ジュニア トレーニング

冬休みは自主練をしよう!おすすめの自主練メニュー

投稿日:2017年12月18日 更新日:

もうすぐ冬休みですね。

学校がない分、時間が出来る子が多いのではないでしょうか。

冬休みの短期スクールに行く人、はたまたチームで合宿のある人、人それぞれだと思いますがどこでどうやってボールを蹴ろうか考えている人も多いでしょう。

そこでお金をかけず出来る自主練メニューを紹介したいと思います。

自分で考えてやるのもいい訓練になります。

 


自主練メニューについて

冬休みはさほど長くはありませんので是非テーマを決めて取り組むのが良いと思います。

色々やりたいけど欲張らない。ひとつのテーマの中で色々な練習方法を考えればよいと思います。

 

1.リフティング

トラップがうまく出来ない子やドリブルをしていてもボールがあっちこっちいって暴れちゃうような子におすすめです。

以前にも記事にしましたが、回数を数えたりして目標を持つことで飽きずに出来るのではないでしょうか。

色々な部位を使って行ってみましょう。

少しでも良いので毎日コツコツ行うことで、ボールタッチが柔らかくなってトラップも思い通りに出来る日が来ると思います。

まったくリフティングの練習を取り入れたことがない子は絶対に冬休みが明けるころにはボールタッチが変わっていると思いますよ。

 

2.ラダートレーニング

アジリティを高めたい人。スピードを付けたい、体の使い方を覚えたい。

そんな子におすすめです。

1日10分でも20分でも良いと思います。最初は簡単なステップから行って、慣れてきたらちょっと難しいステップに挑戦して頭と身体をうまくシンクロさせてみましょう。

ステップを正確に素早く行えるようになれば変化が出てくるはずです。

参考までに良かったら以前紹介した記事も見て下さい。
アジリティを高めるトレーニング

 

3.バランスボード、メディシングボールほか

体幹を鍛えたい人。強いシュートが打ちたい。当たり負けしない身体を作りたい。

これらは家の中で出来るトレーニングです。この季節、地域によってはグランドでボールを蹴ることが出来ない子たちもいるでしょう。

そんな子におすすめです。

体幹を鍛えることによる効果は様々です。

参考までに以前の記事はこちら。
家で出来る自主トレメニューについて」「体幹トレーニング マッサージ効果もあるバランスディスクを家族で使用中

 

4.マーカードリブル、コーンドリブル

足元の技術やドリブルの技術をレベルアップしたい人。

マーカーやコーンを並べてじぐざぐドリブル。

右足のみ、左足のみ、両足、インサイド、足裏等、様々なドリブルで正確に早く、そして姿勢も意識しながら行う。

コツコツ毎日行えば、成果が表れてくると思います。

 

まだまだ色々あると思いますが、冬休みの間に続けられるものを選んで工夫してみると良いと思います。

決して無理な計画をせず続けられるものを行って冬休みを終えれれば、成果はどうあれ達成感を得られて自分の自信にもつながるでしょう。

 

頑張ろう!Futuro futbolista!!

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

天才サッカー少年の今(バルサキャンプMVP編)

天才と呼ばれたサッカー少年、最近ではFC東京の久保選手やレアルの中井君が有名でしょうか。 それぞれのカテゴリーで活躍していますね。 ここではそのような選手のその後を紹介したいと思います。   …

卒団式あれこれ

この時期、「卒団式どうする?」なんて悩んでいるチーム関係者も多いのではないでしょうか? 過去の事例を思い出したり、写真やビデオをあさったり… 卒団を控えた親御さんは大忙しではないでしょうか。 &nbs …

家で出来る自主トレメニューについて

雨で中止。 せっかくの試合が…、練習が…、 そんなときに家で気軽にできるトレーニングを紹介したいと思います。   目次1 体幹トレーニング2 メディシングボール3 テニスボールリフティング3 …

ジュニアユースセレクション日程(J下部編)

3月に入り、卒団式を終えて新チームが始動しているチームも多いことでしょう。 そして5年生にとってはいよいよ少年サッカー最終年です。 となれば次に考えなければいけないことは、中学生になってどこでサッカー …

リフティングはサッカーの練習に必要か?リフティングが出来るとサッカーは上手くなるの?

目次1 リフティングの重要性は賛否両論2 数から質へ2.0.1 目標達成→自信がつく2.0.2 利き足以外の色んなところで!3 どういうとこで生かされるか?3.1 関連 リフティングの重要性は賛否両論 …