ジュニア

第41回全日本少年サッカー大会 ベスト8出揃う!

投稿日:2017年12月27日 更新日:

昨日から始まった全少。

あっとう間に今日でベスト8が出揃いました。

今年も熱い戦いが繰り広げられています。

 

ベスト8進出チーム

ラウンド16の結果。

Jフィールド津山SC(岡山県) 2ー2(PK:8-9) リオペードラ加賀FC(石川県)
北海道コンサドーレ札幌(北海道) 1ー0 柏レイソル(千葉県)
ディアブロッサ高田FC(奈良県) 0ー3 西宮SS(兵庫県)
大宮アルディージャ(埼玉県) 2ー2(PK:3-2)太陽SC(鹿児島県)
セレッソ大阪(大阪府) 2ー1 清水エスパルス(静岡県)
川崎フロンターレ(神奈川県) 2ー3 鹿島アントラーズつくば(茨城県)
栃木SC(栃木県) 0ー4 サンフレッチェ広島(広島県)
サガン鳥栖(佐賀県) 5ー1 アミティエSC草津(滋賀県)

以下ベスト8。準々決勝の組み合わせ。

リオペードラ加賀FC(石川県) ー 北海道コンサドーレ札幌(北海道)
大宮アルディージャ(埼玉県) ー 西宮SS(兵庫県)
セレッソ大阪(大阪府) - 鹿島アントラーズつくば(茨城県)
サンフレッチェ広島(広島県) - サガン鳥栖(佐賀県)

このようになっています。



注目は?

街クラブが2チーム。Jクラブが6チーム。

なんと街クラブの2チームはともに初出場。立派です。特に兵庫代表の西宮SSは未だに無失点で勝ち上がっており、前評判通り。

この大会の中でも成長するチームがあると言いますが、まさにそんな感じでしょうか。

また、春のチビリン準優勝のサガン鳥栖も順調に勝ち上がっているようです。

そのサガン鳥栖、準々決勝の相手はサンフレッチェ広島。広島は予選、決勝ラウンドのスコアを見ると危なげなく勝ち上がっている様子です。ここまで4試合で得点19、失点2。

注目のカードです。

ちなみに、チビリン優勝の江南南を県予選決勝で破った大宮アルディージャも残っています。あらためて埼玉勢のレベルの高さを感じますね。

その大宮アルディージャの相手が先程紹介した西宮SS

個人的には一番注目しているカードです。春の日本一を破って出場の大宮。そして昨年のチャンピオン県兵庫の西宮。

西宮SSは紹介した通り初出場でここまで無失点。

ラウンド16の強豪ディアブロッサ高田戦も注目でしたが3-0で思いもよらない差でした。

ちなみにこのカードは今年の関西大会決勝と同じでした。この時はディアブロッサ高田がPKで勝っていますので、リベンジマッチでしたね。

ここまで、登録選手全員(16人)が出場をはたしていて、まさにチーム全員でここまで勝ち上がってきたようです。

 

明日も楽しみです!

 

頑張ろう!Futuro futbolista!!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リフティング練習で子供のやる気と自主性を高めよう

もうすぐ冬休み。 地域によりますが小学生なら2週間ほど休みになるところが多いでしょうか。 自主練させようかなと思う親御さんも多いことでしょう。 が、出来れば自主的に取り組んでほしいなと思いますよね。 …

コーチの暴言について

少年サッカーの現場でコーチや監督が暴言を吐いている場面に出くわしましたことがあります。   思い通りにならないことで、ついつい熱くなって暴言を吐いてしまう。 思い通りにならなくていちばん悔し …

ゴールを奪う決定力を養おう!

相手の裏をとりうまくフリーになったけど、打ったシュートはキーパー正面もしくはバーのはるか上へ・・・ これでは勝てませんね。 俗に言う、決定力不足ですね。 シュートを打つまでの動きは完璧。これはもったい …

天才サッカー少年 石井久継くんベルマーレへ越境入団!

少し前まではバルサからFC東京に行った久保くん、そしてレアルの中井くんが有名でした。そして今のジュニア年代では石井くんです。 メディアでもちょくちょく取り上げられています。 その石井くんが最近大きな決 …

自主性 ~できる子とできない子~

厳しい指導で有名なクラブチームでこんな話を聞きました。 忘れ物をすれば練習はさせてもらえない。遅刻も同様。コーチの話を聞いていなかったりすれば即ピッチから追い出される。 そういったチームです。 &nb …