキルアップにもつながるでしょう。

 

頑張ろう!Futuro futbolisita!!

↓ためになる情報から面白いブログまで様々↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

強いボールを蹴るために

小学生で強いボールを蹴れる子はやっぱり目立ちますし、チームの中心選手も多いような気がします。 小学生のうちは蹴れなくても、中学生、高校生になって身体も大きくなれば自然と蹴れるようになるから… なんて言 …

体幹トレーニング マッサージ効果もあるバランスディスクを家族で使用中

体幹トレーニングといえば長友選手が紹介するような寝そべって行うものや、両足を着いてチューブを使ったものが有名ですが、今回紹介するのは片足で行うトレーニングです。 バランスディスクというものを使います。 …

サッカースクールの選び方について

目次1 一番大事なこと2 何を教わりたいのか、スクールに通う目的は?3 サッカースクール以外にも注目3.1 関連 一番大事なこと まず私が絶対に譲れない事として、ボールを触っている時間が長いことが挙げ …

ジュニアサッカーにおけるサイドコーチングについて

サイドコーチングとは、ピッチサイドから送られる指示や声援です。 チームとしてサイドコーチングはご遠慮くださいなんて事も良く聞く話です。 あまりいい意味で使われない言葉ですね。   目次1 白 …

ボディコンタクト、身体をぶつけることが苦手な子へ

必ず求められる要素 日本代表ハリルホジッチ監督が使うことで良く聞くようになったデュエル。 要は「球際の強さ」 これは今や常識。 どの選手、どのポジションでも求められます。   ここでジュニア …