ジュニア

PKを蹴る時のポイント

投稿日:

ジュニアの試合でPK合戦まで行くとあとは運だと思うことありますよね。

ただし、狙った場所にしっかり蹴れればほぼ入るのがPK。

あとは平常心で蹴れるかどうか。

キーパーとの駆け引きなんてのはジュニアの試合では必要ないでしょう。

しつこいですが、しっかり蹴れるかどうかがすべてです。

全日本の予選も真っただ中、PKで決着するなんていう公式戦も増えてくるでしょう。
たまにはPKの練習も良いと思います。

この時期は行うチームも多いかな。

では、どこがポイントなのか。良くない例をいくつか上げます。

 

こんな選手は外す

何度もPK合戦を見てきて、蹴る直前に「あっ、この選手外すな」って思うとだいたい当たります。

ほんとなんです。ちょっとした特技です。

こんな選手です。

  • ペナルティスポットにボールを足、もしくは片手でセットする選手

慌てて足や手で雑にセットしている選手ですね。

PKを蹴る際は、落ち着いて平常心で蹴ることが重要です。決して慌てず、自分のペースで準備して蹴る。

蹴るまでのルーチン決めるとよいと思います。

既に決まっている選手もいるでしょう。

そういった意味でも、ボールのセットはしっかり両手で丁寧に行うことが重要です。

セットしながら気持ちを落ち着かせて集中するのが良いでしょう。

  • ペナルティスポットへのボールセットを自分で行わない

そんな選手いる?

いるんです。ジュニアの試合では時々見ますよ。

相手キーパーもしくは味方キーパーが持ってきて、ペナルティスポットにセットして行くなんて感じです。

で、そのままセットし直さないで蹴るみたいな…

これもしっかり自分の手でセットしましょう。

 

以上の2つは見ていて、外しそうだなって感じがにじみ出ています。

共通するのは落ち着いて自分のペースで蹴れていないということです。

メンタル部分が大きいですね。

誰にも邪魔されないで蹴れるわけですから、集中してしっかり落ち着いて蹴りましょう。

そうすればほとんど入ります!

がんばろう!Futuro futbolista!!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

体幹トレーニング マッサージ効果もあるバランスディスクを家族で使用中

体幹トレーニングといえば長友選手が紹介するような寝そべって行うものや、両足を着いてチューブを使ったものが有名ですが、今回紹介するのは片足で行うトレーニングです。 バランスディスクというものを使います。 …

ジュニアユースセレクション日程(J下部編)

3月に入り、卒団式を終えて新チームが始動しているチームも多いことでしょう。 そして5年生にとってはいよいよ少年サッカー最終年です。 となれば次に考えなければいけないことは、中学生になってどこでサッカー …

新チームのコーチは?

この時期、ジュニアのチームは今年度最後の大会を戦っているチーム、もしくは既に新しい学年へ向けて新チームとして始動しているチームがいるのではないでしょうか。 6年生はジュニアとしてはラストスパート、そし …

アジリティを高めるトレーニング

目次1 アジリティって?2 ラダートレーニング3 1番効果があるのはジュニア年代3.1 関連 アジリティって? アジリティとは直訳すると敏捷性となります。 では敏捷性とは? 簡単に言うと機敏さですね。 …

第43回全日本U-12サッカー選手権大会予選

先日、今年も鹿児島で開催されることが発表されました。 今年はJビレッジかなとも思ったけど…   とにもかくにも、各地で熱い予選が始まりつつあります。 今年もまとめてみました。   …