ジュニア ジュニアユース選び

ジュニアユースチームの選び方について

投稿日:2017年9月17日 更新日:

中学生になったらどこでサッカー続けようかな

まずはここ。中学校の部活なのかクラブチームなのか。
最初の分岐点。それぞれにメリット、デメリットはある。

親としては学業も考え、経済的にも部活でいいのではなんて思う人も。
でも本人はモチベーション高く、レベルの高いクラブチームでやる!という子もいるでしょう。

ということで、ここではジュニアユースクラブの選び方を参考までに。

3年間通えるよね。試合にもたくさん出れる環境かな

クラブチームにはセレクションのあるチームが大半。
ちなみにセレクションは早いところで夏休み初め頃から始まり12月頃までが多いでしょうか。

自分のレベルに合ったチームを選んでセレクションを受けるべし!です。
J下部、強豪クラブチームにギリギリ滑り込んで3年間試合に出れない子、います。いますよ。

頑張って入団できたはいいが・・・。やっぱり試合に出てなんぼでしょ。
試合に出れる子、出れない子、差は広がっていきます。

あとはやっぱり3年間、自分で通えるかですね。

ジュニア年代はクラブチーム、少年団チームにかかわらず遠方から通っている人もいます。
ただし、車での送り迎えが多いでしょう。

ジュニアユースになるとチーム方針で自分で通えることが条件のクラブは多いです。
強豪チームになればなるほど遠方から通う人はいますが、平日は練習開始が大体18時や19時ぐらいから2時間というチームが多いと思います。チームによっては練習後に食事をさせて解散なんてことも。

必然的に帰宅時間は結構遅くなります。

 

事前の情報収集活動は親子で

今まで書いてきたことを踏まえて事前にチェックしておくポイントを。

やっぱり行きたいチームの情報収集ですね。

・練習場までの道のり、時間
・チーム方針
・練習会、セレクション日程

 

親目線で言えば。。。

・試験休みが取れる?
・月謝
・海外遠征の有無

中学生たるもの、本業は勉強です。今のご時世、サッカーが上手くて推薦がもらえるレベルでも一定の成績が必要な学校多いです。チームによっては試験休みを設けていないところもあります。あとは設けていても休めない雰囲気のチーム。

それとクラブチーム、正直、お金かかります…
月謝も1万から高いところではその倍以上ってチームも。あと当たり前ですが移動は大人料金です。
海外遠征をするチームも今は増えています。チームによっては学校に手紙を出して休んでいきます。テスト期間中に当たると悲惨です…

 

こんなことを、チームのHPや実際に通っている知り合い等から情報収集したほうが良いです。

練習を見に行ったり、試合日程が分かれば見に行くのもオススメです。

クラブユース、全日本ユース選手権の予選等であれば県のサッカー協会HPからも分かります。

なんか最後ネガティブな感じになってしましましたが、間違いなく部活では経験できないことが多く出来、いろんな意味で人間的にも視野は広がると思います。

是非自分にあった良いクラブを見つけてください。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

12/18 336×280




12/18 336×280




-ジュニア, ジュニアユース選び

執筆者:


  1. […] チーム選びについては以前書かせてもらったこちらの記事を参考に。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴールを奪うために必要な動き

最近の少年サッカーを観て思ったこと。 フォワードに身体の大きい子を置いて、その子目掛けてひたすら当てて、落としてを繰り返すチームが結構あること。 少年サッカーでは大人と子供ほどの体格差があることもしば …

相手をだます動きの大切さ

多くのスポーツに共通しているのが相手をだますというテクニック。 サッカーではとりわけこのテクニックが重要視されます。   1対1の基本 相手の逆を突く。要するに相手をだまして動き出すというこ …

神奈川県少年サッカー選手権決勝戦

「日産CUP争奪神奈川県少年サッカー選手権」を見てきました。 名前の如く、神奈川県のナンバーワンを決める大会。高学年(U-12)と低学年(U-10)の部に分かれて行われました。   神奈川県 …

PKを蹴る時のポイント

ジュニアの試合でPK合戦まで行くとあとは運だと思うことありますよね。 ただし、狙った場所にしっかり蹴れればほぼ入るのがPK。 あとは平常心で蹴れるかどうか。 キーパーとの駆け引きなんてのはジュニアの試 …

休む勇気!

病気、けが。 練習を休まないと・・・、休ませないと・・・ どうしようかな・・・ こんな経験が誰しもあると思いますが、 迷わず休みましょう。休ませましょう。 無理しても良いことはありません。長い目で見て …