ジュニア

基本は早めにマスターしよう。苦手は早めに克服しよう。

投稿日:2017年12月17日 更新日:

以前にも書きましたが、サッカーで一番重要なことは止める蹴るです。

要は基本ですね。

うまい子、そして強豪チームの子達はこの基本である止める、蹴るの技術が非常に高いです。

そしていて強烈な個性もある。



得意なプレーを磨く?苦手なプレーを克服する?

ジュニア年代では、ずば抜けた個性がある選手が目立ちますし、そんな子が強豪チームのセレクションに合格したりします。

しかし、ジュニア年代でずば抜けた個性があってもいづれは追いつかれたり、追い越されたりするかもしれません。

どこまで通用するかを見極めるのはこの年代では非常に難しいと思います。

今はスピードでディフェンダーを簡単に置き去りにすることができるかもしれませんが、高学年やジュニアユースに入ったら今までのように簡単には勝てないでしょう。

今は同級生より身体も大きくてフィジカルでは絶対に負けなくても、間違いなく年を追うごとに差は縮まってくるでしょう。

このような子がずっとスピードに頼ったプレーやフィジカルに頼ったプレーを続けるのは非常に危険です。

うちの子には、「今は負けてもしょうがないよ」ってよく言ってました(笑)



得意なプレーを続ける。そして練習するのは悪いことではないと思います。

しかしながら、長い目で見た時にはジュニア年代では絶対に基本の繰り返しや苦手を克服できる練習をしたほうが良いと思います。

基本的な技術力は錆びることはありません。

とにかく止める、蹴るを高いレベルで行えるようする。

利き足の逆足が蹴れなければ早いうちに逆足も蹴れるように練習する。

これが大事だと思います。

この基本がしっかりしていれば自分の得意プレーもひとレベルふたレベル上げることができるのではないでしょうか。

土台を磨くといってもよいでしょう。

チームの指導者も勝ちたいのはわかりますが、スピードのある選手をあえてセンターバックに使ってみたりして得意なプレーばかりができない環境を与えるのも良いことだと思います。

個性を伸ばすという観点ではこのバランスが重要ですね。

頑張ろう!Futuro futbolista!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オスグッド、シーバー病に代表されるスポーツ障害の予防について

サッカーにはケガがつきもの。 取り分けケガの多いスポーツと言っても過言ではありません。 では、サッカーにおけるケガは防ぐ事が出来ないのでしょうか。   目次1 サッカーにおけるケガの種類2 …

身体を柔らかくしよう!

身体って、誰でも柔らかくなるそうです。 先日、知り合いが前屈でまったく手が地面につかなかったらしいのですが、半年のストレッチで手のひらがつくようになったと聞きました。   そこで私も一念発起 …

ボディコンタクト、身体をぶつけることが苦手な子へ

必ず求められる要素 日本代表ハリルホジッチ監督が使うことで良く聞くようになったデュエル。 要は「球際の強さ」 これは今や常識。 どの選手、どのポジションでも求められます。   ここでジュニア …

相手をだます動きの大切さ

多くのスポーツに共通しているのが相手をだますというテクニック。 サッカーではとりわけこのテクニックが重要視されます。   1対1の基本 相手の逆を突く。要するに相手をだまして動き出すというこ …

ジュニア用スパイクの選び方について

いつ頃から履くのが良いか 最初よく分からないですよね。スパイク履かないと試合に出れないわけじゃないし。ちなみにうちの子たちは小学2年生か3年生頃から試合の時だけ履き始めました。平日は練習場がスパイク禁 …