ジュニア トレーニング

サッカーに役立つトレーニング 縄跳びのすすめ

投稿日:2017年11月19日 更新日:

これからの季節、学校の授業やチームのトレーニング、アップで縄跳びを行う子もいるのではないでしょうか。

J下部でも川崎フロンターレがよくやっているのを見かけます。

 

どんな効果があるの?

・足が速くなる

期待できる一番の効果は足が早くなるということです。スプリント力が強化されます。サッカーに限らず縄跳びをこの効果を期待してトレーニングする子も多いですね。

それでは、なぜすスプリント力強化につながるか。

縄跳びは、手と足を使いますので上半身と下半身の連動性向上につながるのと同時に、体幹を鍛えることにも役立ちます。

また、縄跳びをしているあいだは足が地面に接地する時間が短くなりますので、瞬発力を鍛えることにもなります。

ちなみに後ろ回しが一番効果的だそうです。
それと必ず正しい姿勢で飛ぶこと!まっすぐ背中が丸まったりしないことです。

そのほかは。

・前回し
・駆け足とび(1回)
・駆け足とび(2回)※ボクサーがよくやる片足2回づつ着くやり方
・2重飛び

 

・スタミナ

一定のリズムを保って、一定の時間続けます。この動作は有酸素運動になり、心肺機能が高まってスタミナアップ効果につながります。

トレーニング方法の例としては。

・1分70回程度を10分~20分繰り返す
・駆け足とびを5分間前後

 

・リズム感

一定のリズムでジャンプすることによって、自然とリズム感が養われます。

サッカーでもドリブルをするリズムは非常に重要です。
一定のリズムから急に変化を加えることでディフェンダーを抜き去ることも可能です。

トレーニング方法の例としては。

・2重飛び
・2重飛び1回+前回し1回の繰り返し
・駆け足とび(2回)※ボクサーがよくやる片足2回づつ着くやり方

 

学校に行く前の10分、15分だけでも続けることで、効果が現れるかもしれません。

頑張ろう!Futuro futbolista!!

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

神奈川県少年サッカー選手権決勝戦

「日産CUP争奪神奈川県少年サッカー選手権」を見てきました。 名前の如く、神奈川県のナンバーワンを決める大会。高学年(U-12)と低学年(U-10)の部に分かれて行われました。   神奈川県 …

ゴールを奪う決定力を養おう!

相手の裏をとりうまくフリーになったけど、打ったシュートはキーパー正面もしくはバーのはるか上へ・・・ これでは勝てませんね。 俗に言う、決定力不足ですね。 シュートを打つまでの動きは完璧。これはもったい …

ジュニアサッカーU-12年代の主要大会について

小学生年代みんなが目指す大きな大会ってどんなのがあるんだろう。 主要な大会をまとめてみました。   目次1 全国大会にはどうやって出る?いつある?1.0.1 JA全農杯チビリンピック1.0. …

ジュニアサッカーにおけるサイドコーチングについて

サイドコーチングとは、ピッチサイドから送られる指示や声援です。 チームとしてサイドコーチングはご遠慮くださいなんて事も良く聞く話です。 あまりいい意味で使われない言葉ですね。   目次1 白 …

ディフェンスにおける判断力向上を目指す!シナプソロジートレーニングを取り入れる。

息子の課題 ディフェンスにおける判断力。   厳密にいうと、「認知⇒判断⇒行動」この一連のスピードが遅い。 あとコンマ何秒早くなれば、今まで奪えなかったボールが奪えるようになると感じます。 …