ジュニア

ジュニアサッカーにおけるサイドコーチングについて

投稿日:2017年10月26日 更新日:

サイドコーチングとは、ピッチサイドから送られる指示や声援です。

チームとしてサイドコーチングはご遠慮くださいなんて事も良く聞く話です。

あまりいい意味で使われない言葉ですね。

 

白熱する親

すごいチームを見たことがあります!ピッチサイドから、「おら行け〜!」だの、「何やってんだよ〜!」しまいにはレフリーに向かって「今のファールだろ!」なんて。しかも、1人や2人じゃない、4、5人の親が固まって騒いでる。それもみんなお母さんです…

正直、そのゲームはピッチの子供達よりサイドのお母さんたちが主役でした。みんな見てましたからね(笑)

ほんとにすごかったんです。一番印象的だったのは倒された子が倒した子に砂を投げつけたとこ。もちろんレフリーは倒されて砂を投げた子にイエローカード!

その瞬間、ピッチサイドのモンスター軍団、「なんでイエローなんだよ!ふざけんなよ!倒した方が悪いんだろ!」

あかーん!!完全にいっちゃってます(笑)

 

サイドコーチングをルール化

先日こんな記事をみました。

イングランドのマンチェスターでジュニア年代の育成を改善するため新ルールを試行し始めたと。

その中にサイレント・サイドライン・ルールというのがありました。

観客は両チームに拍手を行うことは勧められるが、叫んだり呼びかけたりしてはいけない。

サッカー発祥の地イングランドでも問題視されているんですね〜。ルール化しちゃうところがすごい。

子供たちの判断機会を奪うようなコーチングはやめましょうということですね。

 

良いサイドコーチング

ピッチサイドで応援する親はやっぱりポジティブな声がけを心がけましょう!

ナイスプレー!ナイスシュート!

そして何よりチームを応援することが大事ですね。

当たり前ですが、なかなか難しい。どうしても自分の子を中心に見ちゃいますからね。勝っていても自分の子が出ていなかったり、不甲斐ないとなかなか喜べない・・・

でもここは大人になって。子供も見てますし。

これからも温かく見守っていきましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

こどもの判断する機会を奪ってはいけない!

最近思うこと。 こどもには出来る限り判断する機会を多く与えよう。   というのも、二人いる息子に判断力の違いがあることが最近良く分かってきました。   目次1 長男と次男の違い2 …

指導者の資質について

今やスポーツ界を飛び越え社会的問題となっている日大アメフト部。 指導者とはいったいどうあるべきなのか…   スポーツ界全体の問題、課題 一連の報道を聞けば聞くほど大学の世界でも監督、コーチに …

オスグッド、シーバー病に代表されるスポーツ障害の予防について

サッカーにはケガがつきもの。 取り分けケガの多いスポーツと言っても過言ではありません。 では、サッカーにおけるケガは防ぐ事が出来ないのでしょうか。   目次1 サッカーにおけるケガの種類2 …

ジュニアユースチームの選び方について③チーム名だけで決めるのは危険

この時期、6年生の話題はもっぱらジュニアユースセレクションなんてチームも多いでしょう。 何度かこのブログでも触れましたが、今回は入団して失敗したというお話です。 チーム名だけで決めない 地元では名の知 …

天才サッカー少年 石井久継くんベルマーレへ越境入団!

少し前まではバルサからFC東京に行った久保くん、そしてレアルの中井くんが有名でした。そして今のジュニア年代では石井くんです。 メディアでもちょくちょく取り上げられています。 その石井くんが最近大きな決 …