ジュニア

フットサルがサッカーに役立つ理由

投稿日:2017年11月14日 更新日:

チーム内でフットサルをやってる子も多いのではないでしょうか?

ではなぜフットサルをやるのか?サッカーにどのように役立つのか?

これからフットサルをやってみようかなという人は参考にしてみてください。

ちなみに、ネイマール選手に代表されるように強豪国の多くの選手もフットサルを経験しています。特にブラジルではサッカーと並行して練習することが多いようですよ。

 

サッカーに役立つこと

1.細かなボールタッチ

サッカーに比べてコートも狭いですし、スペースもありません。

ドリブルなどのボールタッチは細かくそして、多くしていかなければなりません。

繰り返し練習することで必然的にドリブルが上達して、1対1での駆け引きも身につきます。

そして、細かなドリブルはボールタッチも柔らかくしてくれるでしょう。

 

2.足裏の使い方

フットサルではボールを足裏でコントロールして止めたり、動かしたりします。

これもスペースのないところや、相手との駆け引きでよく使われます。

足裏でコントロールして止めた場合、360度どの方向にもボールを動かしたり、運べたりできます。

引く、押す、左、右のように。

これは足裏でしか出来ません。

 

3.スペースの使い方、作り方

フットサルはサッカーと比べ物にならないほど狭いコートでプレーします。

ですので、常に相手マークを外す動きや味方にスペースを作る動きが重要で意識しなければなりません。

サッカーでも狭いスペースや早いプレッシャーのかかった状況で非常に役に立ちます。

 

4.切り替えのスピード

フットサルは非常に攻守の切り替えスピードが重要です。

この辺はバスケットに近いですね。

ボーとしていればやられてしまいます。

この辺の頭の切り替え、動きの切り替えスピードがフットサルで身につけば、サッカーでも役に立つこと間違いなしです。

カウンターで相手を翻弄することも可能になってきます。

 

5.パスの精度とスピード

フットサルではコートが狭くスペースもあまりないので、パスがずれたり、パススピードが遅かったりすれば、すぐに相手ボールになる危険性があります。

ですので常に狙った場所に蹴れる技術と、パススピードが重要です。

フットサルを行うことによってこの辺の意識が向上して上達するでしょう。

 

うちの子も相手が寄せてきた時の引き技でかわす動きや、狭いスペースでのダブルタッチなどはジュニア時代にフットサルを並行してプレーしていたおかげで身についたものと思います。

このように、フットサルを並行してプレーすることは技術を高めたり、プレーの幅を広げたりするのにオススメです!

がんばろう!futuro futbolista!!

 

共感頂けた方は私のブログを書くモチベーションにワンクリックを!
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サッカーに役立つトレーニング 縄跳びのすすめ

これからの季節、学校の授業やチームのトレーニング、アップで縄跳びを行う子もいるのではないでしょうか。 J下部でも川崎フロンターレがよくやっているのを見かけます。   目次1 どんな効果がある …

怪我はしっかり直してから!

サッカーをしていれば怪我はつきもの。 お子さんが怪我をしたことがある方も多いのでないでしょうか。   クラブチームのチームドクター曰く、多くの人が完全に治りきらないうちに復帰をしてしまうケー …

強いボールを蹴るために

小学生で強いボールを蹴れる子はやっぱり目立ちますし、チームの中心選手も多いような気がします。 小学生のうちは蹴れなくても、中学生、高校生になって身体も大きくなれば自然と蹴れるようになるから… なんて言 …

新チームのコーチは?

この時期、ジュニアのチームは今年度最後の大会を戦っているチーム、もしくは既に新しい学年へ向けて新チームとして始動しているチームがいるのではないでしょうか。 6年生はジュニアとしてはラストスパート、そし …

ジュニアユース選び 『中学サッカー進路ナビ』が発売

これは斬新! その名も「中学サッカー進路ナビ」   10月1日発売 先日WEBで知りました。 私もブログで何度か記事にしました。 中学生になってからどこでサッカーをやるのか? 長いサッカー人 …