ジュニア トレーニング

サッカーにおける空間認知能力

投稿日:2017年12月22日 更新日:

空間認知能力とは、あるものの「距離」「大きさ」「スピード」をいち早く的確に認識する能力です。

スポーツ選手には欠かせない能力と言えます。

 

サッカーでは?

分かりやすくいうと、ヘディングでボールを跳ね返す際、向かってくるボールの落下地点に入って正確にヘディングが出来るか。

キーパーからのゴールキックで目測を誤って頭を超えちゃったりするシーンを見たことある人もいると思います。

 

それと、ゴールキーパー。

コーナーキックやフリーキックで飛び出すのかどうかの判断。

飛び出すのであれば絶対にボールに触れなければいけないけど届かなかったり、頭を超えてしまったり。

 

そういう子はこの空間認知能力を意識したトレーニングを取り入れるといいと思います。

 

ちなみにこの空間認知能力が高い人は、周りもよく見えてパスの精度も抜群だと言います。

一流選手はみなこの空間認知能力が高いです。

司令塔と呼ばれる選手に多いですね。

 

以前、元バルセロナのシャビ選手を特集したテレビでシャビ選手の空間認知能力がずば抜けて高いことが紹介されていました。

シャビ選手は一瞬にして味方、相手選手の位置をすべて把握できるそうです。

空からピッチを見ているような感覚で状況を把握するそう。

その能力によってあれだけの決定的パスや想像力豊かなプレーが出来るようです。

 


空間認知能力を高めるには?

うちが良くやっていたのは野球のキャッチボールや、バトミントン。

うちの子はサッカー以外の競技もけっこう興味があって良く遊んでました。

今もですが(笑)

そういった遊びの中で何となく養えるのがベターですね。

 

山なりのフライを取ったりして、時にはスピードのあるボールをキャッチさせたり。

最初は落下地点に入れず万歳状態だったのがだんだん距離感もつかめてキャッチ出来るようになります。

投げるのも然り。狙ったところに投げさせるのも訓練です。わざと山なりのボールを投げさせたりして距離感を掴ませます。

 

サッカーボールでもいきなり距離を離してヘディングするのではなく、頭の上でキャッチさせたりするのがいいと思います。

頑張ろう!Futuro futbolista!!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

試合中に声を出す大切さ

ピッチサイドからも「声出して~!」なんて声援をよく聞きます。 なぜ試合中に声を出さなければいけないのか? 元気よく試合を行うため? まあ、それもありますが・・・   目次1 ポジティブなコー …

PKを蹴る時のポイント

ジュニアの試合でPK合戦まで行くとあとは運だと思うことありますよね。 ただし、狙った場所にしっかり蹴れればほぼ入るのがPK。 あとは平常心で蹴れるかどうか。 キーパーとの駆け引きなんてのはジュニアの試 …

天才サッカー少年 石井久継くんベルマーレへ越境入団!

少し前まではバルサからFC東京に行った久保くん、そしてレアルの中井くんが有名でした。そして今のジュニア年代では石井くんです。 メディアでもちょくちょく取り上げられています。 その石井くんが最近大きな決 …

休む勇気!

病気、けが。 練習を休まないと・・・、休ませないと・・・ どうしようかな・・・ こんな経験が誰しもあると思いますが、 迷わず休みましょう。休ませましょう。 無理しても良いことはありません。長い目で見て …

基本は早めにマスターしよう。苦手は早めに克服しよう。

以前にも書きましたが、サッカーで一番重要なことは止める、蹴るです。 要は基本ですね。 うまい子、そして強豪チームの子達はこの基本である止める、蹴るの技術が非常に高いです。 そしていて強烈な個性もある。 …