ジュニア

ジュニアサッカーにおけるサイドコーチングについて

投稿日:2017年10月26日 更新日:

サイドコーチングとは、ピッチサイドから送られる指示や声援です。

チームとしてサイドコーチングはご遠慮くださいなんて事も良く聞く話です。

あまりいい意味で使われない言葉ですね。

 

白熱する親

すごいチームを見たことがあります!ピッチサイドから、「おら行け〜!」だの、「何やってんだよ〜!」しまいにはレフリーに向かって「今のファールだろ!」なんて。しかも、1人や2人じゃない、4、5人の親が固まって騒いでる。それもみんなお母さんです…

正直、そのゲームはピッチの子供達よりサイドのお母さんたちが主役でした。みんな見てましたからね(笑)

ほんとにすごかったんです。一番印象的だったのは倒された子が倒した子に砂を投げつけたとこ。もちろんレフリーは倒されて砂を投げた子にイエローカード!

その瞬間、ピッチサイドのモンスター軍団、「なんでイエローなんだよ!ふざけんなよ!倒した方が悪いんだろ!」

あかーん!!完全にいっちゃってます(笑)

 

サイドコーチングをルール化

先日こんな記事をみました。

イングランドのマンチェスターでジュニア年代の育成を改善するため新ルールを試行し始めたと。

その中にサイレント・サイドライン・ルールというのがありました。

観客は両チームに拍手を行うことは勧められるが、叫んだり呼びかけたりしてはいけない。

サッカー発祥の地イングランドでも問題視されているんですね〜。ルール化しちゃうところがすごい。

子供たちの判断機会を奪うようなコーチングはやめましょうということですね。

 

良いサイドコーチング

ピッチサイドで応援する親はやっぱりポジティブな声がけを心がけましょう!

ナイスプレー!ナイスシュート!

そして何よりチームを応援することが大事ですね。

当たり前ですが、なかなか難しい。どうしても自分の子を中心に見ちゃいますからね。勝っていても自分の子が出ていなかったり、不甲斐ないとなかなか喜べない・・・

でもここは大人になって。子供も見てますし。

これからも温かく見守っていきましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴールを奪う決定力を養おう!

相手の裏をとりうまくフリーになったけど、打ったシュートはキーパー正面もしくはバーのはるか上へ・・・ これでは勝てませんね。 俗に言う、決定力不足ですね。 シュートを打つまでの動きは完璧。これはもったい …

サッカースクールの選び方について(春休み、新学年に向けて)

6年生はもう少しで卒団、その他の学年ももう少しで新チーム、新学年ですね。 そんな中、各スクールでは春休みの短期スクールや新年度のスクール生募集などの広告を数多く打っていますね。 そんな時期です。 &n …

怪我はしっかり直してから!

サッカーをしていれば怪我はつきもの。 お子さんが怪我をしたことがある方も多いのでないでしょうか。   クラブチームのチームドクター曰く、多くの人が完全に治りきらないうちに復帰をしてしまうケー …

選手は将棋の駒ではない

冬休みにとあるジュニアの大会を観戦しました。 毎年、非常に高いレベルのチームが集まり楽しませてくれます。 そこで、強豪と言われる街クラブの試合を3試合ほど見させてもらって思ったことが一つ。 選手は試合 …

相手をだます動きの大切さ

多くのスポーツに共通しているのが相手をだますというテクニック。 サッカーではとりわけこのテクニックが重要視されます。   1対1の基本 相手の逆を突く。要するに相手をだまして動き出すというこ …