ジュニア

サッカーにおける判断を変える大切さ

投稿日:2017年12月9日 更新日:

サッカーでは、状況に応じて判断を変えることが非常に大切です。

いくら高い技術やスピードがあっても、判断が悪ければ宝の持ち腐れで終わってしまいます。

 

ゴール前でボールを受けた。

前を向いてゴールが見えたのでシュート。

しかしながら、相手の足が伸びてきてブロックされてしまった。

 

この場面、相手の足が伸びてきたのが見えていたかどうか。

見えてはいたけど打った。

惜しい・・・。

見えていたのなら判断を変えて、シュートブロックをかわしてからシュートや味方を使ったりできなかったか。



ディフェンスの場面も。

相手のパスがずれて、ルーズボールに。

相手より先にボールがさわれるかどうか微妙な距離。頑張れば相手より先に触れるかも。

一生懸命に走る。でも自分の後ろにはキーパー1人。

イチかバチか走る。

残念。相手に先に触られてキーパーと1対1に・・・。

 

この場面は自分が最終ラインで後ろに誰もいない(カバーに来ていない)のがわかった時点で、判断を変えて味方が戻ってくるだけの時間を作ったほうが良かったでしょう。

 

このように状況に応じて、判断を変えることが大事ですね。

それもスピードのある判断力でね。

 

それにはどのように判断力をつけるのか。

 

監督やコーチが動き方をいろいろ教えるだけでは絶対ダメですね。教えるのはいいけど、実践で使える場面をたくさん作ることが重要だと思います。

これらの動きや判断力は簡単には身につきません。時間はかかります。焦らずじっくりとやるのが1番。

で、やっぱり1番良いのは色々なポジションを経験させることだと思います。

色んなポジションの動きを覚えることでまずはプレーの引き出しを増やす。

そこで増やした引き出しをひとつのポジションで今はどのプレーがベストか選んでプレー。それも瞬時にですね。

とにかく経験です。実践でいっぱい失敗して身につくものだと思います。

 

練習であればプレーを止めてコーチが説明するのも良いかと。

こうしなければダメだ。ではなく、こんな選択肢もあったよねと。

どのプレーを選択することがベストだったのかを考えさせるのが良いと思います。

 

一流プレーヤーは圧倒的なテクニックとスピードを備えていますが、それと同時に常に判断を変えれる能力があります。

メッシもあれだけのテクニックとスピードがありますが、ドリブルをしながら常に判断を変えてゴールに迫っています。

 

頑張ってこの判断力を身につけましょう。

 

頑張れ!Futuro futbolista!!

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

チャレンジできる環境づくり

練習では上手くいったのになぁ… よく聞きますね。 でも、この場合はやり続ければいつかは試合でも出来るようになると思います。   逆に、練習でまったく上手くいかなかったり、やったことがないプレ …

少年サッカーの審判について

審判お願いできますか? 子供がサッカーをやっていれば一度は言われたことある人が多いのではないでしょうか。   目次1 審判資格について2 ミスはつきもの。文句は言わない!3 自分の笛に酔って …

天才サッカー少年 石井久継くんベルマーレへ越境入団!

少し前まではバルサからFC東京に行った久保くん、そしてレアルの中井くんが有名でした。そして今のジュニア年代では石井くんです。 メディアでもちょくちょく取り上げられています。 その石井くんが最近大きな決 …

8人制サッカーについて考える…

私が少年サッカーの公式戦を始めてみた時、まず驚いたのは「あれっ11人じゃないんだ?」でした。 今でも経緯を知らない人から見れば疑問に感じる人も少なくないと思います。 私的には、11人制との並行プレーや …

ゴールを奪う決定力を養おう!

相手の裏をとりうまくフリーになったけど、打ったシュートはキーパー正面もしくはバーのはるか上へ・・・ これでは勝てませんね。 俗に言う、決定力不足ですね。 シュートを打つまでの動きは完璧。これはもったい …