ジュニアユース選び

ジュニアユースチームの選び方について②

投稿日:2017年11月2日 更新日:

ジュニアユースの選び方については以前も書いたのですが、ここでは入団してからの活動内容について取り上げてみます。

ちなみに以前の記事はこちら

 

入団人数について

チームによって入団人数は違います。J下部であればひと学年は20名前後、その他のクラブは20名から多いチームは50名近くの大所帯も。

コーチの人数によりますが、どれだけコーチに見てもらえるかは考えた方が良いでしょう。大所帯のチームで限られたメンバーしか見てもらえないなんて話も聞いたことがありますので…

ボールに触る機会、コーチに見てもらえる機会の多いチームの方が絶対良いです。

以前も書きましたが練習を見に行きましょう!そして出来れば現役選手やその親御さんからの情報を入手しましょう。

 

公式戦は2チーム構成

2チーム構成とは、ひと学年で2チーム作って公式戦に参加することです。

Aチーム、Bチームのようにメンバーを分けて出場する。ですので週末の公式戦開催日は別々に行動をします。

ここでのメリットは、何といっても試合経験が多く積めるということです。

例えば30人いるチームがあるとします。1チーム構成であれば19人がベンチもしくはベンチ外にいることになりますね。交代で出場したとしても半数は試合に出れないでしょう。

それに比べて2チーム構成では、交代も含めれば全員が試合に出場する事が出来ると思います。
ただし、コーチも二人は必要ですが。

最近、このようにして選手に出場機会を確保してチーム力底上げを図っているクラブも増えてきた気がします。

そしてもう一つのメリットは選手のモチベーション維持です。

1チーム構成では毎回試合に出れない子も増えてくるでしょう。そうなればモチベーションにも影響が出るのは必至です。試合に出れるように自分をアピールするにも大人数での練習に限られてくるのです。

2チーム構成ではBチームの選手も試合に出ながら頑張ってAチーム入りするぞ!というようなモチベーションが生まれますね。試合の中でアピールをして成長もできる。

これは大きな差だと感じます。

事前調査でこの辺は調べておく必要があります。

チームHPや各都道府県、地域の協会HPを見れば所属リーグやカテゴリーも分かると思います。

是非ともチェックしてみて下さい!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニアユース選び

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジュニアユースチームの選び方について③チーム名だけで決めるのは危険

この時期、6年生の話題はもっぱらジュニアユースセレクションなんてチームも多いでしょう。 何度かこのブログでも触れましたが、今回は入団して失敗したというお話です。 チーム名だけで決めない 地元では名の知 …

ジュニアユースチームの選び方について(まとめ)

小学校を卒業したらどこでサッカーを続けるか? 6年生はそんな話題が出ている頃ではないでしょうか。 以前の記事も含めてまとめてみました。   目次1 部活 or クラブチーム ?1.1 部活と …

ジュニアユースチームの選び方について

目次1 中学生になったらどこでサッカー続けようかな2 3年間通えるよね。試合にもたくさん出れる環境かな3 事前の情報収集活動は親子で3.1 関連 中学生になったらどこでサッカー続けようかな まずはここ …

J下部ジュニアユースに入るには

ジュニアユース選び。 経験した人もいれば、まさに真っ只中の人もいるでしょう。 プロサッカー選手を目指して頑張っている子の最初の分岐点と言っても良いかもしれません。 プロになるための近道としてまずはJ下 …

ジュニアユースセレクション-落ちても気にするな-

落ちても気にするな! 悔しいけど気にするな! そのチームが探してた選手に合わなかっただけ。 以前も書きましたが、セレクションでは取る選手が少なく、ある程度タイプを絞って見ている可能性があります。 サイ …