ジュニア トレーニング

ゴールを奪うために必要な動き

投稿日:2017年11月22日 更新日:

最近の少年サッカーを観て思ったこと。

フォワードに身体の大きい子を置いて、その子目掛けてひたすら当てて、落としてを繰り返すチームが結構あること。

少年サッカーでは大人と子供ほどの体格差があることもしばしば。

もちろん、体格差があるのでディフェンダーを背負ってキープも出来るし、競り合いでは簡単に負けません。

でも、自分で前を向いてシュートまでいくことがほぼない…

こんな光景をちょいちょい見ます。

今は良いけど、長い目でみたら…。フィジカルでの優位性は年を追うごとに少しづつ縮まってきますからね。

やっぱりフォワードは点を取るのが1番の仕事です!

そこで、大事なこと。

 

マークを外す動き

サッカーではオフザボールの動きが重要だとよく言われますが、まさにそれです。

フォワードとしてはゴールに直結するための動き。

ゴールを決めるのに1番簡単な方法はゴール前でフリーになってシュートを打つことでしょう。

そのために、ゴール前のスペースにフリーで飛び込んでボールを受け、シュートを放つというイメージが必要ですね。

相手、ディフェンダーの裏を取るということです。

裏を取るにはマークについているディフェンダーとの駆け引きが重要。

ディフェンダーも裏は取らせまいと警戒していますので、そこをうまく駆け引きをしてとる。

それには様々な予備動作が必要です。ゴールを背に受ける振りをしたり、ダッシュ&ストップ&ゴーをしたり、味方とのワンツーを使ったり。

とにかく相手をあざむく動きが重要。

餌をまいておいて食いつかせた隙に、あばよってな感じ。

ちなみに、このようにディフェンダーの視野から消える動きをダイアゴナルと言います。

運動量とオフザボールの技術を駆使してマークを外しましょう!

それが出来るようになればゴール量産間違いなしです。

頑張ろう!Futuro futbolista!!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

休む勇気!

病気、けが。 練習を休まないと・・・、休ませないと・・・ どうしようかな・・・ こんな経験が誰しもあると思いますが、 迷わず休みましょう。休ませましょう。 無理しても良いことはありません。長い目で見て …

身体を柔らかくしよう!

身体って、誰でも柔らかくなるそうです。 先日、知り合いが前屈でまったく手が地面につかなかったらしいのですが、半年のストレッチで手のひらがつくようになったと聞きました。   そこで私も一念発起 …

相手をだます動きの大切さ

多くのスポーツに共通しているのが相手をだますというテクニック。 サッカーではとりわけこのテクニックが重要視されます。   1対1の基本 相手の逆を突く。要するに相手をだまして動き出すというこ …

自主性 ~できる子とできない子~

厳しい指導で有名なクラブチームでこんな話を聞きました。 忘れ物をすれば練習はさせてもらえない。遅刻も同様。コーチの話を聞いていなかったりすれば即ピッチから追い出される。 そういったチームです。 &nb …

チーム選びの参考に!ジュニアチームのコーチに思うこと。

目次1 試合中に怒鳴るコーチ2 ほめてくれるコーチ3 自分たちで考えさせる。自主性を伸ばす。4 選手はロボットじゃない4.1 関連 試合中に怒鳴るコーチ 以前、子供の試合でものすごくベンチで熱くなって …