ジュニア

サッカーにおける判断を変える大切さ

投稿日:2017年12月9日 更新日:

サッカーでは、状況に応じて判断を変えることが非常に大切です。

いくら高い技術やスピードがあっても、判断が悪ければ宝の持ち腐れで終わってしまいます。

 

ゴール前でボールを受けた。

前を向いてゴールが見えたのでシュート。

しかしながら、相手の足が伸びてきてブロックされてしまった。

 

この場面、相手の足が伸びてきたのが見えていたかどうか。

見えてはいたけど打った。

惜しい・・・。

見えていたのなら判断を変えて、シュートブロックをかわしてからシュートや味方を使ったりできなかったか。



ディフェンスの場面も。

相手のパスがずれて、ルーズボールに。

相手より先にボールがさわれるかどうか微妙な距離。頑張れば相手より先に触れるかも。

一生懸命に走る。でも自分の後ろにはキーパー1人。

イチかバチか走る。

残念。相手に先に触られてキーパーと1対1に・・・。

 

この場面は自分が最終ラインで後ろに誰もいない(カバーに来ていない)のがわかった時点で、判断を変えて味方が戻ってくるだけの時間を作ったほうが良かったでしょう。

 

このように状況に応じて、判断を変えることが大事ですね。

それもスピードのある判断力でね。

 

それにはどのように判断力をつけるのか。

 

監督やコーチが動き方をいろいろ教えるだけでは絶対ダメですね。教えるのはいいけど、実践で使える場面をたくさん作ることが重要だと思います。

これらの動きや判断力は簡単には身につきません。時間はかかります。焦らずじっくりとやるのが1番。

で、やっぱり1番良いのは色々なポジションを経験させることだと思います。

色んなポジションの動きを覚えることでまずはプレーの引き出しを増やす。

そこで増やした引き出しをひとつのポジションで今はどのプレーがベストか選んでプレー。それも瞬時にですね。

とにかく経験です。実践でいっぱい失敗して身につくものだと思います。

 

練習であればプレーを止めてコーチが説明するのも良いかと。

こうしなければダメだ。ではなく、こんな選択肢もあったよねと。

どのプレーを選択することがベストだったのかを考えさせるのが良いと思います。

 

一流プレーヤーは圧倒的なテクニックとスピードを備えていますが、それと同時に常に判断を変えれる能力があります。

メッシもあれだけのテクニックとスピードがありますが、ドリブルをしながら常に判断を変えてゴールに迫っています。

 

頑張ってこの判断力を身につけましょう。

 

頑張れ!Futuro futbolista!!

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

色んなトラップを覚えよう

トラップとは手以外の箇所で動いているボールを受け止めてコントロールする技術です。 このブログでも度々言いますがサッカーで一番重要な止める、蹴るの「止める」ですね。 上手な子はこのトラップでは絶対にミス …

リフティングはサッカーの練習に必要か?リフティングが出来るとサッカーは上手くなるの?

目次1 リフティングの重要性は賛否両論2 数から質へ2.0.1 目標達成→自信がつく2.0.2 利き足以外の色んなところで!3 どういうとこで生かされるか?3.1 関連 リフティングの重要性は賛否両論 …

トレセンについて(ジュニア編)

目次1 トレセンって何?2 目的、制度は?2.0.1 目的について2.0.2 制度について3 ナショナルトレセンU-124 JFAフットボールフューチャープログラム(FFP)5 地区トレセン5.1 関 …

ゴールを奪うために必要な動き

最近の少年サッカーを観て思ったこと。 フォワードに身体の大きい子を置いて、その子目掛けてひたすら当てて、落としてを繰り返すチームが結構あること。 少年サッカーでは大人と子供ほどの体格差があることもしば …

新チームのコーチは?

この時期、ジュニアのチームは今年度最後の大会を戦っているチーム、もしくは既に新しい学年へ向けて新チームとして始動しているチームがいるのではないでしょうか。 6年生はジュニアとしてはラストスパート、そし …