ジュニア トレーニング

ボディコンタクト、身体をぶつけることが苦手な子へ

投稿日:2018年2月2日 更新日:

必ず求められる要素

日本代表ハリルホジッチ監督が使うことで良く聞くようになったデュエル。

要は「球際の強さ」

これは今や常識。

どの選手、どのポジションでも求められます。

 

ここでジュニアの選手に重要なのはやはりボディコンタクトを恐れない事。

でもこのボディコンタクト、つまり相手に身体をぶつけることが苦手な子ってけっこういませんか。

格闘技ではありませんがサッカーでも相手に身体をぶつけることは避けては通れないこと。

ボールを奪う基本として相手とボールの間に身体を入れたり、ボールを奪われないように相手に身体をあずけてキープしたり。

ですので苦手であれば早めに克服しましょう!



どの様に克服する?

我々が小学生の時なんかは取っ組み合いの喧嘩なんて日常茶飯事だったんですが、今は見ないですねえ…

って何の話だってことですが、

体育の授業で相撲なんてこともやったことがあります。

だから何の話だって?

 

昔は日常でけっこうボディコンタクトに慣れてたような(笑)

 

今は作らなきゃ、ないのかなと…

で、とりわけサッカーの練習となると。

 

  • 肩をぶつけて押し相撲しながらの5m前進
  • ジャンプして空中で身体をぶつけてからのダッシュ
  • 身体をぶつけ合いながらのボールキープ

 

たまには相撲したりなんかもいいと思うんですが、あまり受け入れられない…

まずは怖がらず慣れることですね。

ベース作りは今のうちに!

 

頑張ろう!Futuro futbolista!!

↓ためになる情報から面白いブログまで様々↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジュニアユースチームの選び方について

目次1 中学生になったらどこでサッカー続けようかな2 3年間通えるよね。試合にもたくさん出れる環境かな3 事前の情報収集活動は親子で3.1 関連 中学生になったらどこでサッカー続けようかな まずはここ …

強いボールを蹴るために

小学生で強いボールを蹴れる子はやっぱり目立ちますし、チームの中心選手も多いような気がします。 小学生のうちは蹴れなくても、中学生、高校生になって身体も大きくなれば自然と蹴れるようになるから… なんて言 …

全日本少年サッカー大会 全出場チーム決定

昨日で出場チームが出そろいましたね。 今年は去年とだいぶ顔ぶれが違う気がするなと思い、調べてみたところ昨年も出場したチームは10チームありませんでした。 昨年優勝チームのセンアーノ神戸、準優勝チームの …

サッカーで両利き、両足が蹴れる人は圧倒的有利

目次1 フリーだったのに・・・2 プレーの幅が増える3 小さい頃から効き足以外を使ってみる3.1 関連 フリーだったのに・・・ 両足が自由に蹴れる人にどれだけ憧れたことか… ゴール前でフリーになった。 …

育成サッカーでは「たられば」が重要

目次1 たられば2 練習での場面3 試合での場面4 サッカーノート4.1 関連 たられば 「もし、~していたら」 「もし、~していれば」 あまり良い意味では使われないことが多いですよね。   …