ジュニア トレーニング

ゴールを奪うために必要な動き

投稿日:2017年11月22日 更新日:

最近の少年サッカーを観て思ったこと。

フォワードに身体の大きい子を置いて、その子目掛けてひたすら当てて、落としてを繰り返すチームが結構あること。

少年サッカーでは大人と子供ほどの体格差があることもしばしば。

もちろん、体格差があるのでディフェンダーを背負ってキープも出来るし、競り合いでは簡単に負けません。

でも、自分で前を向いてシュートまでいくことがほぼない…

こんな光景をちょいちょい見ます。

今は良いけど、長い目でみたら…。フィジカルでの優位性は年を追うごとに少しづつ縮まってきますからね。

やっぱりフォワードは点を取るのが1番の仕事です!

そこで、大事なこと。

 

マークを外す動き

サッカーではオフザボールの動きが重要だとよく言われますが、まさにそれです。

フォワードとしてはゴールに直結するための動き。

ゴールを決めるのに1番簡単な方法はゴール前でフリーになってシュートを打つことでしょう。

そのために、ゴール前のスペースにフリーで飛び込んでボールを受け、シュートを放つというイメージが必要ですね。

相手、ディフェンダーの裏を取るということです。

裏を取るにはマークについているディフェンダーとの駆け引きが重要。

ディフェンダーも裏は取らせまいと警戒していますので、そこをうまく駆け引きをしてとる。

それには様々な予備動作が必要です。ゴールを背に受ける振りをしたり、ダッシュ&ストップ&ゴーをしたり、味方とのワンツーを使ったり。

とにかく相手をあざむく動きが重要。

餌をまいておいて食いつかせた隙に、あばよってな感じ。

ちなみに、このようにディフェンダーの視野から消える動きをダイアゴナルと言います。

運動量とオフザボールの技術を駆使してマークを外しましょう!

それが出来るようになればゴール量産間違いなしです。

頑張ろう!Futuro futbolista!!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

天才サッカー少年 石井久継くんベルマーレへ越境入団!

少し前まではバルサからFC東京に行った久保くん、そしてレアルの中井くんが有名でした。そして今のジュニア年代では石井くんです。 メディアでもちょくちょく取り上げられています。 その石井くんが最近大きな決 …

リフティング練習で子供のやる気と自主性を高めよう

もうすぐ冬休み。 地域によりますが小学生なら2週間ほど休みになるところが多いでしょうか。 自主練させようかなと思う親御さんも多いことでしょう。 が、出来れば自主的に取り組んでほしいなと思いますよね。 …

第43回全日本U-12サッカー選手権大会予選

先日、今年も鹿児島で開催されることが発表されました。 今年はJビレッジかなとも思ったけど…   とにもかくにも、各地で熱い予選が始まりつつあります。 今年もまとめてみました。   …

新チームのコーチは?

この時期、ジュニアのチームは今年度最後の大会を戦っているチーム、もしくは既に新しい学年へ向けて新チームとして始動しているチームがいるのではないでしょうか。 6年生はジュニアとしてはラストスパート、そし …

ジュニアサッカーにおけるサイドコーチングについて

サイドコーチングとは、ピッチサイドから送られる指示や声援です。 チームとしてサイドコーチングはご遠慮くださいなんて事も良く聞く話です。 あまりいい意味で使われない言葉ですね。   目次1 白 …