ジュニア

新チームのコーチは?

投稿日:

この時期、ジュニアのチームは今年度最後の大会を戦っているチーム、もしくは既に新しい学年へ向けて新チームとして始動しているチームがいるのではないでしょうか。

6年生はジュニアとしてはラストスパート、そして次のカテゴリーへの準備期間ですね。

5年生以下は来年のチームについての体制等が話題となっているチームも多いのでは・・・



コーチは持ち上がりが良いのか?新たなコーチが良いのか?

①学年が上がってもコーチ陣がかわらないチーム

②学年が上がるごとにコーチ陣が変わるチーム

 

うちは①も②も経験したことがありますが、良かったり悪かたり・・・

 

①は長い目でじっくり見てもらえるところが良いところではないでしょうか。常に同じものさしで見てもらえる。

逆に悪いところは固定観念が生まれてきたり新しい発見が少ないところでしょうか。人によっては自分と合わないコーチにあたってしまうこともあるでしょう。そうなったらMAX6年はキツイでしょうね。

 

②の良いところは新しいコーチによって新しい発見があったり、新しいことを教わって吸収出来るところ。たくさんの目で評価またはアドバイスしてもらえるところでしょう。

悪いところは、指導が一貫していないところ。コーチが変われば言うことも変わるし、最悪はチームとしての戦い方まで変わってしまうことですね。チームを私物化してはいけませんね。

 

まあ、あくまで私の経験による話ですので悪しからず。

 

二人の息子で良くも悪くも経験しましたが、トータル的には学年ごとにコーチ陣は決まっていたほうが良いかなと思います。

コーチも人によって1、2年生を教えるのがうまいコーチ、5、6年生を教えるのがうまいコーチがいると思いますし、子供たちもいろんな人に教わって何かを発見したりするのが良いのではないでしょうか。

出来ればコーチ陣もそれを数年周期で回していければ、コーチのスキルアップにもつながるでしょう。

 

頑張ろう!Futuro futbolisita!!

↓ためになる情報から面白いブログまで様々↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リフティングはサッカーの練習に必要か?リフティングが出来るとサッカーは上手くなるの?

目次1 リフティングの重要性は賛否両論2 数から質へ2.0.1 目標達成→自信がつく2.0.2 利き足以外の色んなところで!3 どういうとこで生かされるか?3.1 関連 リフティングの重要性は賛否両論 …

PKを蹴る時のポイント

ジュニアの試合でPK合戦まで行くとあとは運だと思うことありますよね。 ただし、狙った場所にしっかり蹴れればほぼ入るのがPK。 あとは平常心で蹴れるかどうか。 キーパーとの駆け引きなんてのはジュニアの試 …

セレクション、練習会で目に付く選手とは!

次のカテゴリーに向け息子二人の練習会、セレクションが始まりました。 二人とも何度も経験はしているので初めてではないものの、久々の緊張感ですね。   合格する選手はこんな子 わたしは見ているだ …

第41回全日本少年サッカー大会 ベスト8出揃う!

昨日から始まった全少。 あっとう間に今日でベスト8が出揃いました。 今年も熱い戦いが繰り広げられています。   ベスト8進出チーム ラウンド16の結果。 Jフィールド津山SC(岡山県) 2ー …

移籍、進学、ほんとにそのチームで大丈夫?

J下部合格を最終目標にしてはならない   この時期、聞こえてるくる話題のひとつにセレクション情報があります。 ジュニアユース、ジュニア強豪クラブ。 様々です。   そこで、声を大に …