ジュニア

相手をだます動きの大切さ

投稿日:2017年11月8日 更新日:

多くのスポーツに共通しているのが相手をだますというテクニック。
サッカーではとりわけこのテクニックが重要視されます。

 

1対1の基本

相手の逆を突く。要するに相手をだまして動き出すということですね。

これは1対1に勝つためのもっとも重要なテクニックと言ってよいでしょう。

相手と駆け引きをして、右に動き出すように見せて左に抜く。といった感じです。

これは足元だけでフェイントを掛けるだけでは不十分です。体全体、特に上半身を使用することが大切です。こういったボディフェイントがうまいのがメッシ。

メッシと言えば足元に吸い付くような小刻みなドリブルが印象的ですが、それだけではあそこまでの得点は奪えないでしょう。何がすごいって、以外にも知られていないかもしれませんがボディフェイントだと言われています。

 

動画を見ると分かりますが、そんなに大げさなフェイントをしている訳ではありません。一瞬の動きで相手の重心をずらして抜き去ります。必要最低限の動きと言ったところでしょうか。

ということで、スピードだけで抜いている訳ではありません。しいて言えば、思考と判断のスピードがずば抜けていますよね。

 

オフザボールでの駆け引き

ボールを持っていない時も相手をだます駆け引きは重要です。

見方に寄ってボールを受けるふりをして裏でもらう、というように自分のマークをうまく外す動きですね。
その逆もあります。

ドリブルと同じように相手の逆を取ることが重要です。

ボールを受ける動き以外にも駆け引きがあります。

わざと自分をマークさせて動きながら、見方に自分がいたスペースを使わせるようなときです。

このように常に相手をだましながら逆を取る意識がサッカーでは重要ですね。

相手をだますというと教育的にはよく聞こえませんが、サッカーではこの能力=ずる賢さを思う存分に発揮させる必要があります。

普段の生活では怒られるようなずる賢さはサッカーでは重要なスキルです。

サッカーのうまい子を見るとやんちゃな子が多い気がするのもそのせいでしょうか(笑)

がんばろう!Futuro futbolista!!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サッカーは見て学ぶことも大事

サッカーをやるのは好きだけど、見るのは好きじゃない。 そんな子も少なくないでしょう。   生で観戦するメリット テレビではよく見るけどスタジアムにはあまり行かない。 そんな子たちにもたまには …

怪我はしっかり直してから!

サッカーをしていれば怪我はつきもの。 お子さんが怪我をしたことがある方も多いのでないでしょうか。   クラブチームのチームドクター曰く、多くの人が完全に治りきらないうちに復帰をしてしまうケー …

ジュニア用スパイクの選び方について

いつ頃から履くのが良いか 最初よく分からないですよね。スパイク履かないと試合に出れないわけじゃないし。ちなみにうちの子たちは小学2年生か3年生頃から試合の時だけ履き始めました。平日は練習場がスパイク禁 …

8人制サッカーについて考える…

私が少年サッカーの公式戦を始めてみた時、まず驚いたのは「あれっ11人じゃないんだ?」でした。 今でも経緯を知らない人から見れば疑問に感じる人も少なくないと思います。 私的には、11人制との並行プレーや …

アジリティを高めるトレーニング

目次1 アジリティって?2 ラダートレーニング3 1番効果があるのはジュニア年代3.1 関連 アジリティって? アジリティとは直訳すると敏捷性となります。 では敏捷性とは? 簡単に言うと機敏さですね。 …