ジュニア

色々なポジションを経験しよう

投稿日:

ひとつのポジションにこだわる危険性

少年サッカーでは現在、8人制が主流です。

 

フォーメーションも3-3-1だったり、2-4-1だったり様々な形がありますね。ポジションも様々です。

 

とは言っても、低学年のうちは団子サッカー。みんなで攻めてみんなで守る!これで良いと思います。

 

はっきりポジションでサッカーをやるのは中学年、高学年からでしょう。

 

子供たちの中にはフォワードがやりたいとか、右サイドがやりたいとか主張する子も出てきます。このこと自体は悪いことではないです。ただし、あまりこだわりすぎない方が後々のためにも良いのかと思います。

 

中には、うちの子には絶対にフォワードをやらせて下さい、なんて言う親御さんにも遭遇したことがありますが…(笑)

 

やりたいポジションで結果を出すためには、他のポジションも経験することが重要だと思います。

 

ひとつのポジションにこだわると、セオリー通りのプレーばかりになったり、はたまた判断の選択肢が少なくなってしまいがちです。

 

ですので、ジュニア世代では出来る限り多くのポジションを経験する事が重要だと思います。

 

親御さんのエゴでフォワードをやらせろなんてもってのほか(笑)

その子がかわいそう…

 

さまざまポジションを経験することによる効果

フォワードの選手であれば対面するディフェンダーを経験させる。自分がやられて嫌なプレーだったり、守りにくいプレーをフォワードをやった時に実践してみる。
逆に守りやすいなんて感じたことからも学べますよね。

 

右利きで右サイドバックの選手なら、左サイドバックを経験させてみる。必然的に左サイドから中を覗くことが出来、プレーの幅やボールの受け方、ドリブルの方向等の選択肢が増えるはずです。右サイドではやらなかったプレーかもしれません。

 

また、選手の特徴によってポジションンを変えてみるのもいいですね。

 

なかなか顔が上がらなかったり、周りを見れない選手はあえてキーパーやディフェンダーで顔をあげてプレーする事を意識させる。

 

それが出来たら今度は360度視野を確保しながらプレーしなければならない、中盤をやらせてみるとか。

 

そんな工夫が必要だと思います。

 

まあ、しっかりとしたコーチ陣であればそんなことは普通に考えているでしょうが…。ちなみに、J下部や強豪クラブチームではしばしばそんな光景を見ます。

 

ジュニアユースに行ったら全く違うポジションで活躍してたなんてことも。

 

プロのサッカー選手でも攻撃的なポジションから守備的なポジションにコンバートされて活躍している選手は非常に多いです。

 

長友選手や槙野選手もそうですね。

 

頑張ろう!Futuro futbolista!!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

少年サッカーの審判1人制について

現在、少年サッカーは8人制が主流です。 それと同時に審判も1人制を推奨しています。 現在は全日本少年サッカー大会にも1人制が採用されていますが、毎年予選を見ていると1人制に疑問を感じるのは私だけでしょ …

ディフェンスにおける判断力向上を目指す!シナプソロジートレーニングを取り入れる。

息子の課題 ディフェンスにおける判断力。   厳密にいうと、「認知⇒判断⇒行動」この一連のスピードが遅い。 あとコンマ何秒早くなれば、今まで奪えなかったボールが奪えるようになると感じます。 …

サッカーノートのつけ方

目次1 サッカーノート2 「夢をかなえるサッカーノート」3 サッカーのノートの中身は?3.1 関連 サッカーノート 一度は耳にしたことがある人がほとんどではないでしょうか。 チームのコーチに言われて書 …

天才サッカー少年 石井久継くんベルマーレへ越境入団!

少し前まではバルサからFC東京に行った久保くん、そしてレアルの中井くんが有名でした。そして今のジュニア年代では石井くんです。 メディアでもちょくちょく取り上げられています。 その石井くんが最近大きな決 …

サッカーにおける空間認知能力

空間認知能力とは、あるものの「距離」「大きさ」「スピード」をいち早く的確に認識する能力です。 スポーツ選手には欠かせない能力と言えます。   サッカーでは? 分かりやすくいうと、ヘディングで …