ジュニア トレーニング

ゴールを奪うために必要な動き

投稿日:2017年11月22日 更新日:

最近の少年サッカーを観て思ったこと。

フォワードに身体の大きい子を置いて、その子目掛けてひたすら当てて、落としてを繰り返すチームが結構あること。

少年サッカーでは大人と子供ほどの体格差があることもしばしば。

もちろん、体格差があるのでディフェンダーを背負ってキープも出来るし、競り合いでは簡単に負けません。

でも、自分で前を向いてシュートまでいくことがほぼない…

こんな光景をちょいちょい見ます。

今は良いけど、長い目でみたら…。フィジカルでの優位性は年を追うごとに少しづつ縮まってきますからね。

やっぱりフォワードは点を取るのが1番の仕事です!

そこで、大事なこと。

 

マークを外す動き

サッカーではオフザボールの動きが重要だとよく言われますが、まさにそれです。

フォワードとしてはゴールに直結するための動き。

ゴールを決めるのに1番簡単な方法はゴール前でフリーになってシュートを打つことでしょう。

そのために、ゴール前のスペースにフリーで飛び込んでボールを受け、シュートを放つというイメージが必要ですね。

相手、ディフェンダーの裏を取るということです。

裏を取るにはマークについているディフェンダーとの駆け引きが重要。

ディフェンダーも裏は取らせまいと警戒していますので、そこをうまく駆け引きをしてとる。

それには様々な予備動作が必要です。ゴールを背に受ける振りをしたり、ダッシュ&ストップ&ゴーをしたり、味方とのワンツーを使ったり。

とにかく相手をあざむく動きが重要。

餌をまいておいて食いつかせた隙に、あばよってな感じ。

ちなみに、このようにディフェンダーの視野から消える動きをダイアゴナルと言います。

運動量とオフザボールの技術を駆使してマークを外しましょう!

それが出来るようになればゴール量産間違いなしです。

頑張ろう!Futuro futbolista!!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジュニアユースチームの選び方について

目次1 中学生になったらどこでサッカー続けようかな2 3年間通えるよね。試合にもたくさん出れる環境かな3 事前の情報収集活動は親子で3.1 関連 中学生になったらどこでサッカー続けようかな まずはここ …

自主性 ~できる子とできない子~

厳しい指導で有名なクラブチームでこんな話を聞きました。 忘れ物をすれば練習はさせてもらえない。遅刻も同様。コーチの話を聞いていなかったりすれば即ピッチから追い出される。 そういったチームです。 &nb …

サッカーノートのつけ方

目次1 サッカーノート2 「夢をかなえるサッカーノート」3 サッカーのノートの中身は?3.1 関連 サッカーノート 一度は耳にしたことがある人がほとんどではないでしょうか。 チームのコーチに言われて書 …

オスグッド、シーバー病に代表されるスポーツ障害の予防について

サッカーにはケガがつきもの。 取り分けケガの多いスポーツと言っても過言ではありません。 では、サッカーにおけるケガは防ぐ事が出来ないのでしょうか。   目次1 サッカーにおけるケガの種類2 …

リフティングはサッカーの練習に必要か?リフティングが出来るとサッカーは上手くなるの?

目次1 リフティングの重要性は賛否両論2 数から質へ2.0.1 目標達成→自信がつく2.0.2 利き足以外の色んなところで!3 どういうとこで生かされるか?3.1 関連 リフティングの重要性は賛否両論 …