ジュニア トレーニング

自主練メニューに迷ったらこれ!とにかく基礎

投稿日:2017年10月9日 更新日:

サッカーで一番大事なこと

サッカーで一番大事かつ出来ないと話にならないこと。
それは「止める」「蹴る」でしょう。

試合を見ていても強いチームはみんな、この止める、蹴るがしっかり出来ている。
さらに、ジュニアユースに上がるとこの止める、蹴るが出来ない子はだいぶ遅れを取ります。

ではこの「止める」「蹴る」とは具体的にはどういうことなのか。

 

止める

簡単に言うとトラップです。
ただ単純にトラップすれば良いということではありません。

次の動作に繋がるようトラップすることが大事です。
足元に止めるのか、前なのか、右なのか、左なのか。
相手のいないスペースにトラップする。
トラップがうまくいかなければ次の動作につながらないのと同時に相手にボールを奪われるリスクも増えます。

 

どうやって練習するか?

二人いれば対面でパスをしながらトラップする場所を自分でイメージをして行う。
マーカーやコーンを人に見立てて行うのもいいですね。
一人であれば、リフティングだったり自分で大きく上にあげて浮き球をトラップしたり壁あてのボールをトラップしたり。

 

蹴る

強い様々な球筋のボールを蹴るのも大事ですが、まずは狙った場所に蹴ることが重要です。
見方が足元に欲しがっていれば足元に、スペースに欲しがっていればそのスペースに。

ミスしてしまうとトラップ同様、相手ボールになるリスクが増えますね。

どうやって練習するか。

二人いれば、相手の右足なのか左足なのか、要求する場所にパスを送る。
単純ですね、何か目印をつけてひたすらそこを目標にして蹴る。壁あてができればサイコーです。
あと、大事なのは止める練習にも言えることですが、試合中を意識したボールスピードや動きの中で練習することです。

 

基本をひたすら練習

以上の二つをひたすら練習するだけでだいぶ見栄えは変わりますよ。
それだけで大丈夫?

大丈夫です。

何げにこれが出来ていない子、結構います。
技術的な練習ばかりでトリッキーなことが出来る子もいますが、基本ができていないとレベルアップは厳しいです。

練習メニューに迷ったら是非基本を繰り返してください。
サッカー未経験のお父さんも基本だけなら付き合ってあげれるはずです。

難しいことはやらなくて結構。
基本を徹底的に鍛えるだけで全然違います。

 

がんばれ!Futuro futbolista!!

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ディフェンスにおける判断力向上を目指す!シナプソロジートレーニングを取り入れる。

息子の課題 ディフェンスにおける判断力。   厳密にいうと、「認知⇒判断⇒行動」この一連のスピードが遅い。 あとコンマ何秒早くなれば、今まで奪えなかったボールが奪えるようになると感じます。 …

オスグッド、シーバー病に代表されるスポーツ障害の予防について

サッカーにはケガがつきもの。 取り分けケガの多いスポーツと言っても過言ではありません。 では、サッカーにおけるケガは防ぐ事が出来ないのでしょうか。   目次1 サッカーにおけるケガの種類2 …

ゴールよりアシストが好き!!

サッカーの醍醐味はシュートが決まった時。 小学生に聞けば大体の子がそう答えるでしょう。 私もそう思います。昔からサッカー漫画やアニメもクローズアップされるのはシュートシーンでしたよね。 ドライブシュー …

全日本少年サッカー大会神奈川県予選

目次1 予選方式について(横浜市編)2 全国への道のり2.0.1 前期リーグ(兼横浜市春季大会)2.0.2 後期リーグ(兼横浜国際チビッ子サッカー大会)2.0.3 中央大会(県の最終予選)3 2017 …

サッカーにおける相手を背負った時の対応

最近、ジュニアの試合でもFWの選手が相手を背負ってプレーする場面をよく見かけます。 FWはゴールを奪うのに相手DFの裏を取ってゴールキーパーと1対1の場面を作り出せればベストですが、そう簡単にもいきま …