ジュニア トレーニング

リフティング練習で子供のやる気と自主性を高めよう

投稿日:

もうすぐ冬休み。

地域によりますが小学生なら2週間ほど休みになるところが多いでしょうか。

自主練させようかなと思う親御さんも多いことでしょう。

が、出来れば自主的に取り組んでほしいなと思いますよね。

そこで、自主的に取り組めて、また飽きず楽しく取り組める方法を自分なりに考えてみました。結構楽しく出来ると思います。

 

リフティングをやってみよう

リフティングって意味あるの?これは以前も書きましたがそれは置いといて…

過去記事は「リフティングはサッカーの練習に必要か?リフティングが出来るとサッカーは上手くなるの?

 

ここでは技術云々というより、子供たちのやる気を起こさせることと楽しくやるということをテーマに考えたいと思います。

まだサッカーを始めて間もない子であればまずは「数」です。何回出来たかを数えて今日よりは明日、明日よりは明後日。というように出来る回数を増やしていく。

今日、明日の目標を持たせるということがやる気のモチベーションにつながるはずです。

自分は上手くなっているということを感じさせてあげるのがいいと思いますね。

出来た回数を褒めてあげて下さい。けっして何回やらせるというように親御さんの目標にしてはだめです。やらされてる感は禁物です。

1日1日の出来た回数をノートに書くのもいいと思います。で、明日の目標も書くとか。

 

次に、出来る回数が増えてきたけど伸び悩んできたと思ったら応用編。

・リフティングのテンポを変える

一定のリズムで行っていたものに変化を加える。例えば、インステップのリフティングを胸あたりで行っていれば2回に1回、頭の上まで上げてみるとか。

・リフティング中に物を拾う

リフティングの最中に、地面に落ちているものを拾いながら続ける。マーカーや石ころを置いて拾いながら続ける。

 

こんな感じでリフティングに変化を付けてあげたりすることも飽きない練習の方法だと思います。

どの練習もボールタッチが柔らかくなるというメリットもあります。

 

ここまではどちらかというと初級~中級編。

 

中級~上級編はとにかくいろんな部位を使ってやってみましょう。

インステップ→インサイド→アウトサイド→モモ→アタマみたいに。

 

また、リフティングをしながら10m、20m進んでみるのもいいでしょう。

色んなリフティングにチャレンジしてみて下さい。

そして、出来た時の達成感を味わいましょう。

上手くなればこんなことが出来る日が来るかも…

 

頑張ろう!Futuro futbolista!!

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

こどもの判断する機会を奪ってはいけない!

最近思うこと。 こどもには出来る限り判断する機会を多く与えよう。   というのも、二人いる息子に判断力の違いがあることが最近良く分かってきました。   目次1 長男と次男の違い2 …

相手をだます動きの大切さ

多くのスポーツに共通しているのが相手をだますというテクニック。 サッカーではとりわけこのテクニックが重要視されます。   1対1の基本 相手の逆を突く。要するに相手をだまして動き出すというこ …

選手は将棋の駒ではない

冬休みにとあるジュニアの大会を観戦しました。 毎年、非常に高いレベルのチームが集まり楽しませてくれます。 そこで、強豪と言われる街クラブの試合を3試合ほど見させてもらって思ったことが一つ。 選手は試合 …

チーム選びの参考に!ジュニアチームのコーチに思うこと。

目次1 試合中に怒鳴るコーチ2 ほめてくれるコーチ3 自分たちで考えさせる。自主性を伸ばす。4 選手はロボットじゃない4.1 関連 試合中に怒鳴るコーチ 以前、子供の試合でものすごくベンチで熱くなって …

少年サッカーの審判1人制について

現在、少年サッカーは8人制が主流です。 それと同時に審判も1人制を推奨しています。 現在は全日本少年サッカー大会にも1人制が採用されていますが、毎年予選を見ていると1人制に疑問を感じるのは私だけでしょ …