ジュニア

自主性 ~できる子とできない子~

投稿日:2017年10月25日 更新日:

厳しい指導で有名なクラブチームでこんな話を聞きました。

忘れ物をすれば練習はさせてもらえない。遅刻も同様。コーチの話を聞いていなかったりすれば即ピッチから追い出される。

そういったチームです。

 

対照的な二人

分かっていて入団したチーム。あえて厳しい環境に身を置きサッカーを通じて人間としても成長して欲しいと願っていた親御さん。

ですが卒団して全く対照的な二人。

自分のことは自分でしっかり出来るようになった子

基本的に親はノータッチ。練習に行く準備も自分でやらせる。何か忘れ物をしていると分かっていてもあえて言わなかったそうです。練習ができなくて帰ってくることもわかった上で言わない。

そういう事を何度か繰り返していくうちに、忘れ物をしたときは借りれるものはこっそりチームメートに借りたり、家を出る前に持ち物チェックをするようになったとか。

自分で考えて自分で行動が出来るようになったようです。
高学年になった時には電車で試合会場にも行っていました。

親があまり干渉しないように気をつけたとのことです。

中学生になった今もクラブチームで伸び伸びサッカーを楽しんでいて、親は経済的援助のみだとか。

 

みずから行動して考えることができなくなった子

忘れ物をすると練習が出来なくなってしまうので、練習の準備はすべて親が行う。子供はバッグに詰め込むだけ。

厳しい環境で育ってほしいと考えて入団させたようですが、厳しいがゆえ練習の送り迎えもして、準備もほぼやってしまっていたようです。

失敗させまいと親が必死でしたとのこと。

で、中学生になった今はというと・・・

自分で考えて行動することが出来ないと悩んでいました。

言わなければ出来ない。すべての行動は他人発信。普段の遊びでも自分から人を誘うことはなく、ついて行くだけのようです。

 

親の干渉

二人のケースを聞いて明らかな違いは親のサッカーへの関わり方ですね。

親が干渉しすぎてはいけないということでしょう。

あえて失敗させてみる勇気があるか。やっぱり失敗はして欲しくないので手を差し出してしまう気持ちも十分わかりますがそこは我慢。

これが出来るか出来ないかで子供の成長に影響を及ぼすこともありますね。

うちもどちらかというとやりすぎたかもしれません。
時間の管理がうまく出来ません。今思えば、練習や試合のために家を出る時間や起きる時間は全て親が管理していましたね・・・

やっぱり自主性を身に付けさせるには、親は程よい距離でサッカーと付き合うのが良いと思う今日この頃です。。。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017年全日本少年サッカー大会予選情報

先週末(11/5)までの出場決定チーム 北海道  北海道コンサドーレ札幌U-12 青森  リベロ津軽SC 岩手  MIRUMAE・FC・U-12 秋田  本荘南SSS 千葉  柏レイソルU-12 長野 …

色々なポジションを経験しよう

ひとつのポジションにこだわる危険性 少年サッカーでは現在、8人制が主流です。   フォーメーションも3-3-1だったり、2-4-1だったり様々な形がありますね。ポジションも様々です。 &nb …

サッカーにおける空間認知能力

空間認知能力とは、あるものの「距離」「大きさ」「スピード」をいち早く的確に認識する能力です。 スポーツ選手には欠かせない能力と言えます。   サッカーでは? 分かりやすくいうと、ヘディングで …

ジュニアユースチームの選び方について

目次1 中学生になったらどこでサッカー続けようかな2 3年間通えるよね。試合にもたくさん出れる環境かな3 事前の情報収集活動は親子で3.1 関連 中学生になったらどこでサッカー続けようかな まずはここ …

チーム選びの参考に!ジュニアチームのコーチに思うこと。

目次1 試合中に怒鳴るコーチ2 ほめてくれるコーチ3 自分たちで考えさせる。自主性を伸ばす。4 選手はロボットじゃない4.1 関連 試合中に怒鳴るコーチ 以前、子供の試合でものすごくベンチで熱くなって …