ジュニア トレーニング

身体を柔らかくしよう!

投稿日:2018年1月29日 更新日:

身体って、誰でも柔らかくなるそうです。

先日、知り合いが前屈でまったく手が地面につかなかったらしいのですが、半年のストレッチで手のひらがつくようになったと聞きました。

 

そこで私も一念発起。

「今年中に前屈で手のひらがつくようにする」

家族に宣言(笑)

身体の硬さ半端ないっす。

前屈しても地面まではゆうに10㎝はありますね…

恥ずかしい限りです。

で、子供も巻き込むことにしました!2人の子供も私に似て身体が硬いのです。



身体が柔らかいメリット

  • 肩こり、腰痛改善
  • 怪我をしにくくなる
  • 疲れがたまりにくい
  • キック力が上がる
  • 動作が俊敏になる

1番上は私のオヤジ目線で。

それ以下はサッカーをはじめ、スポーツをする上では大きなメリットですね。

 

基本的に身体が柔らかい人は硬い人より基礎代謝がいいそうです。

基礎代謝がよくなるということは血流がよくなるということですね。

このことは肩こりや腰痛改善にもつながり、疲労物質の分解にも好影響を及ぼします。また、筋肉も柔らかくなり筋肉系の怪我も少なくなるでしょう。

 

キック力や動きの俊敏性については股関節の柔らかさや可動域の広さが関わってきます。

サッカーでは特に下半身の動きが重要なスポーツですので、とりわけ股関節のストレッチは重要でしょう。

ストレッチメニュー

まず、毎日行うことが重要とのことですので、一番効果的とされる風呂上がりに行いたいと思います。

筋肉が柔らかくほぐれているという理由ですね。

時間は5分程度。

親父の私はひたすら前屈と開脚を繰り返して、息を吐きながら痛いところで10秒程度我慢。これを繰り返します。

 

子供たちは股関節中心です。

ウォーキングランジとイチローストレッチ。

動画で紹介します。

 

まずはウォーキングランジ。ランジウォークとも言いますね。

 

 

次にイチローストレッチ。これは名前の通りイチロー選手が打席に入る前や守備についている時に行っているストレッチです。

 

とにかく地道に継続したいと思います。

すぐには効果は現れないかもしれませんが、今のうちに・・・

 

頑張ろう!Futuro futbolista!!

↓ためになる情報から面白いブログまで様々↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

基本は早めにマスターしよう。苦手は早めに克服しよう。

以前にも書きましたが、サッカーで一番重要なことは止める、蹴るです。 要は基本ですね。 うまい子、そして強豪チームの子達はこの基本である止める、蹴るの技術が非常に高いです。 そしていて強烈な個性もある。 …

オフザボールの重要性

目次1 オフザボールとは2 どんな動きが重要なの?3 どうやって練習するの4 上手な子はむやみに動かない5 身体は休めても頭は休ませるな!6 プロの試合は生で観よう!6.1 関連 オフザボールとは ゲ …

色んなトラップを覚えよう

トラップとは手以外の箇所で動いているボールを受け止めてコントロールする技術です。 このブログでも度々言いますがサッカーで一番重要な止める、蹴るの「止める」ですね。 上手な子はこのトラップでは絶対にミス …

コーチの暴言について

少年サッカーの現場でコーチや監督が暴言を吐いている場面に出くわしましたことがあります。   思い通りにならないことで、ついつい熱くなって暴言を吐いてしまう。 思い通りにならなくていちばん悔し …

選手は将棋の駒ではない

冬休みにとあるジュニアの大会を観戦しました。 毎年、非常に高いレベルのチームが集まり楽しませてくれます。 そこで、強豪と言われる街クラブの試合を3試合ほど見させてもらって思ったことが一つ。 選手は試合 …