ジュニア

サッカーで両利き、両足が蹴れる人は圧倒的有利

投稿日:2017年10月18日 更新日:

フリーだったのに・・・

両足が自由に蹴れる人にどれだけ憧れたことか…

ゴール前でフリーになった。シュートを打ちたいけど苦手な足の方へボールが流れている。得意な足に持ち替えて、シュート体制に入ったけど相手に寄せられてガードされた…

こんなシーンを何度も見たことがあります。

ボールを持ち替えなければ寄せられる前にシュートが打てたのに。

効き足しか蹴れない人は無意識のうちにこうなっちゃうんだよね。

 

プレーの幅が増える

右利きの選手が左サイドでボールを持ち、縦に突破を図る。
ディフェンダーがゴールサイド(ピッチ内側)から寄せて来た。

右足のドリブルで縦に突破しようとしたら簡単に引掛けられてボールロスト…

要は相手に近い右足でドリブルしたのが間違い。相手の届かない左足で縦にドリブルすれば届かなかったはず。

両足が自由に使えれば絶対に左足を使うシーンです。

効き足しか使えない選手はコーチも試合で使えるポジションを考えてしまいます。

それに比べ両足の使える選手は、左でも右でも気にすることなく使えるというメリットがありますね。

両サイドで縦にも突破できるし、中ものぞけてカットインからシュートも打てる。

状況に応じた足でプレーが出来るのが最大の武器です。

 

小さい頃から効き足以外を使ってみる

では両足とも使えるようになるにはどうすれば良いか。

ズバリ!蹴るしかないでしょう。ひたすら蹴る、止める。
これ以外ないと思います。

そして出来る限り小さいころから。

うちも全員右利きでしたので左は苦労しましたが、蹴っていくうちに少しづつ左足も様になってきましたよ。

一概には言えませんが、左足を蹴る際にコツというか気を付けさせたのは「手」です。

「手」でうまくバランスを取って蹴る。

効き足と逆足で蹴ったり、投げたりするとものすごくカッコ悪いフォームになりますよね。

うちの子、最初は左足でけるときに左手が前に出てました。歩くときに足と同じ手が前に出るみたいな。

で、気を付けさせたのはフォームです。鏡を見るような感じで左足で蹴るときもうまく手の動き、使い方を意識して蹴らせました。

強いボールを蹴らせるのはその後でしたね。それと軸足を意識させるために左足でのリフティングも良くやりました。

おかげでだいぶ蹴れるようになったと思います。

ほんとに両足を自由に使えるようにするには出来る限り早く始めたほうが良いと思います!

がんばれ! Futuro futbolista!!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジュニアサッカーU-12年代の主要大会について

小学生年代みんなが目指す大きな大会ってどんなのがあるんだろう。 主要な大会をまとめてみました。   目次1 全国大会にはどうやって出る?いつある?1.0.1 JA全農杯チビリンピック1.0. …

オスグッド、シーバー病に代表されるスポーツ障害の予防について

サッカーにはケガがつきもの。 取り分けケガの多いスポーツと言っても過言ではありません。 では、サッカーにおけるケガは防ぐ事が出来ないのでしょうか。   目次1 サッカーにおけるケガの種類2 …

チーム選びの参考に!ジュニアチームのコーチに思うこと。

目次1 試合中に怒鳴るコーチ2 ほめてくれるコーチ3 自分たちで考えさせる。自主性を伸ばす。4 選手はロボットじゃない4.1 関連 試合中に怒鳴るコーチ 以前、子供の試合でものすごくベンチで熱くなって …

色んなトラップを覚えよう

トラップとは手以外の箇所で動いているボールを受け止めてコントロールする技術です。 このブログでも度々言いますがサッカーで一番重要な止める、蹴るの「止める」ですね。 上手な子はこのトラップでは絶対にミス …

少年サッカーの審判について

審判お願いできますか? 子供がサッカーをやっていれば一度は言われたことある人が多いのではないでしょうか。   目次1 審判資格について2 ミスはつきもの。文句は言わない!3 自分の笛に酔って …