ジュニア

基本は早めにマスターしよう。苦手は早めに克服しよう。

投稿日:2017年12月17日 更新日:

以前にも書きましたが、サッカーで一番重要なことは止める蹴るです。

要は基本ですね。

うまい子、そして強豪チームの子達はこの基本である止める、蹴るの技術が非常に高いです。

そしていて強烈な個性もある。



得意なプレーを磨く?苦手なプレーを克服する?

ジュニア年代では、ずば抜けた個性がある選手が目立ちますし、そんな子が強豪チームのセレクションに合格したりします。

しかし、ジュニア年代でずば抜けた個性があってもいづれは追いつかれたり、追い越されたりするかもしれません。

どこまで通用するかを見極めるのはこの年代では非常に難しいと思います。

今はスピードでディフェンダーを簡単に置き去りにすることができるかもしれませんが、高学年やジュニアユースに入ったら今までのように簡単には勝てないでしょう。

今は同級生より身体も大きくてフィジカルでは絶対に負けなくても、間違いなく年を追うごとに差は縮まってくるでしょう。

このような子がずっとスピードに頼ったプレーやフィジカルに頼ったプレーを続けるのは非常に危険です。

うちの子には、「今は負けてもしょうがないよ」ってよく言ってました(笑)



得意なプレーを続ける。そして練習するのは悪いことではないと思います。

しかしながら、長い目で見た時にはジュニア年代では絶対に基本の繰り返しや苦手を克服できる練習をしたほうが良いと思います。

基本的な技術力は錆びることはありません。

とにかく止める、蹴るを高いレベルで行えるようする。

利き足の逆足が蹴れなければ早いうちに逆足も蹴れるように練習する。

これが大事だと思います。

この基本がしっかりしていれば自分の得意プレーもひとレベルふたレベル上げることができるのではないでしょうか。

土台を磨くといってもよいでしょう。

チームの指導者も勝ちたいのはわかりますが、スピードのある選手をあえてセンターバックに使ってみたりして得意なプレーばかりができない環境を与えるのも良いことだと思います。

個性を伸ばすという観点ではこのバランスが重要ですね。

頑張ろう!Futuro futbolista!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オスグッド、シーバー病に代表されるスポーツ障害の予防について

サッカーにはケガがつきもの。 取り分けケガの多いスポーツと言っても過言ではありません。 では、サッカーにおけるケガは防ぐ事が出来ないのでしょうか。   目次1 サッカーにおけるケガの種類2 …

第43回全日本U-12サッカー選手権大会予選

先日、今年も鹿児島で開催されることが発表されました。 今年はJビレッジかなとも思ったけど…   とにもかくにも、各地で熱い予選が始まりつつあります。 今年もまとめてみました。   …

第41回全日本少年サッカー大会 ベスト8出揃う!

昨日から始まった全少。 あっとう間に今日でベスト8が出揃いました。 今年も熱い戦いが繰り広げられています。   ベスト8進出チーム ラウンド16の結果。 Jフィールド津山SC(岡山県) 2ー …

新チームのコーチは?

この時期、ジュニアのチームは今年度最後の大会を戦っているチーム、もしくは既に新しい学年へ向けて新チームとして始動しているチームがいるのではないでしょうか。 6年生はジュニアとしてはラストスパート、そし …

試合前の準備、ルーティーン

ジュニアの子供達は試合会場まで、車送迎という子も多いのではないでしょうか。 うちもかつてはそうでした。 子供の準備、親の準備、朝はいつもバタバタでした…   ある日、いつも通りバタバタの朝を …