ジュニア トレーニング

ゴールを奪う決定力を養おう!

投稿日:2017年11月23日 更新日:

相手の裏をとりうまくフリーになったけど、打ったシュートはキーパー正面もしくはバーのはるか上へ・・・

これでは勝てませんね。

俗に言う、決定力不足ですね。

シュートを打つまでの動きは完璧。これはもったいない。

 

狙いは四隅

シュートの入る確率が一番高いのはゴールの四隅

四隅の中でも特にです。

聞いたことがあります。

キーパー目線で言うと、膝から下、地面を這うような鋭いシュートは非常に取りづらいとのこと。

キーパーから見て同じサイドのシュートでも腰から上は弾いたり出来ても、ひざ下については同じタイミングで飛んでも間に合わないことが多々あるようです。

確かに人間、下には飛べませんから。

ということで、狙いは四隅、できればそれも下のほう。

常にそこに蹴れるよう意識して練習することが重要だと思います。よく、キーパーの位置を見てシュートを打とうなんて聞きますが、四隅にしっかり蹴れればキーパーの位置なんてしっかり見なくても問題ないでしょう。

 

決定力を上げる練習方法

よくやる方法はゴールの四隅に目印をつけるやり方。

左右の下にはコーンを置いて、上にはビブスをぶら下げる。
そして、そこを狙ってのシュート練習です。

はじめはドリブルからのフリーでのシュート。次にディフェンダーに見立てたコーンの前で切り返して、ボールを少しずらしてからのシュート。

とにかくそこに打つクセを作る。

練習ではあえて簡単なコースには打たない!難しい四隅を狙う。

今までのように思いきり打って結果的にゴール!
ではなく、その一歩上を目指すならこのことを意識しましょう。

これが出来るようになれば立派なストライカーになれること間違いなしです!

頑張ろう!Futuro futbolista!!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

少年サッカーの審判1人制について

現在、少年サッカーは8人制が主流です。 それと同時に審判も1人制を推奨しています。 現在は全日本少年サッカー大会にも1人制が採用されていますが、毎年予選を見ていると1人制に疑問を感じるのは私だけでしょ …

サッカーにおける持久力のつけ方

試合途中で走れなくなってしまうなんて悩みを良く聞きます。 とにかく走って、走って体力つけなきゃ…。持久力つけなきゃ…。 私もそう思っていました。   しかしながら、走り込みで持久力を付けると …

ゴールよりアシストが好き!!

サッカーの醍醐味はシュートが決まった時。 小学生に聞けば大体の子がそう答えるでしょう。 私もそう思います。昔からサッカー漫画やアニメもクローズアップされるのはシュートシーンでしたよね。 ドライブシュー …

こどもの判断する機会を奪ってはいけない!

最近思うこと。 こどもには出来る限り判断する機会を多く与えよう。   というのも、二人いる息子に判断力の違いがあることが最近良く分かってきました。   目次1 長男と次男の違い2 …

ジュニア用スパイクの選び方について

いつ頃から履くのが良いか 最初よく分からないですよね。スパイク履かないと試合に出れないわけじゃないし。ちなみにうちの子たちは小学2年生か3年生頃から試合の時だけ履き始めました。平日は練習場がスパイク禁 …