ジュニア トレーニング

リフティング練習で子供のやる気と自主性を高めよう

投稿日:

もうすぐ冬休み。

地域によりますが小学生なら2週間ほど休みになるところが多いでしょうか。

自主練させようかなと思う親御さんも多いことでしょう。

が、出来れば自主的に取り組んでほしいなと思いますよね。

そこで、自主的に取り組めて、また飽きず楽しく取り組める方法を自分なりに考えてみました。結構楽しく出来ると思います。

 

リフティングをやってみよう

リフティングって意味あるの?これは以前も書きましたがそれは置いといて…

過去記事は「リフティングはサッカーの練習に必要か?リフティングが出来るとサッカーは上手くなるの?

 

ここでは技術云々というより、子供たちのやる気を起こさせることと楽しくやるということをテーマに考えたいと思います。

まだサッカーを始めて間もない子であればまずは「数」です。何回出来たかを数えて今日よりは明日、明日よりは明後日。というように出来る回数を増やしていく。

今日、明日の目標を持たせるということがやる気のモチベーションにつながるはずです。

自分は上手くなっているということを感じさせてあげるのがいいと思いますね。

出来た回数を褒めてあげて下さい。けっして何回やらせるというように親御さんの目標にしてはだめです。やらされてる感は禁物です。

1日1日の出来た回数をノートに書くのもいいと思います。で、明日の目標も書くとか。

 

次に、出来る回数が増えてきたけど伸び悩んできたと思ったら応用編。

・リフティングのテンポを変える

一定のリズムで行っていたものに変化を加える。例えば、インステップのリフティングを胸あたりで行っていれば2回に1回、頭の上まで上げてみるとか。

・リフティング中に物を拾う

リフティングの最中に、地面に落ちているものを拾いながら続ける。マーカーや石ころを置いて拾いながら続ける。

 

こんな感じでリフティングに変化を付けてあげたりすることも飽きない練習の方法だと思います。

どの練習もボールタッチが柔らかくなるというメリットもあります。

 

ここまではどちらかというと初級~中級編。

 

中級~上級編はとにかくいろんな部位を使ってやってみましょう。

インステップ→インサイド→アウトサイド→モモ→アタマみたいに。

 

また、リフティングをしながら10m、20m進んでみるのもいいでしょう。

色んなリフティングにチャレンジしてみて下さい。

そして、出来た時の達成感を味わいましょう。

上手くなればこんなことが出来る日が来るかも…

 

頑張ろう!Futuro futbolista!!

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

少年サッカーの審判1人制について

現在、少年サッカーは8人制が主流です。 それと同時に審判も1人制を推奨しています。 現在は全日本少年サッカー大会にも1人制が採用されていますが、毎年予選を見ていると1人制に疑問を感じるのは私だけでしょ …

全日本少年サッカー大会神奈川県予選

目次1 予選方式について(横浜市編)2 全国への道のり2.0.1 前期リーグ(兼横浜市春季大会)2.0.2 後期リーグ(兼横浜国際チビッ子サッカー大会)2.0.3 中央大会(県の最終予選)3 2017 …

新チームのコーチは?

この時期、ジュニアのチームは今年度最後の大会を戦っているチーム、もしくは既に新しい学年へ向けて新チームとして始動しているチームがいるのではないでしょうか。 6年生はジュニアとしてはラストスパート、そし …

色んなトラップを覚えよう

トラップとは手以外の箇所で動いているボールを受け止めてコントロールする技術です。 このブログでも度々言いますがサッカーで一番重要な止める、蹴るの「止める」ですね。 上手な子はこのトラップでは絶対にミス …

サッカーにおける持久力のつけ方

試合途中で走れなくなってしまうなんて悩みを良く聞きます。 とにかく走って、走って体力つけなきゃ…。持久力つけなきゃ…。 私もそう思っていました。   しかしながら、走り込みで持久力を付けると …