ジュニア トレーニング

リフティングはサッカーの練習に必要か?リフティングが出来るとサッカーは上手くなるの?

投稿日:2017年10月1日 更新日:

リフティングの重要性は賛否両論

リフティングなんてやってもサッカーは上手くならない、試合でリフティングやる場面ある?みたいなこと聞いたことありませんか?

そりゃないわ!

試合ではリフティングなんてやる場面ないけど、色々な意味でリフティングを練習することは重要だと思います!

 

数から質へ

目標達成→自信がつく

幼稚園や小学校低学年のうちは、まずは数を目標にやるのがいいと思います。まずは10回とか。で、徐々に20、50、100みたいな。出来そうな回数を目標にしてとにかくボールに触る。ほんとに初めての時はワンバンリフティングでも構わないと思います。

出来た時の達成感を味あわせるのが重要だと思います。
結果、ボールにたくさん触ることができだんだんとボールタッチも柔らかくなるでしょう。

 

利き足以外の色んなところで!

リフティングはやれば誰でも出来るようになると思います。やるかやらないかだけ。

利き足で数が出来るようになったら今度は両足。次はインサイド、アウトサイド、モモ、アタマ、ムネ。色んなとこを組み合わせて数をこなす。

高く蹴り上げたりして、リズムを変えるのも良いですね。あとは、リフティングしながら2、30メートル進むなんてこともうちは良くやってました。

どういうとこで生かされるか?

前段で試合でリフティングをやる訳じゃないと言いましたが、こんなとこでやっといてよかったなと思います。

  • 浮き玉の処理

これは高い浮き玉が来た時、足元に止めてマイボールに出来ます。フリーの時はもちろん、相手を背負いながらでもですね。前から来たボール、後ろから来たボールでもです。また、いろんな場所でリフティングの練習をこなしていれば球筋によっては足以外でもおさめることが出来るようになります。

  • トラップ時の処理

味方からのパスや、相手ボールをインターセプトした時、狙った場所にトラップ出来る。次のプレーがしやすいとこにトラップが出来るということですね。
これも球筋によって足であればインサイド、アウトサイド等。ボールタッチが柔らかくなった感じがします。

今ではYouTube等でもコツややり方がたくさん出ていますので、それを見ながらやるのも良いですね。
ぜひ、お父さんお母さんも付き合ってあげて下さい。

やっておいて絶対に損はしません!

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジュニアサッカーにおけるサイドコーチングについて

サイドコーチングとは、ピッチサイドから送られる指示や声援です。 チームとしてサイドコーチングはご遠慮くださいなんて事も良く聞く話です。 あまりいい意味で使われない言葉ですね。   目次1 白 …

天才サッカー少年の今(バルサキャンプMVP編)

天才と呼ばれたサッカー少年、最近ではFC東京の久保選手やレアルの中井君が有名でしょうか。 それぞれのカテゴリーで活躍していますね。 ここではそのような選手のその後を紹介したいと思います。   …

怪我はしっかり直してから!

サッカーをしていれば怪我はつきもの。 お子さんが怪我をしたことがある方も多いのでないでしょうか。   クラブチームのチームドクター曰く、多くの人が完全に治りきらないうちに復帰をしてしまうケー …

ボディコンタクト、身体をぶつけることが苦手な子へ

必ず求められる要素 日本代表ハリルホジッチ監督が使うことで良く聞くようになったデュエル。 要は「球際の強さ」 これは今や常識。 どの選手、どのポジションでも求められます。   ここでジュニア …

全日本少年サッカー大会神奈川県予選

目次1 予選方式について(横浜市編)2 全国への道のり2.0.1 前期リーグ(兼横浜市春季大会)2.0.2 後期リーグ(兼横浜国際チビッ子サッカー大会)2.0.3 中央大会(県の最終予選)3 2017 …