ジュニア トレーニング

強いボールを蹴るために

投稿日:

小学生で強いボールを蹴れる子はやっぱり目立ちますし、チームの中心選手も多いような気がします。

小学生のうちは蹴れなくても、中学生、高校生になって身体も大きくなれば自然と蹴れるようになるから…

なんて言葉に救われたこともありましたが、やはり小学生でも蹴れた方がいいですし、小学生のうちに蹴る技術は身につけておかないと、身体が大きくなってもなかなか強いボールは蹴れません。

そう思います。

 

 

強いボールを蹴るコツ

強いシュートや距離のあるパスを出す時に使うのがインステップキックです。

日本ではインサイドキックから教えることが多々ありますが、自然にボールを蹴る動作はこのインサイドキックです。

海外では基本、インステップキックから入るようです。

 

それではどのように蹴るか。

  • つま先を地面に向けて足の甲でボールの中心を蹴る
  • ボールは押し出すように蹴る
  • 蹴り足の足首は伸ばしてロック
  • ひざ下を鞭のようにしならせる
  • 軸足は大きく、強く踏み込む
  • 蹴り足と反対の手を広げてバランスを取る

注意する点はこの辺でしょうか。

ちなみに強く蹴ることを意識しすぎて、力みすぎてはいけません。

なるべく身体はリラックスさせながらインパクトの瞬間に力を込める感じです。

 



練習方法

初めは止まったボールを軸足の位置やボールの中心を蹴ることを意識して行うのが良いと思います。

足の甲でボールの中心を蹴るために、対面で浮き玉を投げて蹴り返す事や、リフティングをすることも有効です。

蹴れるようになってきたら次はボールを前や横に動かして動いたボールを蹴ってみる。

フリーキックやゴーキック以外は基本的には動いてるボールを蹴ることが圧倒的に多いですからね。

あとはひたすら、蹴る。蹴る。蹴る。

自分の間合いや蹴りやすいフォームを身体で覚えるのが1番です。

 

 

強いボールを蹴るためにどこを鍛えるか

意外にも重要なのは蹴り足と逆の軸足。そして、股関節

まずは軸足。

軸足がしっかりしていないと、強いシュートは蹴れません。

ぐらぐらの軸足ではボールの中心を捉えることも出来ないですし、蹴り足がボールを捉える前にこけちゃいます。

 

片足立ち、バランスのトレーニング。これで軸足、そして体幹も鍛えましょう。

以前記事にしたしたバランスディスクでのトレーニングも有効です。
こちらを参照願います。「体幹トレーニング マッサージ効果もあるバランスディスクを家族で使用中」

 

次に股関節の可動域を広げるトレーニング。

股関節の可動域を広げることでキック動作をスムーズに行うことができ、身体(体幹)のひねりを使ってボールに力を伝えることが出来るようになります。

 

ウォーキングランジ等が有効です。

頑張ろう!Futuro futbolista!!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

チャレンジできる環境づくり

練習では上手くいったのになぁ… よく聞きますね。 でも、この場合はやり続ければいつかは試合でも出来るようになると思います。   逆に、練習でまったく上手くいかなかったり、やったことがないプレ …

体幹トレーニング マッサージ効果もあるバランスディスクを家族で使用中

体幹トレーニングといえば長友選手が紹介するような寝そべって行うものや、両足を着いてチューブを使ったものが有名ですが、今回紹介するのは片足で行うトレーニングです。 バランスディスクというものを使います。 …

自主性 ~できる子とできない子~

厳しい指導で有名なクラブチームでこんな話を聞きました。 忘れ物をすれば練習はさせてもらえない。遅刻も同様。コーチの話を聞いていなかったりすれば即ピッチから追い出される。 そういったチームです。 &nb …

フットサルがサッカーに役立つ理由

チーム内でフットサルをやってる子も多いのではないでしょうか? ではなぜフットサルをやるのか?サッカーにどのように役立つのか? これからフットサルをやってみようかなという人は参考にしてみてください。 ち …

こどもの判断する機会を奪ってはいけない!

最近思うこと。 こどもには出来る限り判断する機会を多く与えよう。   というのも、二人いる息子に判断力の違いがあることが最近良く分かってきました。   目次1 長男と次男の違い2 …