ジュニア トレーニング

アジリティを高めるトレーニング

投稿日:2017年11月15日 更新日:

アジリティって?

アジリティとは直訳すると敏捷性となります。

では敏捷性とは?

簡単に言うと機敏さですね。速くそして、正確に動くと言う意味です。

早いだけではNG。そこに正確さが加わります。

サッカーでは50メートル走や100メートル走が早い必要はありません。

5メートル、10メートルといった短距離を速く走り、時には急な方向転換でもスピードを落とさないことが必要です。

また、スピードの緩急をつけて方向転換したりすることも必要になります。

これらの動きに、アジリティ能力が大変重要だと言われています。

アジリティを高めれば動作がスムーズになり、サッカーとして理想な動きが出来るようになります。

 

ラダートレーニング

アジリティを高めるには神経系のフィジカルトレーニングを行うことで鍛えられると言われています。

そこで最適なのがラダートレーニングです。

ラダーとは梯子という意味。梯子の形をした器具で様々なステップを踏むトレーニングです。

これらのトレーニングでは何が重要かというと、規則的で複雑なステップを正確に素早く行うことです。

繰り返し行うことで、脳から神経を通り筋肉に伝達されるスピードが鍛えられます。

反射神経を鍛えると言っても良いですね。

1番効果があるのはジュニア年代

この神経系の発達は12歳まででほぼ100%に達するようです。

ですので、1番効果が期待できるのはよく言われるゴールデンエイジの世代。つまり、ジュニア世代です。

1日10分程度の遊び感覚でやるのも良いでしょう。

youtube等でもたくさん紹介されていますので、色々なステップに挑戦して楽しみながら行えます。

ボールを使う自主トレに行き詰まったり飽きた時の気分転換にも良いです。

ちなみにラダーはそんなに高いものではありません。うちは室内用と屋外用で2セット持っています。

是非、行ってみてください。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

試合中に声を出す大切さ

ピッチサイドからも「声出して~!」なんて声援をよく聞きます。 なぜ試合中に声を出さなければいけないのか? 元気よく試合を行うため? まあ、それもありますが・・・   目次1 ポジティブなコー …

第41回全日本少年サッカー大会 ベスト8出揃う!

昨日から始まった全少。 あっとう間に今日でベスト8が出揃いました。 今年も熱い戦いが繰り広げられています。   ベスト8進出チーム ラウンド16の結果。 Jフィールド津山SC(岡山県) 2ー …

ジュニアユースチームの選び方について③チーム名だけで決めるのは危険

この時期、6年生の話題はもっぱらジュニアユースセレクションなんてチームも多いでしょう。 何度かこのブログでも触れましたが、今回は入団して失敗したというお話です。 チーム名だけで決めない 地元では名の知 …

ディフェンスにおける判断力向上を目指す!シナプソロジートレーニングを取り入れる。

息子の課題 ディフェンスにおける判断力。   厳密にいうと、「認知⇒判断⇒行動」この一連のスピードが遅い。 あとコンマ何秒早くなれば、今まで奪えなかったボールが奪えるようになると感じます。 …

冬の王者(まとめ)

この冬に決まった各カテゴリーの王者をまとめてみました。   目次1 JFA 全日本U-12サッカー選手権大会2 高円宮杯 JFA 全日本U-15サッカー選手権大会3 高円宮杯 JFA U-1 …