ジュニア

フットサルがサッカーに役立つ理由

投稿日:2017年11月14日 更新日:

チーム内でフットサルをやってる子も多いのではないでしょうか?

ではなぜフットサルをやるのか?サッカーにどのように役立つのか?

これからフットサルをやってみようかなという人は参考にしてみてください。

ちなみに、ネイマール選手に代表されるように強豪国の多くの選手もフットサルを経験しています。特にブラジルではサッカーと並行して練習することが多いようですよ。

 

サッカーに役立つこと

1.細かなボールタッチ

サッカーに比べてコートも狭いですし、スペースもありません。

ドリブルなどのボールタッチは細かくそして、多くしていかなければなりません。

繰り返し練習することで必然的にドリブルが上達して、1対1での駆け引きも身につきます。

そして、細かなドリブルはボールタッチも柔らかくしてくれるでしょう。

 

2.足裏の使い方

フットサルではボールを足裏でコントロールして止めたり、動かしたりします。

これもスペースのないところや、相手との駆け引きでよく使われます。

足裏でコントロールして止めた場合、360度どの方向にもボールを動かしたり、運べたりできます。

引く、押す、左、右のように。

これは足裏でしか出来ません。

 

3.スペースの使い方、作り方

フットサルはサッカーと比べ物にならないほど狭いコートでプレーします。

ですので、常に相手マークを外す動きや味方にスペースを作る動きが重要で意識しなければなりません。

サッカーでも狭いスペースや早いプレッシャーのかかった状況で非常に役に立ちます。

 

4.切り替えのスピード

フットサルは非常に攻守の切り替えスピードが重要です。

この辺はバスケットに近いですね。

ボーとしていればやられてしまいます。

この辺の頭の切り替え、動きの切り替えスピードがフットサルで身につけば、サッカーでも役に立つこと間違いなしです。

カウンターで相手を翻弄することも可能になってきます。

 

5.パスの精度とスピード

フットサルではコートが狭くスペースもあまりないので、パスがずれたり、パススピードが遅かったりすれば、すぐに相手ボールになる危険性があります。

ですので常に狙った場所に蹴れる技術と、パススピードが重要です。

フットサルを行うことによってこの辺の意識が向上して上達するでしょう。

 

うちの子も相手が寄せてきた時の引き技でかわす動きや、狭いスペースでのダブルタッチなどはジュニア時代にフットサルを並行してプレーしていたおかげで身についたものと思います。

このように、フットサルを並行してプレーすることは技術を高めたり、プレーの幅を広げたりするのにオススメです!

がんばろう!futuro futbolista!!

 

共感頂けた方は私のブログを書くモチベーションにワンクリックを!
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

休む勇気!

病気、けが。 練習を休まないと・・・、休ませないと・・・ どうしようかな・・・ こんな経験が誰しもあると思いますが、 迷わず休みましょう。休ませましょう。 無理しても良いことはありません。長い目で見て …

選手は将棋の駒ではない

冬休みにとあるジュニアの大会を観戦しました。 毎年、非常に高いレベルのチームが集まり楽しませてくれます。 そこで、強豪と言われる街クラブの試合を3試合ほど見させてもらって思ったことが一つ。 選手は試合 …

サッカーは見て学ぶことも大事

サッカーをやるのは好きだけど、見るのは好きじゃない。 そんな子も少なくないでしょう。   生で観戦するメリット テレビではよく見るけどスタジアムにはあまり行かない。 そんな子たちにもたまには …

チーム活動再開に向けて!

新型コロナウイルスの感染防止に伴い、チーム活動やスクール活動の休止状態が続いていますね。 早くみんなで練習したいと体がウズウズしている少年たちも多いことでしょう。   そこで、今回は身近な場 …

ジュニアサッカーにおけるサイドコーチングについて

サイドコーチングとは、ピッチサイドから送られる指示や声援です。 チームとしてサイドコーチングはご遠慮くださいなんて事も良く聞く話です。 あまりいい意味で使われない言葉ですね。   目次1 白 …