ジュニア

PKを蹴る時のポイント

投稿日:

ジュニアの試合でPK合戦まで行くとあとは運だと思うことありますよね。

ただし、狙った場所にしっかり蹴れればほぼ入るのがPK。

あとは平常心で蹴れるかどうか。

キーパーとの駆け引きなんてのはジュニアの試合では必要ないでしょう。

しつこいですが、しっかり蹴れるかどうかがすべてです。

全日本の予選も真っただ中、PKで決着するなんていう公式戦も増えてくるでしょう。
たまにはPKの練習も良いと思います。

この時期は行うチームも多いかな。

では、どこがポイントなのか。良くない例をいくつか上げます。

 

こんな選手は外す

何度もPK合戦を見てきて、蹴る直前に「あっ、この選手外すな」って思うとだいたい当たります。

ほんとなんです。ちょっとした特技です。

こんな選手です。

  • ペナルティスポットにボールを足、もしくは片手でセットする選手

慌てて足や手で雑にセットしている選手ですね。

PKを蹴る際は、落ち着いて平常心で蹴ることが重要です。決して慌てず、自分のペースで準備して蹴る。

蹴るまでのルーチン決めるとよいと思います。

既に決まっている選手もいるでしょう。

そういった意味でも、ボールのセットはしっかり両手で丁寧に行うことが重要です。

セットしながら気持ちを落ち着かせて集中するのが良いでしょう。

  • ペナルティスポットへのボールセットを自分で行わない

そんな選手いる?

いるんです。ジュニアの試合では時々見ますよ。

相手キーパーもしくは味方キーパーが持ってきて、ペナルティスポットにセットして行くなんて感じです。

で、そのままセットし直さないで蹴るみたいな…

これもしっかり自分の手でセットしましょう。

 

以上の2つは見ていて、外しそうだなって感じがにじみ出ています。

共通するのは落ち着いて自分のペースで蹴れていないということです。

メンタル部分が大きいですね。

誰にも邪魔されないで蹴れるわけですから、集中してしっかり落ち着いて蹴りましょう。

そうすればほとんど入ります!

がんばろう!Futuro futbolista!!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

こどもの判断する機会を奪ってはいけない!

最近思うこと。 こどもには出来る限り判断する機会を多く与えよう。   というのも、二人いる息子に判断力の違いがあることが最近良く分かってきました。   目次1 長男と次男の違い2 …

試合中に声を出す大切さ

ピッチサイドからも「声出して~!」なんて声援をよく聞きます。 なぜ試合中に声を出さなければいけないのか? 元気よく試合を行うため? まあ、それもありますが・・・   目次1 ポジティブなコー …

身体を柔らかくしよう!

身体って、誰でも柔らかくなるそうです。 先日、知り合いが前屈でまったく手が地面につかなかったらしいのですが、半年のストレッチで手のひらがつくようになったと聞きました。   そこで私も一念発起 …

ジュニアサッカーU-12年代の主要大会について

小学生年代みんなが目指す大きな大会ってどんなのがあるんだろう。 主要な大会をまとめてみました。   目次1 全国大会にはどうやって出る?いつある?1.0.1 JA全農杯チビリンピック1.0. …

色々なポジションを経験しよう

ひとつのポジションにこだわる危険性 少年サッカーでは現在、8人制が主流です。   フォーメーションも3-3-1だったり、2-4-1だったり様々な形がありますね。ポジションも様々です。 &nb …