ジュニア トレーニング

アジリティを高めるトレーニング

投稿日:2017年11月15日 更新日:

アジリティって?

アジリティとは直訳すると敏捷性となります。

では敏捷性とは?

簡単に言うと機敏さですね。速くそして、正確に動くと言う意味です。

早いだけではNG。そこに正確さが加わります。

サッカーでは50メートル走や100メートル走が早い必要はありません。

5メートル、10メートルといった短距離を速く走り、時には急な方向転換でもスピードを落とさないことが必要です。

また、スピードの緩急をつけて方向転換したりすることも必要になります。

これらの動きに、アジリティ能力が大変重要だと言われています。

アジリティを高めれば動作がスムーズになり、サッカーとして理想な動きが出来るようになります。

 

ラダートレーニング

アジリティを高めるには神経系のフィジカルトレーニングを行うことで鍛えられると言われています。

そこで最適なのがラダートレーニングです。

ラダーとは梯子という意味。梯子の形をした器具で様々なステップを踏むトレーニングです。

これらのトレーニングでは何が重要かというと、規則的で複雑なステップを正確に素早く行うことです。

繰り返し行うことで、脳から神経を通り筋肉に伝達されるスピードが鍛えられます。

反射神経を鍛えると言っても良いですね。

1番効果があるのはジュニア年代

この神経系の発達は12歳まででほぼ100%に達するようです。

ですので、1番効果が期待できるのはよく言われるゴールデンエイジの世代。つまり、ジュニア世代です。

1日10分程度の遊び感覚でやるのも良いでしょう。

youtube等でもたくさん紹介されていますので、色々なステップに挑戦して楽しみながら行えます。

ボールを使う自主トレに行き詰まったり飽きた時の気分転換にも良いです。

ちなみにラダーはそんなに高いものではありません。うちは室内用と屋外用で2セット持っています。

是非、行ってみてください。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

第41回全日本少年サッカー大会 優勝はセレッソ大阪!

まずは結果から。   ■決勝 セレッソ大阪(大阪府) 2ー1 北海道コンサドーレ札幌(北海道)   後半に入って先制したのはコンサドーレでしたが、セレッソが2点を返して逆転勝ちをお …

ボディコンタクト、身体をぶつけることが苦手な子へ

必ず求められる要素 日本代表ハリルホジッチ監督が使うことで良く聞くようになったデュエル。 要は「球際の強さ」 これは今や常識。 どの選手、どのポジションでも求められます。   ここでジュニア …

サッカースクールの選び方について(春休み、新学年に向けて)

6年生はもう少しで卒団、その他の学年ももう少しで新チーム、新学年ですね。 そんな中、各スクールでは春休みの短期スクールや新年度のスクール生募集などの広告を数多く打っていますね。 そんな時期です。 &n …

サッカーで両利き、両足が蹴れる人は圧倒的有利

目次1 フリーだったのに・・・2 プレーの幅が増える3 小さい頃から効き足以外を使ってみる3.1 関連 フリーだったのに・・・ 両足が自由に蹴れる人にどれだけ憧れたことか… ゴール前でフリーになった。 …

ゴールを奪うために必要な動き

最近の少年サッカーを観て思ったこと。 フォワードに身体の大きい子を置いて、その子目掛けてひたすら当てて、落としてを繰り返すチームが結構あること。 少年サッカーでは大人と子供ほどの体格差があることもしば …