ジュニア トレーニング

ボディコンタクト、身体をぶつけることが苦手な子へ

投稿日:2018年2月2日 更新日:

必ず求められる要素

日本代表ハリルホジッチ監督が使うことで良く聞くようになったデュエル。

要は「球際の強さ」

これは今や常識。

どの選手、どのポジションでも求められます。

 

ここでジュニアの選手に重要なのはやはりボディコンタクトを恐れない事。

でもこのボディコンタクト、つまり相手に身体をぶつけることが苦手な子ってけっこういませんか。

格闘技ではありませんがサッカーでも相手に身体をぶつけることは避けては通れないこと。

ボールを奪う基本として相手とボールの間に身体を入れたり、ボールを奪われないように相手に身体をあずけてキープしたり。

ですので苦手であれば早めに克服しましょう!



どの様に克服する?

我々が小学生の時なんかは取っ組み合いの喧嘩なんて日常茶飯事だったんですが、今は見ないですねえ…

って何の話だってことですが、

体育の授業で相撲なんてこともやったことがあります。

だから何の話だって?

 

昔は日常でけっこうボディコンタクトに慣れてたような(笑)

 

今は作らなきゃ、ないのかなと…

で、とりわけサッカーの練習となると。

 

  • 肩をぶつけて押し相撲しながらの5m前進
  • ジャンプして空中で身体をぶつけてからのダッシュ
  • 身体をぶつけ合いながらのボールキープ

 

たまには相撲したりなんかもいいと思うんですが、あまり受け入れられない…

まずは怖がらず慣れることですね。

ベース作りは今のうちに!

 

頑張ろう!Futuro futbolista!!

↓ためになる情報から面白いブログまで様々↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サッカーで両利き、両足が蹴れる人は圧倒的有利

目次1 フリーだったのに・・・2 プレーの幅が増える3 小さい頃から効き足以外を使ってみる3.1 関連 フリーだったのに・・・ 両足が自由に蹴れる人にどれだけ憧れたことか… ゴール前でフリーになった。 …

育成サッカーでは「たられば」が重要

目次1 たられば2 練習での場面3 試合での場面4 サッカーノート4.1 関連 たられば 「もし、~していたら」 「もし、~していれば」 あまり良い意味では使われないことが多いですよね。   …

サッカーにおける相手を背負った時の対応

最近、ジュニアの試合でもFWの選手が相手を背負ってプレーする場面をよく見かけます。 FWはゴールを奪うのに相手DFの裏を取ってゴールキーパーと1対1の場面を作り出せればベストですが、そう簡単にもいきま …

自主練メニューに迷ったらこれ!とにかく基礎

目次1 サッカーで一番大事なこと2 止める2.0.0.1 どうやって練習するか?3 蹴る3.0.0.1 どうやって練習するか。4 基本をひたすら練習4.1 関連 サッカーで一番大事なこと サッカーで一 …

セレクションクラブチームの良いところ悪いところ

ジュニアチームのセレクションが増えてくる季節になりました。 J下部を筆頭に強豪街クラブまで、新学年に向けてのチーム作りや強化ですね。 自分も子供を通じて色々と経験させてもらいました。 そこで感じたこと …