ジュニア トレーニング

ボディコンタクト、身体をぶつけることが苦手な子へ

投稿日:2018年2月2日 更新日:

必ず求められる要素

日本代表ハリルホジッチ監督が使うことで良く聞くようになったデュエル。

要は「球際の強さ」

これは今や常識。

どの選手、どのポジションでも求められます。

 

ここでジュニアの選手に重要なのはやはりボディコンタクトを恐れない事。

でもこのボディコンタクト、つまり相手に身体をぶつけることが苦手な子ってけっこういませんか。

格闘技ではありませんがサッカーでも相手に身体をぶつけることは避けては通れないこと。

ボールを奪う基本として相手とボールの間に身体を入れたり、ボールを奪われないように相手に身体をあずけてキープしたり。

ですので苦手であれば早めに克服しましょう!



どの様に克服する?

我々が小学生の時なんかは取っ組み合いの喧嘩なんて日常茶飯事だったんですが、今は見ないですねえ…

って何の話だってことですが、

体育の授業で相撲なんてこともやったことがあります。

だから何の話だって?

 

昔は日常でけっこうボディコンタクトに慣れてたような(笑)

 

今は作らなきゃ、ないのかなと…

で、とりわけサッカーの練習となると。

 

  • 肩をぶつけて押し相撲しながらの5m前進
  • ジャンプして空中で身体をぶつけてからのダッシュ
  • 身体をぶつけ合いながらのボールキープ

 

たまには相撲したりなんかもいいと思うんですが、あまり受け入れられない…

まずは怖がらず慣れることですね。

ベース作りは今のうちに!

 

頑張ろう!Futuro futbolista!!

↓ためになる情報から面白いブログまで様々↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リフティングはサッカーの練習に必要か?リフティングが出来るとサッカーは上手くなるの?

目次1 リフティングの重要性は賛否両論2 数から質へ2.0.1 目標達成→自信がつく2.0.2 利き足以外の色んなところで!3 どういうとこで生かされるか?3.1 関連 リフティングの重要性は賛否両論 …

チーム選びの参考に!ジュニアチームのコーチに思うこと。

目次1 試合中に怒鳴るコーチ2 ほめてくれるコーチ3 自分たちで考えさせる。自主性を伸ばす。4 選手はロボットじゃない4.1 関連 試合中に怒鳴るコーチ 以前、子供の試合でものすごくベンチで熱くなって …

怪我はしっかり直してから!

サッカーをしていれば怪我はつきもの。 お子さんが怪我をしたことがある方も多いのでないでしょうか。   クラブチームのチームドクター曰く、多くの人が完全に治りきらないうちに復帰をしてしまうケー …

コーチの暴言について

少年サッカーの現場でコーチや監督が暴言を吐いている場面に出くわしましたことがあります。   思い通りにならないことで、ついつい熱くなって暴言を吐いてしまう。 思い通りにならなくていちばん悔し …

第41回全日本少年サッカー大会 優勝はセレッソ大阪!

まずは結果から。   ■決勝 セレッソ大阪(大阪府) 2ー1 北海道コンサドーレ札幌(北海道)   後半に入って先制したのはコンサドーレでしたが、セレッソが2点を返して逆転勝ちをお …