ジュニア トレーニング

ゴールを奪う決定力を養おう!

投稿日:2017年11月23日 更新日:

相手の裏をとりうまくフリーになったけど、打ったシュートはキーパー正面もしくはバーのはるか上へ・・・

これでは勝てませんね。

俗に言う、決定力不足ですね。

シュートを打つまでの動きは完璧。これはもったいない。

 

狙いは四隅

シュートの入る確率が一番高いのはゴールの四隅

四隅の中でも特にです。

聞いたことがあります。

キーパー目線で言うと、膝から下、地面を這うような鋭いシュートは非常に取りづらいとのこと。

キーパーから見て同じサイドのシュートでも腰から上は弾いたり出来ても、ひざ下については同じタイミングで飛んでも間に合わないことが多々あるようです。

確かに人間、下には飛べませんから。

ということで、狙いは四隅、できればそれも下のほう。

常にそこに蹴れるよう意識して練習することが重要だと思います。よく、キーパーの位置を見てシュートを打とうなんて聞きますが、四隅にしっかり蹴れればキーパーの位置なんてしっかり見なくても問題ないでしょう。

 

決定力を上げる練習方法

よくやる方法はゴールの四隅に目印をつけるやり方。

左右の下にはコーンを置いて、上にはビブスをぶら下げる。
そして、そこを狙ってのシュート練習です。

はじめはドリブルからのフリーでのシュート。次にディフェンダーに見立てたコーンの前で切り返して、ボールを少しずらしてからのシュート。

とにかくそこに打つクセを作る。

練習ではあえて簡単なコースには打たない!難しい四隅を狙う。

今までのように思いきり打って結果的にゴール!
ではなく、その一歩上を目指すならこのことを意識しましょう。

これが出来るようになれば立派なストライカーになれること間違いなしです!

頑張ろう!Futuro futbolista!!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

少年サッカーの審判1人制について

現在、少年サッカーは8人制が主流です。 それと同時に審判も1人制を推奨しています。 現在は全日本少年サッカー大会にも1人制が採用されていますが、毎年予選を見ていると1人制に疑問を感じるのは私だけでしょ …

ジュニアユース選び 『中学サッカー進路ナビ』が発売

これは斬新! その名も「中学サッカー進路ナビ」   10月1日発売 先日WEBで知りました。 私もブログで何度か記事にしました。 中学生になってからどこでサッカーをやるのか? 長いサッカー人 …

サッカーにおける手の使い方。手を使う重要性。

サッカーで手を使う?ダメでしょ。 もちろん!ボールを手で扱ったらダメ。手を使っていいのはキーパーとスローインの時のみ。 ではどういうことか? ディフェンダーはどうやってボールを奪うのか?まずはこれを理 …

サッカースクールの選び方について

目次1 一番大事なこと2 何を教わりたいのか、スクールに通う目的は?3 サッカースクール以外にも注目3.1 関連 一番大事なこと まず私が絶対に譲れない事として、ボールを触っている時間が長いことが挙げ …

第41回全日本少年サッカー大会 優勝はセレッソ大阪!

まずは結果から。   ■決勝 セレッソ大阪(大阪府) 2ー1 北海道コンサドーレ札幌(北海道)   後半に入って先制したのはコンサドーレでしたが、セレッソが2点を返して逆転勝ちをお …