ジュニア

オフザボールの重要性

投稿日:2017年9月28日 更新日:

オフザボールとは

ゲーム中にボールに触れていない時間のことを言います。通常90分のゲームでボールに触れている時間は2分程度と言われています。

つまり、ほとんどの時間がボールに触れていない時間です。
そう、オフザボールなのです。

 

どんな動きが重要なの?

上記のようにほとんどの時間がオフザボールなわけです。
というわけで、より高いレベルでプレーしていくにあたり、このオフザボールの動きと質の高さが大変重要です。

フォワードであれば裏を取る動き。例えば相手のマークを外すための予備動作から裏に走り込む動きです。また、見方の為にスペースを作ってあげる動きもそうです。2人目、3人目を生かす動きですね。

ディフェンダーであればもちろんマークに着くための動きや、相手ボールの出所を読んでインターセプトする動きがあります。攻撃時にはオーバーラップする動きもありますね。

どちらもボールとスペースや相手を見ながら動きますので、視野の広さも重要です。

 

どうやって練習するの

良くアップや練習初めにボールを使わないで行う、鬼ごっこ的な練習。真ん中に数人の鬼を置いてライン突破する練習。

これは良く相手を見て相手をだまして、さらにどう動くか判断する要素もありますので馬鹿に出来ない練習です。

また、ボールを使った練習ではなるべく少人数、3対2、4対2でボールを持っていない時、ボールを出した後の動きを練習します。

 

上手な子はむやみに動かない

オフザボールに気を付けて!って言うと、ピッチをむやみやたらに動いている子いませんか。最終的にはクタクタになっている子。何かやらなきゃと思って走り回っちゃうんですね。

それに比べて上手な子っていうのは、時々止まって休んでいるように見えませんか。要は動き出すタイミングを図っているんですね。観察してより良い動き方を考えている。動作スイッチの入り切りを短時間に繰り返している感じです。

 

身体は休めても頭は休ませるな!

頭だけは常に働かせろという意味でよく聞く言葉です。相手よりも常にいいポジションで、相手よりも常に早く動き出せるように、こんなことを考えてプレーすることが大事です。

足も速くないし、フィジカルも弱い。。
でも、オフザボールを制することが出来れば勝てないことはありません!いや勝てます!!

サッカーでは陸上のように「よーいドン」で走り始めることはりません。常にフライングすれば良いのです。

また、ラグビー、アメフトのように常に接触プレーをする必要はありません。見方と連携して人のいないスペースでプレーすれば良いのです。

 

プロの試合は生で観よう!

海外の試合をTVで観るのも楽しいですが、たまにはJリーグを生で観ることをお勧めしたいです。

なぜか?

ボールを持っていない選手、イコールオフザボールの選手を見てほしいからです。
自分のポジションに注目して選手を追いかけると、TVでは映らない動きが見えて非常に勉強になります。

ボールを受けてシュートに持っていく前の動き。ボールを受ける前の動きで勝負ありなんてこともあります。

またこんな本とDVDもあります。
わかりやすい解説でピッチを上から見ていて非常に勉強になります。うちは移動中の車でよく見てましたね。
興味のある方は是非。

 

がんばろう!Futuro futbolista!!

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サッカースクールの選び方について(春休み、新学年に向けて)

6年生はもう少しで卒団、その他の学年ももう少しで新チーム、新学年ですね。 そんな中、各スクールでは春休みの短期スクールや新年度のスクール生募集などの広告を数多く打っていますね。 そんな時期です。 &n …

自分のくせを知る

目次1 くせとは?2 くせを治す方法3 くせを治す理由3.1 関連 くせとは? くせとは、人が無意識のうちに、あるいは特に強く意識することなく行う習慣的な行動、または無意識に出てしまう偏った好みや習慣 …

指導者の資質について

今やスポーツ界を飛び越え社会的問題となっている日大アメフト部。 指導者とはいったいどうあるべきなのか…   スポーツ界全体の問題、課題 一連の報道を聞けば聞くほど大学の世界でも監督、コーチに …

基本は早めにマスターしよう。苦手は早めに克服しよう。

以前にも書きましたが、サッカーで一番重要なことは止める、蹴るです。 要は基本ですね。 うまい子、そして強豪チームの子達はこの基本である止める、蹴るの技術が非常に高いです。 そしていて強烈な個性もある。 …

ボディコンタクト、身体をぶつけることが苦手な子へ

必ず求められる要素 日本代表ハリルホジッチ監督が使うことで良く聞くようになったデュエル。 要は「球際の強さ」 これは今や常識。 どの選手、どのポジションでも求められます。   ここでジュニア …