サッカースクール ジュニア

サッカースクールの選び方について

投稿日:2017年10月13日 更新日:

一番大事なこと

まず私が絶対に譲れない事として、ボールを触っている時間が長いことが挙げられます。

どういうことかというと、一つの練習に順番待ちで時間を取られボールを蹴っている時間より人のやっているのを見てたり、コーチの言っていることを聞いている方が長いスクールはダメだということ。

それにはやっぱり、コーチの人数に対してスクール生の人数が多すぎないことも大事かと。

貴重な時間とお金をかけて行くわけですから、たくさんボールを触ってたくさんコーチから教われる環境が重要だと思います。

 

何を教わりたいのか、スクールに通う目的は?

次に重要なのはやっぱり目的ですね。

何を教わりたい?

  • 足元が上手くなりたい
  • 1対1での駆け引きや強さを身につけたい
  • ドリブルがうまくなりたい
  • ディフェンスがうまくなりたい

スクールそれぞれに特徴があります。
HPで検索したりして、目的が合いそうであれば体験スクールに行ってみるのが良いと思います。

どのスクールでも1回か2回はやらせてくれるところが多いです。

それともう一つ。
テクニカルな目的とは別に、ゆくゆくはスクール系列の選抜チームに入団する。そういった目的もあるでしょう。

  • 強豪クラブへの入団
  • J下部への入団

J下部はもちろん強豪クラブにはセレクションで合格しなければ入団できないチームが多々あります。セレクションは大体、J下部では年に1回、強豪クラブでも年に数回程度でしょう。

つまり、そのクラブが行っているスクールに通うということです。セレクションを行っているとはいえ、スクールで目につけば声がかかることもあります。

チームによってはスクールからの推薦ありなんてところもあるので、子供のモチベーションをあげるのにも良いですね。

ただし、スクールにはそのような目的ばかりの子たちが集まっている訳ではないのでご注意を!脇で砂遊びしている子もいるかもしれません…

色々と情報を集めてみてください。

 

サッカースクール以外にも注目

最後にこんなのもあります。身体能力を高めたい!そんな子に。

  • コーディネーションを高めるスクール
  • 走力を高めるスクール
  • アジリティを高めるスクール

コーディネーション、アジリティなんて検索してみると結構出てきます。サッカーをやっている子や野球をやっている子などが、自分のスポーツに生かすために通っているスクールです。

それと、完全に違うスポーツのスクールに通っている子もけっこういますね。

私の知っているところでは、ダンスや体操、トランポリン、空手等々。
そんな子たちは至って体の使い方が上手い子が多い。

ブラジルの選手たちはみんなが踊れるって言いますしね。

そんなことで是非、有意義なスクールを見つけてみてください。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-サッカースクール, ジュニア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

選手は将棋の駒ではない

冬休みにとあるジュニアの大会を観戦しました。 毎年、非常に高いレベルのチームが集まり楽しませてくれます。 そこで、強豪と言われる街クラブの試合を3試合ほど見させてもらって思ったことが一つ。 選手は試合 …

色々なポジションを経験しよう

ひとつのポジションにこだわる危険性 少年サッカーでは現在、8人制が主流です。   フォーメーションも3-3-1だったり、2-4-1だったり様々な形がありますね。ポジションも様々です。 &nb …

自主性 ~できる子とできない子~

厳しい指導で有名なクラブチームでこんな話を聞きました。 忘れ物をすれば練習はさせてもらえない。遅刻も同様。コーチの話を聞いていなかったりすれば即ピッチから追い出される。 そういったチームです。 &nb …

ジュニア用スパイクの選び方について

いつ頃から履くのが良いか 最初よく分からないですよね。スパイク履かないと試合に出れないわけじゃないし。ちなみにうちの子たちは小学2年生か3年生頃から試合の時だけ履き始めました。平日は練習場がスパイク禁 …

ジュニアサッカーにおけるサイドコーチングについて

サイドコーチングとは、ピッチサイドから送られる指示や声援です。 チームとしてサイドコーチングはご遠慮くださいなんて事も良く聞く話です。 あまりいい意味で使われない言葉ですね。   目次1 白 …