ジュニア

オフザボールの重要性

投稿日:2017年9月28日 更新日:

オフザボールとは

ゲーム中にボールに触れていない時間のことを言います。通常90分のゲームでボールに触れている時間は2分程度と言われています。

つまり、ほとんどの時間がボールに触れていない時間です。
そう、オフザボールなのです。

 

どんな動きが重要なの?

上記のようにほとんどの時間がオフザボールなわけです。
というわけで、より高いレベルでプレーしていくにあたり、このオフザボールの動きと質の高さが大変重要です。

フォワードであれば裏を取る動き。例えば相手のマークを外すための予備動作から裏に走り込む動きです。また、見方の為にスペースを作ってあげる動きもそうです。2人目、3人目を生かす動きですね。

ディフェンダーであればもちろんマークに着くための動きや、相手ボールの出所を読んでインターセプトする動きがあります。攻撃時にはオーバーラップする動きもありますね。

どちらもボールとスペースや相手を見ながら動きますので、視野の広さも重要です。

 

どうやって練習するの

良くアップや練習初めにボールを使わないで行う、鬼ごっこ的な練習。真ん中に数人の鬼を置いてライン突破する練習。

これは良く相手を見て相手をだまして、さらにどう動くか判断する要素もありますので馬鹿に出来ない練習です。

また、ボールを使った練習ではなるべく少人数、3対2、4対2でボールを持っていない時、ボールを出した後の動きを練習します。

 

上手な子はむやみに動かない

オフザボールに気を付けて!って言うと、ピッチをむやみやたらに動いている子いませんか。最終的にはクタクタになっている子。何かやらなきゃと思って走り回っちゃうんですね。

それに比べて上手な子っていうのは、時々止まって休んでいるように見えませんか。要は動き出すタイミングを図っているんですね。観察してより良い動き方を考えている。動作スイッチの入り切りを短時間に繰り返している感じです。

 

身体は休めても頭は休ませるな!

頭だけは常に働かせろという意味でよく聞く言葉です。相手よりも常にいいポジションで、相手よりも常に早く動き出せるように、こんなことを考えてプレーすることが大事です。

足も速くないし、フィジカルも弱い。。
でも、オフザボールを制することが出来れば勝てないことはありません!いや勝てます!!

サッカーでは陸上のように「よーいドン」で走り始めることはりません。常にフライングすれば良いのです。

また、ラグビー、アメフトのように常に接触プレーをする必要はありません。見方と連携して人のいないスペースでプレーすれば良いのです。

 

プロの試合は生で観よう!

海外の試合をTVで観るのも楽しいですが、たまにはJリーグを生で観ることをお勧めしたいです。

なぜか?

ボールを持っていない選手、イコールオフザボールの選手を見てほしいからです。
自分のポジションに注目して選手を追いかけると、TVでは映らない動きが見えて非常に勉強になります。

ボールを受けてシュートに持っていく前の動き。ボールを受ける前の動きで勝負ありなんてこともあります。

またこんな本とDVDもあります。
わかりやすい解説でピッチを上から見ていて非常に勉強になります。うちは移動中の車でよく見てましたね。
興味のある方は是非。

 

がんばろう!Futuro futbolista!!

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サッカーにおける相手を背負った時の対応

最近、ジュニアの試合でもFWの選手が相手を背負ってプレーする場面をよく見かけます。 FWはゴールを奪うのに相手DFの裏を取ってゴールキーパーと1対1の場面を作り出せればベストですが、そう簡単にもいきま …

相手をだます動きの大切さ

多くのスポーツに共通しているのが相手をだますというテクニック。 サッカーではとりわけこのテクニックが重要視されます。   1対1の基本 相手の逆を突く。要するに相手をだまして動き出すというこ …

ジュニアユースセレクション日程(J下部編)

3月に入り、卒団式を終えて新チームが始動しているチームも多いことでしょう。 そして5年生にとってはいよいよ少年サッカー最終年です。 となれば次に考えなければいけないことは、中学生になってどこでサッカー …

ボディコンタクト、身体をぶつけることが苦手な子へ

必ず求められる要素 日本代表ハリルホジッチ監督が使うことで良く聞くようになったデュエル。 要は「球際の強さ」 これは今や常識。 どの選手、どのポジションでも求められます。   ここでジュニア …

ジュニアユース選び 『中学サッカー進路ナビ』が発売

これは斬新! その名も「中学サッカー進路ナビ」   10月1日発売 先日WEBで知りました。 私もブログで何度か記事にしました。 中学生になってからどこでサッカーをやるのか? 長いサッカー人 …