ジュニア トレーニング

リフティングはサッカーの練習に必要か?リフティングが出来るとサッカーは上手くなるの?

投稿日:2017年10月1日 更新日:

リフティングの重要性は賛否両論

リフティングなんてやってもサッカーは上手くならない、試合でリフティングやる場面ある?みたいなこと聞いたことありませんか?

そりゃないわ!

試合ではリフティングなんてやる場面ないけど、色々な意味でリフティングを練習することは重要だと思います!

 

数から質へ

目標達成→自信がつく

幼稚園や小学校低学年のうちは、まずは数を目標にやるのがいいと思います。まずは10回とか。で、徐々に20、50、100みたいな。出来そうな回数を目標にしてとにかくボールに触る。ほんとに初めての時はワンバンリフティングでも構わないと思います。

出来た時の達成感を味あわせるのが重要だと思います。
結果、ボールにたくさん触ることができだんだんとボールタッチも柔らかくなるでしょう。

 

利き足以外の色んなところで!

リフティングはやれば誰でも出来るようになると思います。やるかやらないかだけ。

利き足で数が出来るようになったら今度は両足。次はインサイド、アウトサイド、モモ、アタマ、ムネ。色んなとこを組み合わせて数をこなす。

高く蹴り上げたりして、リズムを変えるのも良いですね。あとは、リフティングしながら2、30メートル進むなんてこともうちは良くやってました。

どういうとこで生かされるか?

前段で試合でリフティングをやる訳じゃないと言いましたが、こんなとこでやっといてよかったなと思います。

  • 浮き玉の処理

これは高い浮き玉が来た時、足元に止めてマイボールに出来ます。フリーの時はもちろん、相手を背負いながらでもですね。前から来たボール、後ろから来たボールでもです。また、いろんな場所でリフティングの練習をこなしていれば球筋によっては足以外でもおさめることが出来るようになります。

  • トラップ時の処理

味方からのパスや、相手ボールをインターセプトした時、狙った場所にトラップ出来る。次のプレーがしやすいとこにトラップが出来るということですね。
これも球筋によって足であればインサイド、アウトサイド等。ボールタッチが柔らかくなった感じがします。

今ではYouTube等でもコツややり方がたくさん出ていますので、それを見ながらやるのも良いですね。
ぜひ、お父さんお母さんも付き合ってあげて下さい。

やっておいて絶対に損はしません!

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オスグッド、シーバー病に代表されるスポーツ障害の予防について

サッカーにはケガがつきもの。 取り分けケガの多いスポーツと言っても過言ではありません。 では、サッカーにおけるケガは防ぐ事が出来ないのでしょうか。   目次1 サッカーにおけるケガの種類2 …

選手は将棋の駒ではない

冬休みにとあるジュニアの大会を観戦しました。 毎年、非常に高いレベルのチームが集まり楽しませてくれます。 そこで、強豪と言われる街クラブの試合を3試合ほど見させてもらって思ったことが一つ。 選手は試合 …

ジュニア用スパイクの選び方について

いつ頃から履くのが良いか 最初よく分からないですよね。スパイク履かないと試合に出れないわけじゃないし。ちなみにうちの子たちは小学2年生か3年生頃から試合の時だけ履き始めました。平日は練習場がスパイク禁 …

身体を柔らかくしよう!

身体って、誰でも柔らかくなるそうです。 先日、知り合いが前屈でまったく手が地面につかなかったらしいのですが、半年のストレッチで手のひらがつくようになったと聞きました。   そこで私も一念発起 …

自分のくせを知る

目次1 くせとは?2 くせを治す方法3 くせを治す理由3.1 関連 くせとは? くせとは、人が無意識のうちに、あるいは特に強く意識することなく行う習慣的な行動、または無意識に出てしまう偏った好みや習慣 …