ジュニア トレーニング

身体を柔らかくしよう!

投稿日:2018年1月29日 更新日:

身体って、誰でも柔らかくなるそうです。

先日、知り合いが前屈でまったく手が地面につかなかったらしいのですが、半年のストレッチで手のひらがつくようになったと聞きました。

 

そこで私も一念発起。

「今年中に前屈で手のひらがつくようにする」

家族に宣言(笑)

身体の硬さ半端ないっす。

前屈しても地面まではゆうに10㎝はありますね…

恥ずかしい限りです。

で、子供も巻き込むことにしました!2人の子供も私に似て身体が硬いのです。



身体が柔らかいメリット

  • 肩こり、腰痛改善
  • 怪我をしにくくなる
  • 疲れがたまりにくい
  • キック力が上がる
  • 動作が俊敏になる

1番上は私のオヤジ目線で。

それ以下はサッカーをはじめ、スポーツをする上では大きなメリットですね。

 

基本的に身体が柔らかい人は硬い人より基礎代謝がいいそうです。

基礎代謝がよくなるということは血流がよくなるということですね。

このことは肩こりや腰痛改善にもつながり、疲労物質の分解にも好影響を及ぼします。また、筋肉も柔らかくなり筋肉系の怪我も少なくなるでしょう。

 

キック力や動きの俊敏性については股関節の柔らかさや可動域の広さが関わってきます。

サッカーでは特に下半身の動きが重要なスポーツですので、とりわけ股関節のストレッチは重要でしょう。

ストレッチメニュー

まず、毎日行うことが重要とのことですので、一番効果的とされる風呂上がりに行いたいと思います。

筋肉が柔らかくほぐれているという理由ですね。

時間は5分程度。

親父の私はひたすら前屈と開脚を繰り返して、息を吐きながら痛いところで10秒程度我慢。これを繰り返します。

 

子供たちは股関節中心です。

ウォーキングランジとイチローストレッチ。

動画で紹介します。

 

まずはウォーキングランジ。ランジウォークとも言いますね。

 

 

次にイチローストレッチ。これは名前の通りイチロー選手が打席に入る前や守備についている時に行っているストレッチです。

 

とにかく地道に継続したいと思います。

すぐには効果は現れないかもしれませんが、今のうちに・・・

 

頑張ろう!Futuro futbolista!!

↓ためになる情報から面白いブログまで様々↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トレセンについて(ジュニア編)

目次1 トレセンって何?2 目的、制度は?2.0.1 目的について2.0.2 制度について3 ナショナルトレセンU-124 JFAフットボールフューチャープログラム(FFP)5 地区トレセン5.1 関 …

ボディコンタクト、身体をぶつけることが苦手な子へ

必ず求められる要素 日本代表ハリルホジッチ監督が使うことで良く聞くようになったデュエル。 要は「球際の強さ」 これは今や常識。 どの選手、どのポジションでも求められます。   ここでジュニア …

育成サッカーでは「たられば」が重要

目次1 たられば2 練習での場面3 試合での場面4 サッカーノート4.1 関連 たられば 「もし、~していたら」 「もし、~していれば」 あまり良い意味では使われないことが多いですよね。   …

サッカーにおける相手を背負った時の対応

最近、ジュニアの試合でもFWの選手が相手を背負ってプレーする場面をよく見かけます。 FWはゴールを奪うのに相手DFの裏を取ってゴールキーパーと1対1の場面を作り出せればベストですが、そう簡単にもいきま …

少年サッカーの審判について

審判お願いできますか? 子供がサッカーをやっていれば一度は言われたことある人が多いのではないでしょうか。   目次1 審判資格について2 ミスはつきもの。文句は言わない!3 自分の笛に酔って …