ジュニア トレーニング

ゴールを奪うために必要な動き

投稿日:2017年11月22日 更新日:

最近の少年サッカーを観て思ったこと。

フォワードに身体の大きい子を置いて、その子目掛けてひたすら当てて、落としてを繰り返すチームが結構あること。

少年サッカーでは大人と子供ほどの体格差があることもしばしば。

もちろん、体格差があるのでディフェンダーを背負ってキープも出来るし、競り合いでは簡単に負けません。

でも、自分で前を向いてシュートまでいくことがほぼない…

こんな光景をちょいちょい見ます。

今は良いけど、長い目でみたら…。フィジカルでの優位性は年を追うごとに少しづつ縮まってきますからね。

やっぱりフォワードは点を取るのが1番の仕事です!

そこで、大事なこと。

 

マークを外す動き

サッカーではオフザボールの動きが重要だとよく言われますが、まさにそれです。

フォワードとしてはゴールに直結するための動き。

ゴールを決めるのに1番簡単な方法はゴール前でフリーになってシュートを打つことでしょう。

そのために、ゴール前のスペースにフリーで飛び込んでボールを受け、シュートを放つというイメージが必要ですね。

相手、ディフェンダーの裏を取るということです。

裏を取るにはマークについているディフェンダーとの駆け引きが重要。

ディフェンダーも裏は取らせまいと警戒していますので、そこをうまく駆け引きをしてとる。

それには様々な予備動作が必要です。ゴールを背に受ける振りをしたり、ダッシュ&ストップ&ゴーをしたり、味方とのワンツーを使ったり。

とにかく相手をあざむく動きが重要。

餌をまいておいて食いつかせた隙に、あばよってな感じ。

ちなみに、このようにディフェンダーの視野から消える動きをダイアゴナルと言います。

運動量とオフザボールの技術を駆使してマークを外しましょう!

それが出来るようになればゴール量産間違いなしです。

頑張ろう!Futuro futbolista!!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

休む勇気!

病気、けが。 練習を休まないと・・・、休ませないと・・・ どうしようかな・・・ こんな経験が誰しもあると思いますが、 迷わず休みましょう。休ませましょう。 無理しても良いことはありません。長い目で見て …

ディフェンスにおける判断力向上を目指す!シナプソロジートレーニングを取り入れる。

息子の課題 ディフェンスにおける判断力。   厳密にいうと、「認知⇒判断⇒行動」この一連のスピードが遅い。 あとコンマ何秒早くなれば、今まで奪えなかったボールが奪えるようになると感じます。 …

自主練メニューに迷ったらこれ!とにかく基礎

目次1 サッカーで一番大事なこと2 止める2.0.0.1 どうやって練習するか?3 蹴る3.0.0.1 どうやって練習するか。4 基本をひたすら練習4.1 関連 サッカーで一番大事なこと サッカーで一 …

8人制サッカーについて考える…

私が少年サッカーの公式戦を始めてみた時、まず驚いたのは「あれっ11人じゃないんだ?」でした。 今でも経緯を知らない人から見れば疑問に感じる人も少なくないと思います。 私的には、11人制との並行プレーや …

オスグッド、シーバー病に代表されるスポーツ障害の予防について

サッカーにはケガがつきもの。 取り分けケガの多いスポーツと言っても過言ではありません。 では、サッカーにおけるケガは防ぐ事が出来ないのでしょうか。   目次1 サッカーにおけるケガの種類2 …