ジュニア トレーニング

サッカーに役立つトレーニング 縄跳びのすすめ

投稿日:2017年11月19日 更新日:

これからの季節、学校の授業やチームのトレーニング、アップで縄跳びを行う子もいるのではないでしょうか。

J下部でも川崎フロンターレがよくやっているのを見かけます。

 

どんな効果があるの?

・足が速くなる

期待できる一番の効果は足が早くなるということです。スプリント力が強化されます。サッカーに限らず縄跳びをこの効果を期待してトレーニングする子も多いですね。

それでは、なぜすスプリント力強化につながるか。

縄跳びは、手と足を使いますので上半身と下半身の連動性向上につながるのと同時に、体幹を鍛えることにも役立ちます。

また、縄跳びをしているあいだは足が地面に接地する時間が短くなりますので、瞬発力を鍛えることにもなります。

ちなみに後ろ回しが一番効果的だそうです。
それと必ず正しい姿勢で飛ぶこと!まっすぐ背中が丸まったりしないことです。

そのほかは。

・前回し
・駆け足とび(1回)
・駆け足とび(2回)※ボクサーがよくやる片足2回づつ着くやり方
・2重飛び

 

・スタミナ

一定のリズムを保って、一定の時間続けます。この動作は有酸素運動になり、心肺機能が高まってスタミナアップ効果につながります。

トレーニング方法の例としては。

・1分70回程度を10分~20分繰り返す
・駆け足とびを5分間前後

 

・リズム感

一定のリズムでジャンプすることによって、自然とリズム感が養われます。

サッカーでもドリブルをするリズムは非常に重要です。
一定のリズムから急に変化を加えることでディフェンダーを抜き去ることも可能です。

トレーニング方法の例としては。

・2重飛び
・2重飛び1回+前回し1回の繰り返し
・駆け足とび(2回)※ボクサーがよくやる片足2回づつ着くやり方

 

学校に行く前の10分、15分だけでも続けることで、効果が現れるかもしれません。

頑張ろう!Futuro futbolista!!

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

こどもの判断する機会を奪ってはいけない!

最近思うこと。 こどもには出来る限り判断する機会を多く与えよう。   というのも、二人いる息子に判断力の違いがあることが最近良く分かってきました。   目次1 長男と次男の違い2 …

第41回全日本少年サッカー大会 ベスト8出揃う!

昨日から始まった全少。 あっとう間に今日でベスト8が出揃いました。 今年も熱い戦いが繰り広げられています。   ベスト8進出チーム ラウンド16の結果。 Jフィールド津山SC(岡山県) 2ー …

強いボールを蹴るために

小学生で強いボールを蹴れる子はやっぱり目立ちますし、チームの中心選手も多いような気がします。 小学生のうちは蹴れなくても、中学生、高校生になって身体も大きくなれば自然と蹴れるようになるから… なんて言 …

トレセンについて(ジュニア編)

目次1 トレセンって何?2 目的、制度は?2.0.1 目的について2.0.2 制度について3 ナショナルトレセンU-124 JFAフットボールフューチャープログラム(FFP)5 地区トレセン5.1 関 …

天才サッカー少年 石井久継くんベルマーレへ越境入団!

少し前まではバルサからFC東京に行った久保くん、そしてレアルの中井くんが有名でした。そして今のジュニア年代では石井くんです。 メディアでもちょくちょく取り上げられています。 その石井くんが最近大きな決 …