ジュニア トレーニング

ゴールを奪う決定力を養おう!

投稿日:2017年11月23日 更新日:

相手の裏をとりうまくフリーになったけど、打ったシュートはキーパー正面もしくはバーのはるか上へ・・・

これでは勝てませんね。

俗に言う、決定力不足ですね。

シュートを打つまでの動きは完璧。これはもったいない。

 

狙いは四隅

シュートの入る確率が一番高いのはゴールの四隅

四隅の中でも特にです。

聞いたことがあります。

キーパー目線で言うと、膝から下、地面を這うような鋭いシュートは非常に取りづらいとのこと。

キーパーから見て同じサイドのシュートでも腰から上は弾いたり出来ても、ひざ下については同じタイミングで飛んでも間に合わないことが多々あるようです。

確かに人間、下には飛べませんから。

ということで、狙いは四隅、できればそれも下のほう。

常にそこに蹴れるよう意識して練習することが重要だと思います。よく、キーパーの位置を見てシュートを打とうなんて聞きますが、四隅にしっかり蹴れればキーパーの位置なんてしっかり見なくても問題ないでしょう。

 

決定力を上げる練習方法

よくやる方法はゴールの四隅に目印をつけるやり方。

左右の下にはコーンを置いて、上にはビブスをぶら下げる。
そして、そこを狙ってのシュート練習です。

はじめはドリブルからのフリーでのシュート。次にディフェンダーに見立てたコーンの前で切り返して、ボールを少しずらしてからのシュート。

とにかくそこに打つクセを作る。

練習ではあえて簡単なコースには打たない!難しい四隅を狙う。

今までのように思いきり打って結果的にゴール!
ではなく、その一歩上を目指すならこのことを意識しましょう。

これが出来るようになれば立派なストライカーになれること間違いなしです!

頑張ろう!Futuro futbolista!!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジュニアユースチームの選び方について

目次1 中学生になったらどこでサッカー続けようかな2 3年間通えるよね。試合にもたくさん出れる環境かな3 事前の情報収集活動は親子で3.1 関連 中学生になったらどこでサッカー続けようかな まずはここ …

ジュニア世代に筋トレは必要か

強いシュートが打てない。 球際の競り合いで勝てない。 相手とのコンタクトプレーですぐ倒されてしまう。   そんな時、下半身や上半身の筋トレで筋肉をつけて負けない身体を作ろうと思うかもしれませ …

休む勇気!

病気、けが。 練習を休まないと・・・、休ませないと・・・ どうしようかな・・・ こんな経験が誰しもあると思いますが、 迷わず休みましょう。休ませましょう。 無理しても良いことはありません。長い目で見て …

オスグッド、シーバー病に代表されるスポーツ障害の予防について

サッカーにはケガがつきもの。 取り分けケガの多いスポーツと言っても過言ではありません。 では、サッカーにおけるケガは防ぐ事が出来ないのでしょうか。   目次1 サッカーにおけるケガの種類2 …

サッカーにおける空間認知能力

空間認知能力とは、あるものの「距離」「大きさ」「スピード」をいち早く的確に認識する能力です。 スポーツ選手には欠かせない能力と言えます。   サッカーでは? 分かりやすくいうと、ヘディングで …